夏の暑い時期に飲みたくなるのがアイスコーヒーですよね。

でも、自宅でアイスコーヒーを作ったことのある方の中には、「味が薄い…」「作るのが面倒くさい…」なんて経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、アイスコーヒーを作る能力に特化した、アイスコーヒー専用コーヒーメーカーをランキング形式でご紹介します。

アイスコーヒー専用コーヒーメーカーを使えば、喫茶店のような濃厚でコクのあるアイスコーヒーが誰でも簡単に作れます。

暑い日は本格派アイスコーヒーで乗り切りましょう。

スポンサーリンク

アイスコーヒー専用コーヒーメーカーランキング5選

では、早速アイスコーヒーを作る能力に特化したコーヒーメーカーをランキング形式で見ていきましょう。

1位:アイティーシー 「電動水出しコーヒーメーカー CB-011W」

わずか20分で水出しコーヒーが作れるスグレモノ

コーヒー好きの間でもかなり話題になっている「電動水出しコーヒーメーカー CB-011W」

ここ数年の流行でコールドブリューコーヒーは説明の要らないほどの知名度になりましたが、自宅で水出しコーヒーを作るのに大きなデメリットになるのがかかる時間

常温の水で抽出するため最低でも8時間かかり、飲みたいときにすぐ飲めるタイプの抽出方法ではありません。

しかし、「電動水出しコーヒーメーカー CB-011W」は今までありそうでなかった、ポンプを使って水を循環させるという方法で水出しコーヒーにかかる時間を1/24の20分に短縮
それも好みの味に合わせて時間の調節機能もあるため、狙い通りの水出しアイスコーヒーが自宅でも簡単に楽しめます。

「電動水出しコーヒーメーカー CB-011W」の口コミ

味で遊べる

メーカー推奨の豆は深煎りのようですが、浅煎りの豆でよりすっきり仕上げたり、抽出時間を増やして濃度を高めたりと幅が楽しめます。
20分で抽出できるのも良かったですが、それ以上にカフェで飲むのと比べて好きに遊べるのがいいです。
Amazonからの口コミ

2位:サーモス 「アイスコーヒーメーカー ECI-661」

新しいカラーリングになったニューモデル

2016年にサーモスからアイスコーヒーメーカーECI-660が発売され、当時はアイスコーヒーに特化したコーヒーメーカーがそんなになかったので話題となりました。

そして2018年3月1日にニューモデルである「アイスコーヒーメーカー ECI-661」が発売になりました。といっても変更点はカラーリングくらいです。
旧モデルの明るいクリームカラーの2色展開から、ニューモデルでは落ち着いたディープローストとキャラメルカラーの2色がニューカラーとして登場しました。

アイスコーヒーに合わせたマイコン制御による蒸らし機能や、サーモスならでは二重構造で冷たさをしっかりキープするサーバーなど、前モデルから評価の高かった部分はしっかり受け継がれているので安心です。

ECI-661とECI-660の違いはカラーリングのみですが、値段は実売価格で2,000円ほど旧モデルのECI-660がお求めやすくなっているので、リーズナブルに購入したい方には旧モデルもおすすめです。ECI-660はコチラから
 

サーモス アイスコーヒーメーカーの口コミ

素晴らしい

水出しで作ってたのですが
すぐできないし冷蔵庫にずっとコーヒーがあるのも邪魔なのでこちらを購入
すぐにできあがるので飲みたい時に飲める!
コンビニのアイスコーヒーを買っていたのですが家で作った方がおいしくて買わなくなりました!ここ最近買い物した中で、買ってよかったなベスト1!!!!
Amazonからの口コミ(ECI-660)

3位:ハリオ「アイスコーヒーメーカー V60 急冷タイプ」

1,000円ちょっとで購入できる便利なアイスコーヒーメーカー

「アイスコーヒーは氷を混ぜたり、いくつも容器を用意したりするのが面倒くさい!」という方におすすめなのがV60でおなじみのハリオの急冷式アイスコーヒーメーカー

ドリッパーから抽出されたコーヒーがそのまま氷が入ったアイスストレーナーに注がれて急冷されるので、味の引き締まったアイスコーヒーが簡単に手間なく作れます。

なによりもV60のドリッパーとストレーナーがセットで値段が1,000円ちょっとととてもリーズナブルなので、おいしいアイスコーヒーを手軽に楽しみたい方におすすめです。

ハリオ「アイスコーヒーメーカー V60 急冷タイプ」の口コミ

簡単に美味しいアイスコーヒーが作れます。

ドリップ形式のものですが、あらかじめ中に氷を仕込むことによって簡単にすばやくアイスコーヒーを落とすことができます。
容器、その他のパーツの洗浄も簡単に素早くできます。今までいろいろと使いましたが自分的には久々のヒットですね!
一回で6〜7杯くらいはいけますね。
Amazonからの口コミ

4位:メリタ「ノア SKT54」

専用ではないものの、抜群なアイスコーヒーが作れるコーヒーメーカー

メリタのノア SKT54は決してアイスコーヒー専用のコーヒーメーカーではありません

ただし、かなりしっかりした味わいのアイスコーヒーが作れるのでランキンインさせました。

もともとメリタの1つ穴ドリッパーは、お湯とコーヒー豆が接している時間が長く、コクと香りを引き出しやすいドリッパーです。
そしてノア SKT54はしっかりコーヒー本来のおいしさを引き出すために高温抽出機能があり、アイスコーヒーならではのあの濃厚な味わいもボタン一つで作れます。

また保温性の高いステンレスポット大口径な開け口の組み合わせで、氷を入れやすくキンキンに冷えたアイスコーヒーも長時間飲み頃をキープできます。

コーヒーメーカーとしてもリーズナブルな価格帯で、おいしいアイスコーヒーが作れるおすすめのモデルです。

メリタ「ノア SKT54」の口コミ

人生初めてのコーヒーメーカー!

初めてのコーヒーメーカー私には言うことないです!
こんなに簡単なんだってかんぢ。
今では氷をたくさん入れて1.5㍑の水筒にアイスコーヒー入れて毎日会社に持っていってます!
Amazonからの口コミ

5位:Bruer(ブルーアー) 「Cold Bruer/コールドブルーアー」

本格的なスロードリップを自宅でも手軽に!

カルフォルニア生まれのBruer(ブルーアー)はこれまで専門店でしかなかなか味わえなかったスロードリップの水出しコーヒーを自宅でも手軽に作れるようにしたアイスコーヒーメーカーです。

滴下速度もバルブで簡単に調節できるので、抽出する水出しコーヒーの風味も自在にコントロールできます。

2015IHA国際ハウスウェアショー最優秀イノベイティブプロダクト賞を受賞したシンプルでコンパクト、美しいデザインも魅力の1つです。

Bruer(ブルーアー) 「Cold Bruer/コールドブルーアー」の口コミ

朝には完成!手軽に水出しコーヒーが飲めます。

簡単な装置で、本格的な水出しコーヒーが飲めます。
出来上がるまで半日程度かかりますが、通常のドリップと違い
水出し珈琲はやはり美味しい。何度か失敗しましたが
現在では夜仕掛ければ朝にはしっかりとした水出し珈琲が
飲める生活です。
Amazonからの口コミ
スポンサーリンク

アイスコーヒー用のコーヒーメーカーで暑い夏を乗り切ろう!

アイスコーヒーを作るのに特化したアイスコーヒー用コーヒーメーカーでおすすめのモデルをランキング形式でご紹介しました。

専用のコーヒーメーカーを使えば、自宅でも簡単に本格的なアイスコーヒーが作れます。

暑い日には、家で喫茶店のような濃厚なアイスコーヒーを作ってグビグビいただきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事