コーヒーの味わいは、豆の種類や焙煎度だけでなく挽き方によっても変化します。

自分で豆をミルで挽く場合や、お店で豆を購入する際に挽いてもらう場合には、どんな挽き方にするか選ぶ必要があります。

そこで今回の記事では、コーヒーメーカーを使う時におすすめのコーヒー豆の挽き具合をご紹介します。

当サイトのおすすめコーヒー

珈琲きゃろっとQグレーダーの内倉大輔氏が、現地まで足を運び選んだコーヒ豆を、世界で1台の特注焙煎機で焙煎した豆をその日のうちに発送。

マイルドなコーヒーを好みの方におすすめ!

今なら返金保証付初回限定53%OFF 1,980円‼
⇒ 1日30セット限定のお試しセット

ニフコーヒー
Qグレーダーの代表小川氏と焙煎担当渡邊氏が立ち上げたスペシャルティコーヒーのオンラインショップ
コンセプトは、品質の良いコーヒー豆を安価(200gで999円~)で提供

美味しいスペシャルティコーヒーを自宅で楽しみたい方におすすめ!
⇒ ニフコーヒー公式ストアへ

ROKUMEI COFFEE焙煎の日本チャンピオンとなった焙煎士 井田浩司氏が率いる自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店
コンセプトは「豊かな日常を、スペシャルティコーヒーとともに」
厳選した高品質な豆を最高の焙煎で仕上げた甘くてクリーンなコーヒーが特徴
発送の直前に焙煎することで、鮮度の高いコーヒー豆を届けてもらえます。

スペシャルティコーヒー3種類コース500円お試しキャンペーン実施中!
⇒ ROKUMEI COFFEEスペシャルティコーヒー3種類コース

※Qグレーダーは、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。
世界で約6,000人、日本では約300人

コーヒーメーカー用は中挽きが基本

一般的なコーヒーメーカーはドリップ式と呼ばれる方法でコーヒーを抽出しています。

これはコーヒーポットを使ったハンドドリップと同じ方式なので、基本的にはコーヒーメーカーの豆の挽き方はハンドドリップと同じと考えて問題ありません

基本となるコーヒーメーカー用の豆の挽き方は、中挽きになります。

中挽き
(画像:GO COFFEE GOより引用)
コーヒーの粒の大きさは、ザラメとグラニュー糖の中間くらい

コーヒー豆の風味を確認するのにも基本となる挽き方なので、はじめての豆は中挽きがおすすめです。
売られているコーヒーの粉や、コーヒーショップでおすすめの粒度とされているのもほとんどがこの中挽きです。

スポンサーリンク

挽き方の違いでコーヒーの味が変わる

コーヒー豆の風味を中挽きで確認したら、好みに合わせて挽き方を調整してみてもコーヒーの楽しみ方が広がります。コーヒーメーカーだけでなく、代表的なコーヒーの抽出方法で使用される粒度を確認してみましょう。

超細挽き 細挽き 中細挽き 中挽き 中粗挽き
エスプレッソ
水出し
サイフォン
フレンチプレス
ペーパードリップ
コーヒーメーカー
ネルドリップ

 

ポイント
コーヒー豆は、細かく挽けば挽くほどコーヒーの成分が抽出されて濃くなるため苦味が増します。反対に粗く挽けば挽くほど苦味は少なくなり、酸味が強くなります。
コーヒーショップなどで豆を挽いてもらう場合は希望する粒度を伝えるだけですが、自宅にある家庭用のミルを使う場合には、ミルの微調整が必要になります
詳しい調整方法は関連記事をご覧ください。

苦いのが好きなら中細挽きを

コーヒーの苦味が好きな方は、中細挽きにすると、豆に含まれる成分をしっかり引き出すので、苦味がしっかり効いたコーヒーが抽出できます。

中細挽き
(画像:GO COFFEE GOより引用)
コーヒーの粒の大きさは、グラニュー糖くらい

酸味が好きなら中粗挽きを

酸味のあるコーヒーが好きな方は、中粗挽きにすると、豆から苦味が抽出されづらくなるのでスッキリとしたコーヒーに仕上げられます。

中粗挽き
(画像:GO COFFEE GOより引用)
コーヒーの粒の大きさは、ザラメよりも若干小さめくらい
スポンサーリンク

好みの挽き方を見つけてコーヒーメーカーでおいしいコーヒーを入れよう!

コーヒーはさまざまな要素で味わいが変化するため、自分好みの味わいで入れられるようにベストな組み合わせを探すのもコーヒーの楽しみ方の一つです。

コーヒーメーカー用だと基本的な挽き方は「中挽き」ですが、苦味や酸味を強く引き出したい時は、好みに合わせて挽き方も調整できます。

自分だけのベストな風味を求めていろいろ飲み比べてみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事