エスプレッソはお好きですか?

スターバックスなどのコーヒーチェーンが普及するにつれて、日本でもエスプレッソが身近なものになってきました。

中には「エスプレッソってどういう仕組みで抽出してるの?」と疑問に思われたことのある方もいるのではないでしょうか?

そこで今回の記事ではエスプレッソの仕組みや、現在主流になっている電気式と直火式のエスプレッソマシンの特徴についてわかりやすくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エスプレッソの仕組み

イタリアで生まれて、今や世界中で愛されているエスプレッソ。

デミタスカップと呼ばれる小さなコーヒーカップに注がれたエスプレッソをクイッと飲み干す映画やドラマなどでも見たことのある方も多いのではないでしょうか?

では、エスプレッソはどんな仕組みで抽出されているのでしょうか?

ドリップ式が自然の重力を利用してコーヒーをじっくり抽出するのに対して、エスプレッソは9~10気圧という高い圧力をかけて数秒で抽出を行います。

高い圧力をかけて少量のお湯にコーヒーに含まれる成分をしっかりと引き出すため、エスプレッソ特有の深いコクのあるコーヒーエキスが完成します。

また抽出時間が短いため、コーヒーに含まれるうまみ成分だけを引き出し、雑味が出にくいのも大きな特徴です。

エスプレッソをいれるには、大きく分けて2種類の方法があります。

スポンサーリンク

2種類のエスプレッソマシン

エスプレッソをいれるためのエスプレッソメーカーには、大きく分けると電気式のエスプレッソマシン直火式のエスプレッソマシンの2種類があります。それぞれの特徴を見てみましょう。

電気式のエスプレッソマシンの仕組み

コーヒーチェーンのお店や、ドリンクバーなどに設置されている事が多いのが電気式のエスプレッソマシン

中にポンプが搭載されていて、電気の力でポンプを動かして圧力を発生させる仕組みです。電気の力で高い圧力を発生させることができるため、エスプレッソの表面にはクレマと呼ばれる独特の気泡が作れます。

このクレマにおいしさを閉じ込めるため、より本格的でエスプレッソならではのコーヒーのおいしさを感じられるはずです。

ただし、電気式のエスプレッソマシンは直火式と比べると値段が高くなります。家庭用だと10,000円くらいから本場イタリアのデロンギ(DeLonghi)製のエスプレッソが購入できます。

直火式のマキネッタの仕組み

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、実はイタリアでは必ず各家庭にあるのがマキネッタという直火式エスプレッソマシン

マキネッタは非常にシンプルな構造で、水を入れるための台とコーヒーの粉用バスケット、エスプレッソが上がってくる上部ポットの3層構造です。

電気式がポンプの力で圧力をかけるのに対して、マキネッタは火にかけて中のお湯をわかして蒸気の力で圧力をかけます

圧力がかかるとお湯はバスケットを通ってエスプレッソになり、上部ポットへと押し上げられる仕組みです。

電気式と比べるとそこまで圧力が高くないため、クレマはほんの少ししかできませんが、手軽に利用でき、価格もリーズナブルで丈夫なため、一度購入すれば長く使えます。

イタリアには何十年と使用しているマキネッタがあるほど…。手軽にエスプレッソを楽しむのにおすすめの抽出器具と言えます。

仕組みを理解してエスプレッソをもっと楽しもう

圧力の力でコーヒーのうまみ成分だけを凝縮させて抽出するエスプレッソ。

エスプレッソがいれられるようになると、そのままエスプレッソならではコーヒーの味わいを楽しむのもよし、ミルクを足して豊富なカフェラテやカプチーノを楽しむのもよしと、自宅でもコーヒーの楽しみ方が広がります。

電気式のエスプレッソマシンやマキネッタでもっとコーヒーを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事