「外出先でコーヒーを服にこぼしてしまった…」なんて経験はありませんか?
大事な洋服だったり、これから仕事だったりすると焦ってしまいますよね。

そこで今回の記事では、コーヒーで洋服を汚してしまった時の応急処置をご紹介したいと思います。
染み抜きのコツさえおさえれば、コーヒーの染みは意外と簡単に落とすことができます。

スポンサーリンク

コーヒーの染み抜きは時間勝負

コーヒーで洋服を汚してしまったら、すぐに染み抜きをすることがポイントです。

コーヒーの黒い色素が時間とともに洋服の繊維に入り込んでしまうため、時間が経つと色素を抜き取るために漂白の作業も必要 になります。完全に色が落ちないこともありますし、色物の洋服だと逆に洋服の色まで抜けてしまうこともあります。

例えば、ワイシャツにコーヒーをかけてしまって、「新しいワイシャツを外出先で買ったから、汚れたワイシャツは家で洗えばいいや…」というのは、おすすめできません!

コーヒーをこぼしてすぐなら簡単に落とせるのに、時間が経ってからではなかなか落とすのが大変になるからです。コーヒーを洋服にこぼしてしまったら、その場の応急処置で染み抜きするようにしましょう。

スポンサーリンク

まずは水洗いで染み抜き

コーヒーはお湯で抽出されていることからわかるように、ほとんどの成分が水溶性です。
そのため汚れてすぐなら、外出先での水洗いで十分に染み抜きできる可能性が高いです。

綿やポリエステルの普段着なら、洗面所の手洗い場で汚れた部分をこするようにして水洗いします。
もし温水が出るなら、さらに染み抜き力が上がります
アメリカンやブレンドなどのブラックコーヒーなら、すぐに対応すれば水洗いでほとんどがキレイに染み抜きできます。

デリケートな生地の洋服の場合、しっかりと濡らした布巾やおしぼりなどで叩くように汚れを落とします
染みが広がるのを防ぐために、染みの周辺から中心に向かって汚れを落としていくのがポイントです。

そのときに、洋服の生地の裏に布をあてます。こうすることで汚れを下の布に移すことができます。
布巾やおしぼりを洗いながら、汚れが見えなくなるまで繰り返します。

染み抜きできたら、ハンカチなど乾いた布で水分を取りましょう。

外出先ならハンドソープも活用

コーヒーの汚れが落としやすいのは、コーヒーのほとんどの成分が水溶性なためです。
ただし、牛乳や生クリームが使われているドリンクメニューの場合、含まれる油分も多くなるため、水洗いだけでは染み抜きできない場合もあります。

その時に活用したいのがハンドソープです。
ハンドソープには油分と水が馴染みやすくなる界面活性剤が含まれているため、染みを落としやすくなります。

綿やポリエステルなどの普段着なら、まずしっかりと染みが付いた部分全体を濡らした後、ハンドソープをつけてこするようにして洗います。汚れが落ちたら水でキレイにすすげば完了です。

デリケートな生地の洋服の場合、まず水で濡らした布巾やおしぼりなどで表面の汚れを落としたら、ハンドソープをシミになじませます
布を生地の下にあて、上からおしぼりや布巾で叩くようにして、汚れを下の布に移していきます

染みが落ちたら、ハンドソープの成分が残らなくなるまでハンカチなど乾いた布で水分を取ります。

デリケートな生地や色物の洋服にハンドソープを使う場合は、色落ちしてしまわないか目立たない部分でテストしてから染み抜きしましょう。

外出先でも使えるトラベル用の染み抜きペン

外出先で、うっかり付いてしまったシミの応急処置におすすめです。
ペン型なので、ポーチに入れておいても邪魔になりません。

筆タイプなので、大切な洋服も傷めません!

水溶性:コーヒー・しょうゆ・ソース・ケチャップ
油溶性:カフェラテ・バター・口紅
混合性:カレー

どの汚れタイプにも使えます。

1本持っておくと便利なので、ポーチに入れておいてくださいね。

帰宅後の漂白手順


基本的にはコーヒーの染み抜きは、水洗いやハンドソープなどの洗剤を使えばキレイに落とすことができます。

ただし、汚れてから時間が経ってしまった洋服の場合、染みが繊維まで入り込んでいるため漂白が必要になります。衣類の漂白には、酸素系衣類用漂白剤を使用します。

注意!
ハイターなどの、塩素系漂白剤は基本的には使用しないで下さい。

洗面器にぬるま湯を張り、キャップ1杯ほどの漂白剤を入れてかき混ぜます。
染みの付いた洋服を入れて軽く漂白液となじませたら、30分ほど浸け置きします。

染みが落ちているのを確認したら、洗濯機で洗って染み抜き完了です。

コーヒーの染み抜きは応急処置で落とす

「コーヒーをうっかり洋服にこぼしてしまった…」なんて経験は誰でも一度はあるはずです。
外出先で洋服に染みをつけてしまうとあせってしまいますが、すぐに応急処置すれば比較的簡単に染み抜きすることができます。コーヒーの染み抜きの手順をまとめてみましょう。

コーヒーの染み抜き手順
水洗い(できれば温水)
↓ 
ハンドソープも使って水洗い

染みが残ってれば、帰宅後に漂白

まずは水洗いで染み抜きできるか試してみましょう。
ブラックコーヒーで汚してすぐなら、ほとんどの場合水洗いで染み抜きできます。
それで落ちなければ、ハンドソープを使います。牛乳や生クリームがトッピングされたコーヒーだと油分が多いので、ハンドソープに含まれる界面活性剤でしみ抜きしやすくなります。

万が一まだ染みが残っているようなら、自宅に帰宅後に漂白剤を使ってキレイにしましょう。
キレイに染み抜きするためには、時間が勝負です。
できるだけすぐに洗うと、コーヒー染みならほとんどがきれいに落とせます。

今回の記事を参考にしながら、もしものハプニングの時にも応急処置でキレイに染み抜きしましょう。


 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事