CM-D457Bの使用レビュー

ドリップタイプの全自動コーヒーメーカーとしては3万円代後半とかなりの高級品に分類されるツインバード全自動コーヒーメーカーCM-D457B

日本コーヒー界のレジェンドである田口護氏が監修ということもあり、かなり話題の全自動コーヒーメーカーです。

実際にacts-coffeeでも自腹購入してその使い心地や肝心のお味の方をチェックしてみたのでレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

サクッとツインバードCM-D457Bについて紹介

  • サイズ:幅160×奥行き335×高さ360mm
  • 重量:4.1kg
  • 杯数:450ml(3杯分)
  • ミルの方式:カッター式
  • ミル容量:36g
  • 価格:38,500円(税込み)

全体をマットブラックで統一してあり、すっきりと洗練されたデザインが魅力的です。

杯数やミルの挽き具合、お湯の温度などは前面にまとめられたスイッチ類で操作できるため、操作性はなかなか良好です。

ただ、サイズは奥行きと高さともに軽く30cm以上あるため、購入する前にどこに設置するか考慮しておく必要があるでしょう。

横からのCM-D457B

右横に電源スイッチがあり、ドリップが終わるたびに電源スイッチを切る必要があるため、右側を壁にベタ付けはできません。
*しょっちゅうこの電源スイッチを切るのを忘れてしまいます。

CM-D457Bの容量は450mlで約3杯分

ただし、実際に抽出するとコーヒーの粉が吸ってしまう分があるため、450mlの水を使うと完成は420mlそこそこです。

さらに6杯分・900mlに対応したCM-D465Bというモデルもありますが、値段が6,000円ほど高くなるので普段はCM-D457Bで、人が来た時にはハンドドリップで対応といった使い方がおすすめです。

CM-D457Bはこんな方におすすめ
  • 「コーヒーメーカーでも味にはこだわりたい」
  • 「おいしいコーヒーが淹れられる全自動コーヒーメーカーを探している」
  • 「気分に合わせてアレンジしながらコーヒーを楽しみたい」


 
 

スポンサーリンク

高級全自動コーヒーメーカーCM-D457Bのレビュー!口コミ評判通り!?

CM-D457Bのシャワードリップ

では実際にCM-D457Bでコーヒーを淹れてその実力をチェックしてみたいと思います。

CM-D457Bでコーヒーを淹れるまでのステップ

  1. 杯数分のお水をセット
    CM-D457Bに水をセット
    CM-D457Bはセットした水をすべて抽出する方式。
    そのため毎回淹れたい杯数に合わせて水をセットする必要があります。
    面倒くさいように思えますが、本来ハンドドリップで味わいを濃くしたり薄くしたりするのにお湯の量を調整する感覚で使えます。
    今回は2杯分の300mlでコーヒーを抽出してみます。
  2. ペーパフィルターをセット
    ペーパフィルターをCM-D457Bにセット
    CM-D457Bに付属されているペーパーフィルターをセットします。
    まず側面を折り、次に底面を側面とは逆の方向に折ります。
    ペーパーフィルターをCM-D457Bに取り付ける
    フィルターにペーパーフィルターをセットして、隙間ができないようになじませます。
    付属のペーパーフィルターを使い終わったらカリタやメリタの「1×2」や「102」、「2カップ~4カップ用のペーパーフィルター」を使用できます。
    たいていどこのスーパーでも売っているので見つけるのは難しくありません。
  3. コーヒー豆の計量
    計量カップでコーヒー豆を計量
    計量カップには、浅煎り・中煎り・深煎りの3種類によってラインが分かれています。
    *焙煎度によって豆の水分量が変化して重さも変わるためです。
    ただし、ライン通りに豆をカップに入れたものを試しにキッチンスケールで量ってみたら、22gでなければいけないところが5gもオーバー…。スケールで豆を計量
    やはり安定してコーヒーを淹れるには、コーヒーメーカーでもきちんとスケールで量るのが重要です。
  4. ミルの粒度を設定
    CM-D457Bにコーヒー豆を投入
    ミル投入口の蓋を開けて、計量したコーヒー豆を投入します。
    CM-D457Bは投入した豆の分だけミルで挽くので、毎回淹れたいコーヒー分の豆を投入する必要があります。
    全自動コーヒーメーカーによってはコンビニコーヒーのように豆をセットしておけば自動で計量して挽いてくれるものもあるのでCM-D457Bの仕組みだと面倒くさく感じるかもしれません。
    ただ、CM-D457Bならその時に淹れたいコーヒーの味わいに合わせて微調整しながら使用できます
    ミルの粒度
    ミルの粒度調整は前面上部のダイヤルで粗挽き・中挽き・細挽きの3段階から選択できます。1万円前後の全自動コーヒーメーカーだと均一に挽く能力の低いプロペラ式のミルが使われていますが、CM-D457Bはさすが高級全自動コーヒーメーカーだけあって、低速臼式フラットミルが使われています。
    燕三条のステンレス製ミル
    ちなみにツインバードCM-D457Bに搭載されている低速臼式フラットミルは日本が世界に誇る金属加工の街・燕三条のステンレス製で、この全自動コーヒーメーカーのために独自に設計されたものです。

    スタッフ
    低速臼式ミルだけで相場は1万円前後なので、搭載されている機能とおいしいコーヒーを淹れる能力の高さを考えるとCM-D457Bは実はコスパ◎です。
  5. お湯の温度・杯数を設定
    CM-D457Bの設定
    杯数とお湯の温度を選んだら、スタートボタンを押して抽出スタートです。CM-D457Bの設定
    ちなみにお湯の温度はカフェ・バッハの田口護氏が推奨する83℃と90℃の2つから選べます
    今回は推奨されている83℃で抽出してみました。
    普段ハンドドリップで抽出している温度がだいたい90℃~92℃くらいなので、温度の違いでコーヒーの味わいにどのような変化があるのか楽しみです。
  6. 楽しみながら待つ
    CM-D457Bのミル
    スタートボタンを押すと、まずコーヒー豆がミルによって挽かれてペーパーフィルターに落ちてきます。CM-D457Bのミルの音
    マンションなどだとミルの騒音の大きさが気になる方もいらっしゃるかもしれません。
    実際に近くで計測したところ、平均で41dB、最大で70dBと、電動のミルとしては比較的静かな方です。
    【dBのイメージ】
    ・40dB…図書館の中
    ・50dB…エアコンの室外機
    ・60dB…日常会話
    ・70dB…掃除機CM-D457Bのシャワードリップ
    ミルがコーヒー豆を挽き終わると、続いてお湯が注がれます。忠実にハンドドリップを再現するために、6ヶ所から内側に向かって注がれるシャワードリップが採用されています。そしてCM-D457Bはお湯が注がれる様子やコーヒーの粉が膨らんでいく様子を確認できるようにわざと隙間が広めに作られています。

    豆を挽く音。蒸らしによって豆が膨らんでいく様子。シャワードリップの湯気。したたる音。香り立つコーヒーアロマ、そして味わい。
    中身が見える構造によって、まるで目の前でプロがコーヒーをたてる所作を見ているようです。
    コーヒーをたてる作法の一つひとつを五感であますことなく感じることができる工程が見えるデザインを採用。

    この隙間はなんとも絶妙
    全自動コーヒーメーカーなので、できるまでの間ほかのことをしていればいいのですが、結局コーヒーが抽出される様子を眺めてしまっています。

    CM-D457Bの蒸らし
    お湯が注がれ始めるとすぐにコーヒーの良い香りが部屋に漂い、贅沢な気分になれます。

    高級全自動コーヒーメーカーなので、もちろん蒸らしの時間も設定されていて、コーヒードームが膨らんでいく様子も確認できます。

  7. カップに注ぐ
    CM-D457Bで淹れたコーヒー
    コーヒーが抽出完了すると「ピピッ」という音で知らせてくれます。
    その後、20分間の保温が自動でオンになるので、すぐに飲む場合は右側の電源スイッチをオフにします。
    *これをいつも忘れてしまいます。できたらモデルチェンジ後は電源スイッチも前面に配置してほしい…。

    スタッフ

    カフェ・バッハ推奨の83℃で抽出すると、出来上がったコーヒーは飲み頃の約65℃。

    ただカップが冷めているとコーヒーも冷めてしまうので、あらかじめカップを温めておくのを忘れずに。

CM-D457Bで淹れたコーヒーのお味は!?

CM-D457Bとコーヒーカップ
実際にCM-D457Bで淹れたコーヒーを飲んでみます。

……。

感想を一言で伝えるなら「まろやかでバランスが良い!」

とても美味しいです。

ちなみに今回使ったコーヒー豆はブラジルNO.2ですが、普段のハンドドリップでは苦味とボディ感が強く主張してくる印象なのですが、CM-D457Bで抽出したコーヒーだと、酸味と甘味もしっかりと感じられてとても飲みやすい…

家族にも飲んでみてもらったところ、普段のハンドドリップで淹れたコーヒーより、CM-D457Bで淹れたコーヒーの方がマイルドでおいしいそうです。

スペシャリティコーヒー協会会長のカフェ・バッハ田口護氏がテイスティングを繰り返して微調整を加えたと話していましたが、その実力は本物でした。

日本が誇るコーヒーレジェンド、田口護先生。今回の開発は田口先生との出会いからスタートしました。
豆量・粒度・水量・湯温・蒸らし時間・ドリッパーリブの高さなど・・・田口先生の監修によって、すべての工程を正しい作法で一つひとつ丁寧に再現。
さらにテイスティングを重ねることで、田口先生の目指す透明感のあるまろやかな美味しさを実現しました。

その後、設定を90℃にしてもう一度抽出してみたところ、いつもの風味に。

お湯の温度で変わるコーヒーの幅の広さをコーヒーメーカーから教えていただきました。

CM-D457Bを使ってみてのメリット・デメリットをレビュー

実際にCM-D457Bを約1ヶ月間ほど使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。

CM-D457Bのメリットレビュー

  • おいしいコーヒーがコーヒーメーカーで淹れられる

    自宅にコーヒーメーカーはありますが、これまでちょっといい豆を買った時にはコーヒーメーカーを使わずにハンドドリップで淹れていました。
    せっかくの豆なのに“良さ”が引き出せていなかったからです。ただ、今回CM-D457Bを使ってみて、「コーヒーメーカーもここまで来たのか…」と驚きました。

    ここまでおいしいコーヒーが淹れられるなら、使い続けたいし、おいしい豆でも試してみたいと思わせてくれる全自動コーヒーメーカーです。
  • アレンジが楽しめる

    CM-D457Bを購入すると取り扱い説明書とは別にガイドブックが付属しているのですが、普通にコーヒーを淹れるだけでも何種類もレシピが解説されています。
    そしてお湯の量もコーヒー豆の量も毎回好みに合わせて調節できるので、「コーヒーといえばハンドドリップ!」みたいなコーヒー好きの方こそ使ってみて欲しいコーヒーメーカーです。
  • お手入れが楽

    実は無印良品から販売されている全自動コーヒーメーカーも製造を担当しているのはツインバードです。
    ただ、あちらはミルのお手入れがしにくいとのレビューがかなり挙げられていました。
    今回のCM-D457Bはおそらくそういった低評価なレビューもしっかりフィードバックされて、メンテンス性が向上しています。
    ミルもワンタッチで取り外しができ、基本は前面からの操作で抽出からメンテンスまですべて完了できるので、サイズはコンパクトではありませんが扱いやすい全自動コーヒーメーカーです。

CM-D457Bのデメリットも正直レビュー

  • コーヒーの量が人によっては少なめ?
    CM-D457Bで淹れたコーヒー
    出来上がりのコーヒーの量ですが、最大3杯分とありますが、それはコーヒーカップならの話。
    普段,筆者はマグカップでコーヒーを飲んでいるのですが、2杯分作ってマグカップ7,8分目くらいです。
    なので「2人で大きめのマグカップでコーヒーを飲みたい」みたいなシチュエーションだと、3杯分淹れてもちょっと足りないかもです。
    *ちなみに「3杯分以上水は入れないで」とありますが、気持ち多めくらいに入れる分には問題ないようです。自己責任ですが…。
  • 初心者向きというよりは玄人向き
    CM-D457Bの設定

    CM-D457Bには、いわゆる「ボタンワンタッチでコーヒーが入る」みたいな自動ボタンがありません。
    少なくともミル3段階×杯数×2段階の湯温は自分で選ばなきゃいけません。
    この選択肢の多さはコーヒー好きの玄人にとってはアレンジの幅が広く楽しめるメリットですが、「今まで普通のコーヒーメーカー使ってたけど、おいしいコーヒーが飲めると聞いて全自動に興味がある」くらいの初心者の方には正直面倒くさいかもです。なので、もっと簡易な全自動コーヒーメーカーと比べると、人を選ぶ全自動コーヒーメーカーかもしれません。

CM-D457Bを購入するなら公式?通販サイト?

ツインバードのCM-D457Bを購入しようと思うと、選択肢になるのが

  • 公式オンラインショップ
  • Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング

の4つくらいだと思います。

*3万円台と決してお安くないので、家電量販店には置いてないことが多いです。

実際にそれぞれの大体の販売価格も確認してみましょう。
価格は2020/03/23現在の各ショップ最安値価格です。

  • 公式オンラインショップ:38,500円(税込み)+5年保証
    *新規会員登録で1,000円引き
  • Amazon:30,160円(税込み)
  • 楽天市場:31,760円(税込み)
  • ヤフーショッピング:31,158円(税込み)

価格を比較するとわかりやすいですね。

Amazonが最安値です。
頻繁にいろいろなコーヒーメーカーの販売価格を確認していますが、大体Amazonが最安値です。

なのでコスパを求めるならAmazonで購入しておけば間違いないです。
Amazonでは総合評価も5点中4.5とかなり高いです。

ただ、Amazonのレビューを確認していると

買って満足だけど、ネックも。

簡単に豆からコーヒーを楽しむことができます。
自分で入れるより手間もなく、美味しいコーヒーを飲むことができて満足しています。コーヒー豆が見え、ドリップする様子も見えるので楽しいのですが、豆の粉が周囲に飛び散るのがネックです。
本体の掃除は普段は不要なレベルなのですが、毎回、豆が飛び散るので台や床の拭き掃除が必要になります。。。
この点が残念なので星4つです。
利用者の口コミ

のようなレビューも数件ですが見かけます。

筆者は毎日使っていてコーヒーの粉がこぼれたことはありませんが、何かあった際に安心なのはやはり限定の5年保証が付帯する公式オンラインショップです。

新規会員登録で1,000円引きになるので、差額は約5,000円…。

通販ショップで安さを取るか、公式オンラインショップで5年間の安心を取るか…悩みどころです。


CM-D457Bの口コミも確認してみよう

【好評価な口コミ】

コーヒーが格段に美味しくなった

このコーヒーメーカーでコーヒーを入れると、コーヒー独特の風味が格段に良くなりました。 メンテナンスもミルの掃除を除けば容易に出来ることも助かります。 お薦めします。
楽天市場の口コミ
こだわりを持って、美味しい珈琲のために創られたことを感じます。お手入れもしやすく設計されており、毎日使用するものですので、とても助かります。散々探して、やっとこの商品に辿り着きました。長く使用するものなので、妥協せずに選んで本当に良かったと思います。
利用者の口コミ

最高です

本当においしいです!雑味のないまろやかな味で、83℃は入れたてでちょうど飲みやすい温度になっています。デザインも素敵で、お手入れも簡単なのでお値段以上の価値アリです。
利用者の口コミ

ハンドメイド感覚

以前からコーヒーメーカーは、何台も購入しています。デロンギを長らく使っていましたが、特に不満もありませんでした。
ただ、この商品を見つけた時にとても気になっており、今回購入にいたりました。今までのマシンと比べて、重厚感があります。確かにミルの音は大きめですが、気になりません。同じ豆を挽いて味比べをしましたが、この商品は手でドリップしたように淹れてますので、味わい深く、湯温も推奨の83℃にすると90℃より豆の酸味などがシッカリと出てきました。
雑味は感じませんでした。出来上がりを知らせるブザー音は低音なので、周囲の雑音に消されます。
利用者の口コミ

やはり「コーヒーの味」という点で満足度が高いようです。

スタッフ
筆者も仕事柄たくさんのコーヒーメーカーを試してきましたが、CM-D457Bはその中でもダントツにハンドドリップを忠実に再現していると思います。

【低評価な口コミ】

豆を挽いたとき少し飛び散ります。
それ以外は大満足です。
利用者の口コミ

未完のベストバイ

コーヒーの風味を引き出して、豆ごとの個性をはっきり出せるコーヒーメーカーはあまりないと思います。パナのーコーヒーメーカーをはじめ、抽出温度が高すぎるのと、抽出が雑です。
このコーヒーメーカーは機械にしては抽出も温度もやさしく、素直な味になっていると思います。
未完とは、水を入れるタンクの取り回しの完成度が低いこと、粉が静電気で金属部についたり、外に飛んだりする部分の設計が雑な点です。
きっちり収まるようになれば5点になると思います。ブレンドのレギュラーコーヒーを早く抽出するという思想から、シングルや個性的なブレンドの風味をできるだけ引き出せるようにした本機は稀有なマシンだと思います。
利用者の口コミ
数件でしたが、やはり粉のこぼれを気にしている方もおられました。
こういったレビューを確認すると、公式ショップで買っておいて安心だと感じます。


ツインバードCM-D457Bは至極の全自動コーヒーメーカー

口コミ評判も非常に高いツインバードのCM-D457Bを実際に購入してレビューをご紹介しました。

確かに人気なのがわかる非常に高性能な全自動コーヒーメーカーです。

狙ったとおりのコーヒーが抽出できるようにアレンジしながらコーヒー抽出を楽しめるほぼ唯一の全自動コーヒーメーカーかもしれません。

コーヒー好きの方で「コーヒーメーカーにも妥協したくない」という方にはぜひおすすめです。
CM-D457Bで手軽に美味なコーヒーを楽しむのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事