サイフォンで抽出中

数あるコーヒーの中でも、演出効果が高く、五感でコーヒーを楽しめるサイフォン。

慣れると安定した味のコーヒーが抽出できるのもメリットですが、コーヒー豆はどれくらいの粒度(粗さ)で挽くのが正しいのでしょうか?

今回の記事では、サイフォンでコーヒー豆の良さを最大限に引き出すためのおすすめの挽き方をご紹介します。

スポンサーリンク

サイフォンはコーヒーの銘柄特有の良さを引き出す

サイフォンで抽出が終わった後のコーヒーの粉

サイフォンは見た目の演出効果の高さに目がいきがちですが、実はコーヒー豆の特徴を活かした抽出ができるのも大きな魅力の1つです。

実際サードウェーブ系のコーヒーショップでも、スペシャリティコーヒーをいれるのにサイフォン式を採用しているところもあり、サイフォンは再び注目を集めています。

浸漬(しんし)法でコーヒーの味をしっかり引き出す

抽出されるサイフォンコーヒー

サイフォンは、浸漬法と呼ばれる種類の抽出方法です。

コーヒーの粉を一定時間お湯に浸してコーヒーを抽出します。他にもフレンチプレスなどが、この浸漬法に分類されます。

*ハンドドリップなどは、お湯を透過させているので、透過法に分類されます。

コーヒーの粉がお湯に浸されている分、コーヒー豆の銘柄特有の特徴までしっかりと引き出され、ネルフィルターを通して雑味のないまろやかなコーヒーが抽出できます。

そのためスペシャリティコーヒーのような質の高い豆の違いやクセを、口の中でより大きく感じることができるのがサイフォンの特徴です。

上質なコーヒーならではの「良質な酸味」「余韻の残る甘み」を楽しむには、ぴったりの抽出方法です。

スポンサーリンク

サイフォンに適したコーヒーの挽き方は?

サイフォン用のコーヒー豆

サイフォンは、見た目の演出効果もあり、抽出が難しいと誤解されがちですが、お湯の温度と抽出時間にさえ気をつければ、比較的安定したコーヒーがいれやすい抽出方法です。

その分、重要になるのがコーヒー豆の挽き方です。

ハンドドリップのように、抽出の仕方次第で味が大きく変化するわけではないので、コーヒーの粒度(粗さ)によって、抽出されるコーヒーの味が大きく変わります

サイフォンの挽き方の基本は中挽き

中挽きのコーヒー豆

サイフォンの基本になる挽き方は『中挽き』です。

挽いた状態で売られているコーヒーの粉は、中挽きよりも少し細かい『中細挽き』の場合が多いです。コーヒーショップなどで購入する場合は、粒度を選べるところもあるので、中挽きで挽いてもらいましょう。

*ただし、粉にするとすぐに酸化が進んでしまうため、コーヒーをいれる前に自宅でミルを使って挽くことをおすすめします。

関連記事:正しいコーヒー豆の保存方法とは

自宅でミルを使ってコーヒー豆から挽いている方は、中挽きの目安は、グラニュー糖とザラメの中間くらいです。

手動のミルを使用している場合は、ミルの調節ネジを締めた状態から9目盛り目が中挽きの目安になります。

関連記事では画像付で挽き方を解説しているので、お役立て下さい。

関連記事:コーヒーミルの粗さによる風味の変化と調節の目安

味の好みに合わせた微調整も楽しもう

サイフォンの基本は中挽きですが、味の好みに合わせて挽き方を微調整することもできます。

細かく挽けば、苦味が引き出しやすくなり、粗く挽けば、スッキリとした味合いになります。

細かすぎると雑味まで抽出され、粗過ぎるとただの薄いコーヒーになるので、目安は『中細挽き』~『中粗挽き』です。

『150ml』のお湯に対して『15g』の中挽きのコーヒーが基本になります。

ただし、コーヒーの粉の粒度に合わせて、コーヒーの粉の量も微調整するようにしましょう。

コーヒーの粉の粒度と量の関係

お湯の量150ccに対して…

『中細挽き』…… 12g
  |
『中挽き』 …… 15g
  |
『中粗挽き』…… 18g

挽き方にこだわってサイフォンで豆の良さを楽しもう

サイフォンで作ったコーヒー

サイフォンは見た目にも演出効果の高い抽出方法ですが、コーヒーの特徴をそのまま引き出したコーヒーがいれやすいのも魅力の1つです。

コーヒーの粉の粒度は中挽きが基本ですが、好みの味にあわせて微調整することでも、抽出するコーヒーの味わいを変えることができます。

今回の記事の内容を参考に、サイフォンでおいしいコーヒーをいれましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事