ボタン一つで挽きたてコーヒーが楽しめる全自動コーヒーメーカー

いろいろな種類のあるコーヒーメーカーの中でも全自動コーヒーメーカーは“高級”なイメージがありますが、実は1万円以下でも購入できるものがたくさんあります。

そこで今回の記事では「できるだけリーズナブルに全自動コーヒーメーカーが欲しい」という方のために、コストパフォーマンスの高い全自動コーヒーメーカーをランキング形式で口コミも交えつつご紹介します。

スポンサーリンク

1万円以下でも買える全自動コーヒーメーカーランキング5選

全自動コーヒーメーカーは、豆とお水をセットすると、ミルで豆を挽くところからコーヒーの抽出までを全て全自動で行ってくれるコーヒーメーカーのことです。

一般的な全自動コーヒーメーカーの相場は2万円前後と、ドリップ機能のみのコーヒーメーカーと比べると価格は高めです。

ただし、最近ではコストパフォーマンスに優れた全自動コーヒーメーカーも増えてきていて、シンプル機能な全自動コーヒーメーカーや、新モデルが出た後の旧モデルを狙えば、充分に1万円以下でも全自動コーヒーメーカーに手が届くようになりました。

中でも特に評価の高い全自動コーヒーメーカーをランキング形式でご紹介します。

5位:ラドンナ 全自動コーヒーメーカー Toffy K-CM2-PA

サイズ 幅13.3cm×奥行17.0cm×高さ23.8cm
重量 1.15kg
杯数 1杯
機能 カップへ抽出

ラウンドフォルムで暖かみのあるデザインが特徴のToffy 全自動コーヒーメーカー。

お一人様専用全自動コーヒーメーカーで、マグカップに直接挽きたてのコーヒーを抽出できます。ノズルは伸縮性があるので、カップのサイズに合わせて調節でき、抽出量も120mlから180mlまでカップのサイズに合わせて調節できます。

静音設計で、朝や夜の忙しい時間にも使いやすいのがメリットです。掃除が面倒なミルは直接取り外して水洗いできるので、お手入れも楽々。

実売価格:8,000円

満足しました

コーヒー大好きで、豆から挽いていたのですが、朝は時間が無く、インスタントにしていました。このコーヒーメーカーのおかげで、朝から美味しいコーヒーが、自分だけでたのしめて、満足しました。

 

4位:ビタントニオ 全自動コーヒーメーカー VCD-200

サイズ 幅17.8cm×奥行30.5cm×高さ28.8cm
重量 2.6kg
杯数 4杯
機能 ステンレスサーバー・蒸らし

コンパクトサイズが嬉しいビタントニオの全自動コーヒーメーカー。

メッシュフィルターに加えて、おいしいコーヒーを抽出するために1万円以下では珍しい蒸らし機能もしっかり搭載していて、コーヒー豆のコクや香りをしっかりと引き出します。

ミル付き水タンクは取り外して丸洗いできるのでお手入れも楽々です。

真空二重構造ではありませんが、ステンレスサーバーなので割れにくいのもおすすめポイントです。

価格:9,500円

出来上がりが早い!美味しい!

豆と水を入れたらすぐに美味しいコーヒーが出来上がりました。
いつも四杯分作るのですが、数粒豆が砕けずに残ってます。それが勿体ない気がして…。
ペーパーフィルターを使わない為、洗うとシンクの中が粉だらけ。
そこは仕方が無いので我慢します。
ガラスのサーバーをすぐに壊してしまうので、今回はステンレスサーバーにしてみました。
少しは長持ちしてくれるかな?

3位:アイリスオーヤマ IAC-A600

サイズ 幅15.0cm×奥行23.0cm×高さ28.0cm
重量 2.5kg
杯数 4杯
機能 2段階ミル

コストパフォーマンスの高い家電製品を数多くラインナップしているアイリスオーヤマの全自動コーヒーメーカー。

現段階で4杯分抽出できる全自動コーヒーメーカーの中では最小クラスで、キッチンボードやカウンターなど、場所を取らずに設置できるのが大きなメリットです。

ミルは好みや豆に合わせて粗挽きと中挽きの2種類から選べ、後はダイヤルで杯数分を指定するだけでのワンタッチで豆を挽くところから抽出までを全自動で行える簡単設計です。

ミル付き全自動コーヒーメーカーでも値段は一般的なコーヒーメーカーとほとんど変わらない高いコストパフォーマンスが魅力です。

実売価格:6,000円

毎朝挽きたての豆でコーヒー飲みたい私の愛用品

挽きたてのコーヒー豆で飲みたいと思う私にピッタリでした。フィルター無しで、ザブザブ洗って直ぐに使えて便利。色も大きさもデザインも台所に置いて置くのちょっと勿体ないかも。

2位:コイズミ 全自動コーヒーメーカー KKM-1001

サイズ 幅14.2cm×奥行18.3cm×高さ25.8cm
重量 1.7kg
杯数 2杯
機能 カップへ抽出

高級感のあるデザインが特徴のコイズミ 全自動コーヒーメーカー。

マグカップに直接ドリップする方式で、ノズルは上下に伸縮するのでカップの大きさに合わせて調節可能です。水タンクも取り外しが可能なので、水補給のたびに洗えて衛生的です。

静音設計で音も静かなので、自宅で朝でも夜でも飲みたい時に挽きたてコーヒーが味わえる贅沢なお一人様全自動コーヒーメーカーです。

実売価格:9,000円

コスパ高い

使いやすいし洗いもめんどさくないです。
挽豆調節機能がついていないですが、この値段と品質でいいと思います。

1位:シロカ 全自動コーヒーメーカー SC-A121

サイズ 幅17.3cm×奥行22.0cm×高さ27.0cm
重量 2.2kg
杯数 4杯
機能 蒸らし・ミル4段階

全自動コーヒーメーカーの流行の火付け役となったのがシロカの全自動コーヒーメーカー。

現在最新モデルのSC-A221・SC-A211が発売されていますが、このSC-A121は旧モデルの最上位グレードです。もともとの定価は25,000円もしますが、現在は旧モデルということで実売価格は7,500円ほどと非常にリーズナブルです。

機能面で新モデルとの違いはミルのブレードの種類だけで、コーヒーのコクを引き出す蒸らし機能はしっかり搭載されています。

また人気の高いタングステンブラックやブラウンなど上位グレードにしかないカラーリングが選べるのも大きなメリットです。

「1万円以下で全自動コーヒーメーカーを探している」という方は、迷っているならコレを選んでおけば間違いないくらいコストパフォーマンスは高いです。Amazonなどの通販サイトでも非常に高いレビュー評価です。

シロカの他グレードとの比較は詳細記事からご確認下さい。

実売価格:7,500円

進化してます

以前のST-501より、ミル挽きの音は小さく、蒸らし機能がついたからか更に味わい深いコーヒーが飲めるようになりました。フィルターも以前より劣化する事がなくなり、大変コスパに優れた商品です。
こんなに簡単に本格的なコーヒーが飲めるなんて。毎日、いろんな豆で違いを楽しんでいます。
スポンサーリンク

もうちょっとグレードの高い全自動コーヒーメーカーが欲しい方はコチラ

「どうせ買うならもうちょっとグレードの高い全自動コーヒーメーカーが欲しい」という方は、以下の参考記事もご確認下さい。

各メーカーこだわりの機能が搭載された全自動コーヒーメーカーは、ハンドドリップのようにしっかりと豆のコクを引き出しながらおいしいコーヒーが入れられます。

1万円以下で全自動コーヒーメーカーを探そう

今回の記事では、1万円以下でも購入できる全自動コーヒーメーカーをご紹介しました。

今回ご紹介した全自動コーヒーメーカーなら、普通の一般的なコーヒーメーカーとほとんど変わらない値段でいつも挽きたてのコーヒーが楽しめます

中にはシロカのように、もともと2万円以上するような高級グレードの全自動コーヒーメーカーもあるので、ランキングを参考にしながら、毎日おいしいコーヒーを飲むための全自動コーヒーメーカーを探してみるのはいかがでしょうか。

また挽きたてのコーヒーにこだわるなら、焙煎したてのコーヒー豆にもチャレンジしてみましょう。専門店で購入すると値段が高いイメージですが、通販ならスーパーのコーヒー豆の値段に少し足すだけで挽きたての豆を送料無料で送ってくれるところがあります。

 
 

スポンサーリンク