カフェが人気のDOOTORドトール
手軽に飲めるペットボトルコーヒーも販売されています。

そんなペットボトルのドトールコーヒーの特徴や1本のカロリーとカフェイン量。

原材料やアレルギー特定原料もまとめて紹介します。

あなたのダイエットや健康管理に役立てて下さいね。

当サイトのおすすめコーヒー

珈琲きゃろっとQグレーダーの内倉大輔氏が、現地まで足を運び選んだコーヒ豆を、世界で1台の特注焙煎機で焙煎した豆をその日のうちに発送。

マイルドなコーヒーを好みの方におすすめ!

今なら返金保証付初回限定53%OFF 1,980円‼
⇒ 1日30セット限定のお試しセット

ニフコーヒー
Qグレーダーの代表小川氏と焙煎担当渡邊氏が立ち上げたスペシャルティコーヒーのオンラインショップ
コンセプトは、品質の良いコーヒー豆を安価(200gで999円~)で提供

美味しいスペシャルティコーヒーを自宅で楽しみたい方におすすめ!
⇒ ニフコーヒー公式ストアへ

ROKUMEI COFFEE焙煎の日本チャンピオンとなった焙煎士 井田浩司氏が率いる自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店
コンセプトは「豊かな日常を、スペシャルティコーヒーとともに」
厳選した高品質な豆を最高の焙煎で仕上げた甘くてクリーンなコーヒーが特徴
発送の直前に焙煎することで、鮮度の高いコーヒー豆を届けてもらえます。

スペシャルティコーヒー3種類コース500円お試しキャンペーン実施中!
⇒ ROKUMEI COFFEEスペシャルティコーヒー3種類コース

※Qグレーダーは、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。
世界で約6,000人、日本では約300人

ドトールコーヒーの特徴とカフェイン量やカロリー

アサヒ飲料から出ているドトールコーヒー監修のペットボトルコーヒー。

それぞれの特徴とカフェイン量やカロリー、原材料などをまとめて紹介します。

ドトール ブラック ペットボトルの特徴

コールド専用

アサヒ飲料
公式サイトより

 

ドトールコーヒー社監修のコク深くすっきりとしたブラックです。

焙煎師により手間暇かけて直火焙煎した香り高い豆をブラックコーヒーに合わせオリジナルブレンドしています。

コク深くすっきりとした味わいが楽しめます。

原材料名
コーヒー(コーヒー豆:ブラジル産/エチオピア産その他)

 

ドトール ブラック ペットボトル1本(480ml)あたりのカフェイン量とカロリー

カフェイン カロリー 脂質 糖類 炭水化物
約192mg 0kcal 0g 2.4g

 

ドトール カフェ・オ・レ ペットボトルの特徴

コールド専用

アサヒ飲料
公式サイトより

 

ドトールコーヒー社監修のコク深くまろやかなカフェ・オ・レ!

焙煎師により手間暇かけて直火焙煎した香り高い豆をカフェ・オ・レに合わせオリジナルブレンド。

コク深くまろやかな味わいが楽しめます。

原材料名
牛乳(国内製造)・砂糖・コーヒー・脱脂粉乳・全粉乳・デキストリン/乳化剤・香料・セルロース

アレルギー特定原料:

 

ドトール カフェ・オ・レ ペットボトル1本(480ml)あたりのカフェイン量とカロリー

カフェイン カロリー 脂質 糖類 炭水化物
約240mg 178kcal 2.88g 34.56g

ドトール カフェ・オ・レ ペットボトル1本(280ml)あたりのカフェイン量とカロリー

カフェイン カロリー 脂質 糖類 炭水化物
約140mg 104kcal 1.68g 20.16g
スポンサーリンク

まとめ

ットボトルのドトールコーヒーの特徴やカフェイン量とカロリーをまとめて紹介しました。

普段何気なく飲んでいるペットボトルコーヒーですが、カフェオレは意外とカロリーが高い飲み物です。
がぶがぶ飲むと、カロリーオーバーになりやすいので、食事とのバランスを見ながら調整しましょう。

飲んだことのない人は、カフェと変わらない味わいなので、ぜひ飲んでみてください!


 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事