ネスカフェのバリスタ

手軽にコーヒーメニューが楽しめるので、一般家庭からオフィスや店舗にも人気があります。でも中には「普通のコーヒーメーカーとどんな違いがあるの?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では…

  • バリスタとコーヒーメーカーの違いは何?
  • バリスタのメリットとは?
  • 逆にバリスタにデメリットはある?

といった疑問にお答えします。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

当サイトのおすすめコーヒー

珈琲きゃろっとQグレーダーの内倉大輔氏が、現地まで足を運び選んだコーヒ豆を、世界で1台の特注焙煎機で焙煎した豆をその日のうちに発送。

マイルドなコーヒーを好みの方におすすめ!

今なら返金保証付初回限定53%OFF 1,980円‼
⇒ 1日30セット限定のお試しセット

ニフコーヒー
Qグレーダーの代表小川氏と焙煎担当渡邊氏が立ち上げたスペシャルティコーヒーのオンラインショップ
コンセプトは、品質の良いコーヒー豆を安価(200gで999円~)で提供

美味しいスペシャルティコーヒーを自宅で楽しみたい方におすすめ!
⇒ ニフコーヒー公式ストアへ

ROKUMEI COFFEE焙煎の日本チャンピオンとなった焙煎士 井田浩司氏が率いる自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店
コンセプトは「豊かな日常を、スペシャルティコーヒーとともに」
厳選した高品質な豆を最高の焙煎で仕上げた甘くてクリーンなコーヒーが特徴
発送の直前に焙煎することで、鮮度の高いコーヒー豆を届けてもらえます。

スペシャルティコーヒー3種類コース500円お試しキャンペーン実施中!
⇒ ROKUMEI COFFEEスペシャルティコーヒー3種類コース

※Qグレーダーは、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。
世界で約6,000人、日本では約300人

ネスカフェ・バリスタとは

View this post on Instagram

 

Rie.Nさん(@pink_lotus119)がシェアした投稿 -

ネスカフェのバリスタとは、正式名称を「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」と言います。

バリスタは多彩なカフェメニューを簡単なボタン操作一つで楽しむことができるコーヒーマシンです。

ではバリスタが普通のコーヒーメーカーと何が違うのか見ていきましょう。
 
 

スポンサーリンク

バリスタとコーヒーメーカーの5つの違い

View this post on Instagram

 

Chie Inokuchiさん(@chiekororinkoro)がシェアした投稿 -

バリスタとコーヒーメーカーの違いは大きく分けると5つです。

1.バリスタはインスタントコーヒーメーカー

View this post on Instagram

 

毎日更新!まるこです(37)さん(@maruco_mjhr)がシェアした投稿 -

バリスタを購入してから気づいてガッカリされる方もいるので最初にお伝えしますが、バリスタは“インスタントコーヒーメーカー”です。

コーヒーメーカーはコーヒーの粉を使ってコーヒーを作りますが、バリスタはインスタントコーヒーを使って各種ドリンクメニューを作ります

「レギュラーコーヒーが飲みたい」という方にはバリスタはおすすめできないのでご注意ください。

レギュラーコーヒー派はドルチェグスト

「コーヒーメーカーよりも気軽にレギュラーコーヒーが飲みたい」という方なら、おすすめはネスカフェ・ドルチェグストです。

ドルチェグストは、専用カプセルに挽きたてのコーヒー豆が密封されているので、常に気軽に挽きたてのコーヒーが飲めます。

2.バリスタならドリンクメニューが豊富

View this post on Instagram

 

みぃさん(@m1iii_)がシェアした投稿 -

コーヒーメーカーの場合、作れるのは一般的なブラックのレギュラーコーヒーのみです。

バリスタなら、ブラックコーヒー、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテと1台で多彩なカフェメニューが楽しめます。

自宅を簡単にカフェにできるのがコーヒーメーカーにはないバリスタの魅力です。

3.バリスタはコーヒーメーカーよりスピーディー

View this post on Instagram

 

@tdy.0411がシェアした投稿 -

コーヒーメーカーの場合、スタートボタンを押してから実際に抽出が終わるまでには3分~5分ほどの時間がかかります。
時間がかかるのはコーヒーメーカーのドリップ式の抽出方法のデメリットといえます。

バリスタなら、1杯分を作るのに約40秒~1分しかかからないため、忙しい朝など飲みたい時にも頼りになります。

4.バリスタはコーヒーメーカーより低コスト

View this post on Instagram

 

亜紀さん(@_momopan_)がシェアした投稿 -

実はコーヒーメーカーとバリスタの1杯あたりのコストはほとんど変わりません。
どちらも1杯あたりのコストは約15円ほどです。

ただし、コーヒーメーカーの場合、最初にコーヒーメーカー本体を購入する必要があります。本体は性能にもよりますが、平均的な価格は5,000円前後です。

バリスタの場合、定期購入にするとスマホとも連動できる最新のバリスタ アイも無料で利用できるので、初期コストはコーヒーカートリッジの代金のみです。

低コストではじめられるのがバリスタのコーヒーメーカーにはないメリットです。

5.バリスタはコーヒーメーカーよりお手入れが楽

View this post on Instagram

 

HiRoMiさん(@tarapon23)がシェアした投稿 -

一般的なコーヒーメーカーの場合、コーヒーの抽出が終わったらコーヒーかすを捨てたり、サーバーを洗ったりといった手間がかかります。

バリスタなら、使用するのがゴールドブレンドの「エコ&システムパック」なので、1杯ごとにフィルターのお掃除などは不要で、定期的に簡単に取り外せる部品を洗浄するだけなので、エコでお手入れも楽です。

では、購入を考えいる方が気になるバリスタのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

バリスタのメリット・デメリット

バリスタのメリット
  • ワンタッチですぐにコーヒーが飲める手軽さ
  • カプチーノなども飲めて自宅がカフェ気分
  • 1杯あたりのコストもコーヒーメーカーと変わらない
バリスタのデメリット
  • レギュラーコーヒー好きには物足りない!?
  • 専用の詰替え用カートリッジしか使えない
    *自己責任ですが、実は使えます。関連記事を参照下さい

関連記事:コーヒーメーカーのバリスタは他のインスタントコーヒーも使える?

お手軽にコーヒーを楽しむならネスカフェ・バリスタ

View this post on Instagram

 

miyuさん(@miyu_maison)がシェアした投稿 -

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタのコーヒーメーカーとの違いをご紹介しました。

まとめてみると…

  • バリスタとコーヒーメーカーは入れるコーヒーのタイプが違う
  • バリスタなら1台で5種類のドリンクが楽しめる
  • バリスタは抽出がスピーディー
  • 上手に活用すればバリスタ本体代は無料
  • バリスタはお手入れが楽

といった違いがあります。

本体料金も無料ではじめられるネスカフェ ゴールドブレンド バリスタでお手軽にいろいろなカフェメニューを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事