丁寧に抽出されたドリップ式のコーヒーは格別の味。

時間をかけた分、極上のコーヒータイムが楽しめます。ただ今のコーヒーに「ちょっと物足りない…」とか「もう少し変化が欲しい…」と感じている方は、金属フィルターに変えてみるのも一つの方法です。

同じドリップ式でも、フィルターを変えるだけで、抽出されるコーヒーの味は大きく変化します。

スポンサーリンク

フィルターはペーパー・ネル・金属の3種類

コーヒーの抽出方法として一般的なドリップ式には、3つのフィルターが存在します。

最もポピュラーなのがペーパーフィルター。使い捨てなので面倒がなく、ペーパーの細かな繊維質でコーヒーの成分が適度にろ過され、スッキリとしたコーヒーになります。

ネルフィルターは布製で、原理はペーパーフィルターと同じです。風味ははっきりしつつもマイルドなコーヒーが入れられます。ただし、抽出にはある程度の技術が求められ、水につけて冷蔵庫で保管するなど、手入れが面倒なのが短所です。

そして今回注目するのが金属フィルターです。

金属フィルターの特徴

最大の特徴は“コーヒー本来の味わいが楽しめる&エコ”

金属フィルターは、文字通りフィルターが金属でできたフィルターです。現在、金属フィルターに主に使われているのはステンレス純金メッキです。

ステンレスフィルターの方が手頃な価格で手に入ります。純金メッキ加工された金属フィルターは、値段は高くなりますが、化学変化が非常に起きづらく、コーヒーへの風味の変化の影響が極めて少ないと言われています。

金属フィルターはコーヒー本来の味わいをストレートに楽しめる

金属フィルターの最大の特徴は、コーヒー本来の味わいをしっかり抽出できること

ペーパーフィルターの場合、コーヒーに含まれる油分や甘み成分がフィルターでろ過されてしまい、コーヒーには抽出されません。金属フィルターの場合、そうしたコーヒー本来の成分をしっかりと抽出できるので、上質な豆の持つ風味や微かな甘みまでしっかりと味わえます。

またコーヒーに含まれるオイル成分まで抽出されるので、まろやかなコーヒーが入れられます。

ペーパーフィルターやネルフィルターの場合、フィルターのニオイがコーヒーに移ってしまうことがありますが、金属製のフィルターはそういった心配もいりません。

金属フィルターは半永久的に使えてエコ

金属フィルターは、なにかにぶつけて網目がだめにならない限り、半永久的に使用できます。そのため購入する際には、値段がペーパーフィルターやネルフィルターより高額になりますが、長い目で見れば経済的で資源も無駄にしないのでエコです。

金属フィルターのデメリット

コーヒー本来の味わいが楽しめ、エコな金属フィルターですが、デメリットもあります。

ザラつくような舌触り

網目状のフィルターという特性上、ペーパーフィルターではろ過される微細なコーヒーの粉がコーヒーに入り、舌にザラつくような舌触りがあることがあります。

網目の細かいフィルターを選ぶことで、粉っぽさは低減できます。

洗う手間

ペーパーフィルターなら、使い終わったペーパーをそのまま捨てればいいですが、ステンレスフィルターは毎回フィルターを洗う手間がかかります。

ただし、結局マグカップやポットなどを洗うのはどの抽出方法でも一緒なので、そこまで大きなデメリットではないはずです。

金属フィルターはこんな方におすすめ
・コーヒーの繊細な味まで楽しみたい
・コーヒー本来のダイレクトな味を楽しみたい
・ずっと使えるエコなドリッパーが欲しい

おすすめの金属フィルター

コレス ゴールドフィルター

金メッキの施された金属フィルター。コーヒーの味わいだけでなく、香味まで引き出す抽出能力の高さから、コーヒーメーカーの純正フィルターとして使用されていたり、プロのテイスティングにも使用されています。

フレンチプレスとどちらを買うか非常に迷いましたが、手入れが楽らしいのでこちらを選びました。最初はちょっと粉っぽいかなと思いましたが、とても薫り高いコーヒーになりました。こんなに濃くて香りのいいコーヒーができるとは。今までは繰り返し使える布フィルターを使っていましたが捨てました!

フィナム コーヒースター

目の細かい網フィルターを採用しているドイツ製のステンレスフィルター。金属フィルターのデメリットである、細かいコーヒーの粉の流入が極端に少ないのが特徴です。コーヒーメーカーなどにもそのまま使える便利さが魅力です。

金属フィルターでも透明感の高い、口触りの粉っぽくないコーヒーを淹れられるのは最大の魅力

 

ハリオ ワンカップカフェオール

円錐型で人気の高いハリオのドリッパーがステンレスフィルターなりました。一杯分の抽出に最適なサイズ。ニューモデルは抽出が終わったら、フタがドリッパー置きになります。

付属のガラスコップは200CCでもおいらのマグカップは350CC豆を多めに入れて使ってます。
ペーパーフィルターよりドリップが遅いのでアロマが充分出ます。

 

スポンサーリンク

金属フィルターを使ったおいしいコーヒーの入れ方

では、実際に金属フィルターを使ったコーヒーの入れ方を確認してみましょう。

基本はペーパードリップと同じですが、金属フィルターならではの注意点もあります。

【コーヒーカップ2杯分】

用意するもの:

  • コーヒー豆20g(中粗挽き)
  • お湯300g
  • 金属フィルター
  1. 金属フィルターに挽いたコーヒーの粉をセットします。
  2. 少量のお湯を注いで“蒸らし”ます。
  3. 蒸らし時間はお湯を注いでから30秒が目安です。
  4. 3~4回に分けてお湯を注いでコーヒーを抽出します。
  5. 抽出が終わったら金属フィルターを外して完成です。
金属フィルターで上手に抽出するコツ

タッピング

金属フィルターは、抽出が進むにつれてフィルターの目が詰まり、抽出速度が遅くなります。理想の抽出時間は2分30秒ほどなので、時間が過ぎてしまいそうならタッピングで調節しましょう。

水平を保ったまま、フィルターの縁を持って2cmほど持ち上げます。そのまま手を離し、落とします。勢いで湯だまりを強制的に押し出すテクニックです。

お湯の注ぎ方

ペーパーフィルターと比較すると、金属フィルターは表面がなめらかなので、蒸らした後のコーヒーの壁が崩れやすい特徴があります。

お湯を注ぐ時には、注ぎ口の高さを低くして、中心で小さな円を描くようにお湯を入れると、壁が崩れてしまうのを防げます。

金属フィルターでコーヒーそのままを味わおう

金属フィルターには、ペーパードリップにはない、コーヒーの成分をそのまま抽出できる特徴があります。

上質なコーヒー本来の微かな甘みや、アロマ成分をしっかりと引き出せるので、同じ豆でもペーパードリップとは全く違う味わいになります。

一度購入すると、半永久的に使用できるので、ハンドドリップの幅を広げるために試してみるのはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事