スタバのマイボトル持ち込みで、ドリンクが割引になるサービスはよく知られていますよね。

使い捨ての紙コップを使うよりもエコで、保温機能のあるマイボトルならいつまでも飲み頃の温度がキープできるので、寒くなる時期にも重宝します。

そこで今回の記事では、

  • 他にはマイボトルで割引になるお店はないの?
  • スタバ以外はマイボトルでどれくらい割引になるの?

といった疑問をお持ちの方のために、マイボトルの持ち込みでコーヒーのテイクアウトが割引になるお店をご紹介します。

スポンサーリンク

マイボトルでコーヒーが割引になるお店10選

マイボトルを持ち込むことでドリンクが割引になるお店を見てみましょう。

Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)

割引額…20円

  • ドリップコーヒー S 280円(税抜き)
  • カプチーノ S 330円(税抜き)

よく知られているスターバックスコーヒーのマイボトル割引

実は1996年の1号店オープンからずっと続いているサービスだそうです。マイボトルはスターバックスコーヒーで販売しているタンブラー以外の、市販のものでもOKです。

またドリップコーヒーの同サイズをどの店舗でも、当日中なら108円でお代わりできるチケットがレシートに付いてくるのでぜひ活用しましょう。他のチェーンは同一店舗という条件な場合が多く、どこでもお代わりできるのでスターバックスの大きなメリットです。

スターバックスは、店舗で排出されるゴミのリサイクルや、環境にやさしく安全な資材の開発、省エネなどの環境負荷低減の取り組みを推進しています。

TULLYS(タリーズ)

割引額…30円

  • 本日のコーヒー S 320円(税込み)
  • タリーズカプチーノ S 360円(税込み)

スターバックスと人気を二分するシアトル系コーヒーチェーン。

他のコーヒーチェーン店の割引は20円がほとんどの中、タリーズは割引額が30円とお得度が高めです。タリーズの“本日のコーヒー”の銘柄は各店舗のフェローによって毎日変わるので、それを楽しみにしているコーヒー好きの方も多いのではないでしょうか。

マイボトルを持ち込むことでさらにリーズナブルにコーヒーが楽しめます。スターバックスと同じように“One more! Short”というお代わりサービスがありますが、価格は150円・同一店舗のみで使用が条件です。

ドリンクカップの利用を軽減することで、環境への負担を軽減することが出来ます。
タリーズコーヒーでは、タンブラー・マグカップのご利用をおすすめしています。

上島珈琲

割引額…50円

  • ネルドリップコーヒー M 400円(税込み)
  • ダブルネルミルク珈琲 M 410円(税込み)

独自の高級路線の上島珈琲。ゆったりとできる大人の落ち着いた雰囲気の店舗が好きな方も多いのではないでしょうか。

上島珈琲はもともとの価格帯も高めですが、割引額はコーヒーチェーン店の中では破格の50円。さらに上島珈琲の公式アプリをダウンロードすると、50円引きクーポンが手に入るので、併用すると100円引きでコーヒーが飲める抜群のコストパフォーマンスです。

ニュースアプリのスマートニュースのクーポン欄での配信も開始したので、公式アプリがなくても、クーポンチャンネルに登録するだけで割引券が入手できます。

私たちは珈琲生産国での生物多様性の維持から消費国での環境負荷の軽減活動までのさまざまな場面で、地球環境の保全に配慮した企業となる為、全社一丸となって自主的・積極的に取り組みます。

Excelsior Caffe(エクセルシオールカフェ)

割引額…20円

  • ブレンドコーヒー S 300円(税込み)
  • カプチーノ S 340円(税込み)

株式会社ドトールが経営するエクセルシオールカフェでも、マイボトルを持ち込みで20円の割引が受けられます。

ドトールと同じく、パニーニやケーキのセットが充実しているので、セットメニューと合わせて使うとお得度は高めです。

新しくなったエクセルシオールカフェバリスタは、ブレンドコーヒー 380円、カプチーノ 450円と、今までのエクセルシオールカフェと値段形態が異なるのでご注意ください。またドトールでは、マイボトルでのドリンク提供には対応していますが、割引サービスはありません。

コーヒー生豆は一部の生産国を除き、麻の袋(麻袋)で輸入されます。当社では年間10,000トンを超える豆を使用しているため、この麻袋の量も半端ではありません。そのため、この麻袋は固形燃料の材料としてリサイクルしています。

LAWSON MACHI cafe(ローソン マチカフェ)

Norihiro Kasuyaさん(@norihiro_kasuya)がシェアした投稿 -

割引額…10円

  • コーヒー S 100円(税込み)
  • カフェラテ M 150円(税込み)

コンビニ系コーヒーで唯一マイボトル割引を行っているのがローソン マチカフェ

割引額は10円と少ないですが、もともとの価格がコーヒーチェーンよりはるかに安く、毎日利用するという方も多いので、大きな値引きです。

他系列のコンビニは、マイボトルの使用自体を禁止している場合もありますが、ローソンのマチカフェは、スタッフがコーヒーをカップにレジ内で注ぐスタイルのためマイボトルにも対応できるようです。

タンブラーをもって来て頂いた方は、マチカフェのドリンクメニューが税込価格より10円引きです。

SEATTLE`S BEST COFFEE(シアトルズベストコーヒー)

View this post on Instagram

 

Seikiさん(@seiki2)がシェアした投稿 -

割引額…20円

  • アメリカーノ S 320円(税抜き)
  • カプチーノ S 350円(税抜き)

シアトルでコーヒーブームが広がったのをきっかけに行われた「シアトル最高のコーヒー」というコンテストで1位を獲得して、現在の社名になったシアトルズベストコーヒー。

割引額は20円と控えめですが、上質なアラビカ種だけを使った単一原産国、オーガニック、デカフェなどシアトルズベストコーヒーこだわりのコーヒーが割引で楽しめるのはお買い得。
ちょっとお得に元祖シアトル系のコーヒーを楽しみましょう。

全国のシアトルズベストコーヒー各店で、タンブラーをご持参頂いた方には、資源節約にご協力頂いたお礼として、全てのドリンクを20円割引しております。

NEW YORKER`S Cafe(ニューヨーカーズカフェ)

 

View this post on Instagram

 

- ' -さん(@junya_photograph)がシェアした投稿 -

割引額…20円

  • アメリカーノ S 320円(税抜き)
  • カプチーノ S 370円(税抜き)

都内を中心に展開するニューヨーカーズカフェ。

環境保全に取り組む農園で生産されたレインフォレスト・アライアンス認定豆を100%使用しています。
こだわりのコーヒーメニューやフードメニューをニューヨークのエスプレッソカフェをイメージしたスタイリッシュな店内で楽しめます。

すべての店舗でご利用いただけます。 対応できるサイズのカップでしたら、どのようなカップ・ボトルにも20円引きにてご提供させて頂きます。

Segafredo Zanetti Espresso(セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ)

 

View this post on Instagram

 

LATOV_ラトブさん(@latov_20071025)がシェアした投稿 -

割引額…20円

  • レギュラーコーヒー S 350円(税抜き)
  • カプチーノ S 370円(税抜き)

世界100カ国で400店舗を展開するセガフレード・ザネッティ・エスプレッソ。

マイボトル持ち込みで20円の割引に加えて、入会無料で取得できるメンバーズカードは来店回数に応じて赤・黒・ゴールドとランクアップして最大10%のディスカウントが受けられます。

 

タンブラーご利用で¥20引き

※ピッコロ(アイス/ホット)、クラシコ(ホット)のみ。

Receive a ¥20 discount when you use the "My tumbler."

BRENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)

View this post on Instagram

 

kaitoさん(@kaito_0414)がシェアした投稿 -

割引額…20円または50円

  • アメリカーノ S 320円(税抜き)
  • カプチーノ S 390円(税抜き)

カナダのバンクーバー生まれのブレンズコーヒー。日本国内では青山と川越に店舗があります。

自社焙煎によるコクと風味を追求したブレンドコーヒーと、目でも楽しめるラテアートが人気。
マイボトルならどれでも20円引きですが、ブレンズコーヒーのロゴ入りのボトルなら50円引きになるので、よく利用する方ならぜひ活用しましょう。

マイカップやタンブラーをご持参の方に資源節約のご協力のお礼として、20円割引いたします。また、BLENZ COFFEEロゴ入りの容器の場合は、50円割引で更にお得です。

スポンサーリンク

エコでお財布にも優しいマイボトル

私たちが普段よく目にするコーヒーチェーンのお店でも、マイボトルの持ち込みでコーヒーのテイクアウトが割引になるところが多いことがわかりました。

数十円でも、1ヶ月、1年と考えると結構な金額になります。

また、使い捨ての紙コップを使わないことで、環境保護にも協力できます。環境省でも、環境負荷を減らすためのマイボトル・マイカップキャンペーンを行っています。

今回のキャンペーンでは、マイボトル・マイカップが使いやすい社会づくりについての取組を応援しつつ、これらの取組についての情報などを提供し、個人の皆さんにもマイボトル・マイカップの利用を進めてもらうのが目的です。

毎日のちょっとした割引のために、また、何よりこれからの地球のことを考えてマイボトルを使ってみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事