最近になり急に認知度が上がり、コーヒー専門店や缶コーヒーにもなっている“ウォータードリップコーヒー(水出しコーヒー)”「自宅でもウォータードリップコーヒーが飲みたい」というコーヒー通の方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回の記事では、特に人気の高いウォータードリップサーバーをランキング形式でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウォータードリップコーヒーとは

あかばねだいさん(@akabanedai)がシェアした投稿 -



そもそもウォータードリップとは何のことなのでしょうか。

コーヒーには、ハンドドリップやサイフォン、フレンチプレス、など、いろいろな抽出方法があります。ウォータードリップコーヒーとは、その一つである「水出し」と呼ばれる抽出方法で淹れたコーヒーのことです。

水出しコーヒーには…

  • 水を入れたポットにコーヒーの粉を漬けこんで抽出する方法
  • コーヒーの粉に一滴ずつ水滴を垂らして抽出する方法

の2つがあります。

ウォータードリップは、水出しコーヒーの中でも後者の方法で一滴ずつ垂らして淹れられたコーヒーのことを指します。もともとオランダ領であったインドネシアで発明された抽出方法のため、「ダッチ・コーヒー」と呼ばれることもあります。

ウォータードリップコーヒーの特徴
冷水で抽出されるウォータードリップコーヒーの最大の特徴は“風味”です。お湯で淹れるコーヒーはどうしてもコーヒーの旨みと一緒に渋みやエグミのもとになる“タンニン”や“カフェイン”が溶け出します。
しかし、
水でじっくりと抽出されるコーヒーならの特徴として、豆の持つ上品な香りとコク、旨みだけを引き出すため、スッキリとしていて、口当たりなめらかな甘みと柔らかいコクのあるコーヒーが淹れられます。
ウォータードリップサーバーを使ったコーヒーの淹れ方コチラをご覧ください。

 

スポンサーリンク

ウォータードリップサーバーの人気ランキング5選


では早速、自宅でもコーヒー専門店のようなウォータードリップコーヒーが淹れられるおすすめのウォータードリップサーバーをご紹介したいと思います。

コストパフォーマンスに優れたものから、インテリア性に優れたものまで、幅広いサーバーがランクインしているので、それぞれのニーズに合ったウォータードリップサーバーが見つかるはずです。

カリタ ウォータードリップムービング
容量:600cc
コーヒー専門店などでデモンストレーション用にも使用されているカリタのウォータードリップムービング。シーソースプーンが付いていて、水滴がスプーンにたまる度にシーソーのようなリズミカルな動きで水をコーヒー粉に落とします。
水出しコーヒー好きの中には「ウォータードリップで淹れられている様子をずっと見ていても飽きない」という方も多いですが、ウォータードリップムービングはおいしいコーヒーが出来上がるまでの時間をもっと楽しませてくれます。

Iwaki SNOW TOP ウォータードリップサーバー
容量:440cc
SNOW TOPシリーズでは、「磁器」「耐熱ガラス」「木」をメインの素材として組み合わせた、機能的で生活の中に自然と溶け込むようなデザインが追求されています。
ブナ素材と耐熱ガラスの組み合わせで自然の暖かみと上質感のあるデザインが特徴で、インテリア感覚で楽しめます。価格は決してリーズナブルではありませんが、家庭用だけでなく、店舗やデザインオフィスなどにもおすすめです。

完成したコーヒーを、飲んでみました。すると…。苦みや酸味がほとんどなく、水のようにスムーズに飲めます。なのに、コーヒー豆特有の甘さがはっきりと感じられるのです!こんなに甘味があってまろやかなコーヒー、飲んだことがありません。そして飲み終わった後は、すっきり。これが私がいれたコーヒーだなんて、自分でも信じられません。

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー
容量:440ml
2,000円弱で購入できる抜群のコストパフォーマンスが魅力
のウォータードリップサーバー。シンプルでスタイリッシュなデザインなので置く場所を選ばず、はじめてのウォータードリップサーバーにピッタリ。
2007年に「グッドデザイン賞」も受賞しているイワキのベストセラー商品です。一回で約2杯分のコーヒーが淹れられます。これでウォータードリップにハマったら、もっと大きなサイズを購入してもいいかもしれません。
実際に購入した人の口コミ
今回水出しコーヒーをはじめて買いました。味がまるくなってとっても美味しい。もっと、早く買えばよかった。。。そして、お気に入りはこのデザイン。グッドデザイン賞受賞。ぽとりぽとりコーヒーが出てくる姿はぼ~っと、見てしまいます。
ブルーアー コールドブルーアー
容量:680cc 
水出し専用のコーヒードリッパーのブランドとして2014年にカリフォルニアで誕生した「ブルーアー」。コールドブルーアーは水出しコーヒーのおいしさに魅了されたオーナーが、クラウドファンディングサイトで3,000人以上の受注を獲得して製品化したものです。
使いやすさに定評があり、ドリップ速度はバルブで簡単に調節でき、電子レンジで加熱も可能。プラスチック部品不使用なので、ニオイ移りの心配もありません。一回で約4杯分のコーヒーが淹れられる大きさですが、サイズはコンパクトなので置く場所に困りません。デザインも日本のメーカーにはない個性あるスタイリッシュさが魅力です。
実際に購入した人の口コミ
コーヒーの色はしていますが透明感のあるすっきりした味のアイスコーヒーができました。香りがいいです。器は、ガラスなので割らないように注意が必要です。それと、お水を落とす速度は速いかなっていう位のほうがいい感じでした。
ハリオ ウォータードリッパー・クリア
容量:780ml
透き通った透明感のあるガラスサーバーで一滴ずつの水滴がポタポタと落ちていく様子をじっくりと楽しめる、デザイン性に優れたハリオ ウォータードリッパー。
金属コックで滴下調節できるので初めてでも扱いやすく、金属フィルター付属で経済的に使えます。コーヒー通のおしゃれなインテリアとしてもおすすめな上質なウォータードリップサーバーです。

コーヒー独特の香りが強く鮮やかに出ているので、コーヒーが好きな人にとってはたまらない香りが楽しめます。何度も使用しながら粉の量などを調節し、好みの味を作りだせるようになればコーヒー好きの人でも十分に納得できる1杯になる、そんなポテンシャルを感じました。

まとめ

ランキングを見ながら、使ってみたいウォータードリップサーバーは見つかりましたでしょうか。

ウォータードリップコーヒーは、一滴ずつ冷水でコーヒー豆本来の香りとコク、旨みを引き出すため、お湯を使った他の抽出方法では味わえないスッキリとしていてまろやかな風味を楽しむことができます。

夏のアイスコーヒーとも相性の良い抽出方法なので、今年は水出しコーヒーにチャレンジして、コーヒーの楽しみ方の幅を広げましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事