ロートから下りてくるコーヒー
コポコポと音をたてながらコーヒーが抽出されていくサイフォン

理科の実験のような独特な器具は、老舗の喫茶店のような雰囲気でインテリアとしても最適です。

ただし、ハンドドリップのコーヒーメーカーと比べると若干値が張るため、「初めてでどれを選んだらいいかわからない」という方や、火を使うので「自宅でアルコールランプの管理が不安…」という方もいるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、敷居が高いように思われがちなサイフォン式のコーヒーメーカーの魅力選び方をおすすめのサイフォン式コーヒーメーカーのランキングとあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

サイフォンの魅力


まず、サイフォン式の魅力は何といっても演出効果の高い見た目です。

耐熱ガラスの中でポコポコとお湯が沸きあがり、コーヒーの粉と混ざって抽出されたコーヒーがフラスコに降りていく様子は、なんともいえない落ち着いた大人の魅力があります。

70年代から喫茶店を中心にサイフォン式コーヒーが広まったため、団塊の世代の方たちにとっては懐かしい光景ではないでしょうか。
そして最近では、若い世代にとっても新たなコーヒーの楽しみ方の一つとして人気が高まっています。

サイフォン式のコーヒーは、繊細なコーヒー豆本来味わいを素直に引き出せるのが特徴です。
ドリップコーヒーと比べると味わいはまろやかになり、誰にでも飲みやすい抽出方法です。

敷居が高いと思われがちで、実際に安定して抽出するには慣れが必要ですが、コーヒー豆の挽き具合、火の強さ、待ち時間にさえ注意すれば、比較的安定した味わいと風味のコーヒーが淹れやすいのも魅力です。

サイフォン式のおいしい淹れ方はコチラを確認

スポンサーリンク

おしゃれでおすすめなサイフォンランキング6選


では、初めてのサイフォンにもおすすめな評価の高いサイフォン式コーヒーメーカーをランキング形式で見ていきましょう。

KONO珈琲サイフォン SK-3A
サイズ:3杯
フィルター:ネル
熱源:アルコールランプ
名門ドリッパーの知名度が高いコーノですが、会社名にサイフォンが入っていることからもわかるように、日本のコーヒーサイフォンの歴史の中でもパイオニア的存在です。
コーノのサイフォンは細部の作り込みがしっかりしていて、コーノらしいレトロな雰囲気のあるデザインも魅力です。
ただし、価格は若干高めなのが残念…。


実際に購入した人の口コミ
とにかくカッコイイです。
コーヒーも意外と上手く、楽しく淹れることができました。
ハリオ ミニフォンDA-1SV
サイズ:1杯用
フィルター:ステンレス
熱源:アルコールランプ
ハリオのミニフォンは世界で一番小さな1人用サイフォン。たった1杯のために時間をかけてコーヒーを淹れることで、コーヒーの価値を高めます。
自分自身のゆったりとしたコーヒータイムや、大事な人に丁寧に淹れる一杯に使いたくなるはずです。
サイズも一般的なサイフォンと比べるとミニチュアのようで、コーヒー好きのインテリアとしても最適。


実際に購入した人の口コミ
一人の時間を楽しんでいます。 コーヒー好き夫婦です。 ペーパードリップ、フレンチプレスと淹れ方にも凝っていましたが、サイフォンは試していませんでした。今回、小型でインテリアにも良さそうなのでこちらを購入しましたが一人分用なので、アルコールランプの炎を見ながらコーヒーが涌く迄の時間を楽しんでいます。
ツインバード サイフォン式コーヒーメーカー
サイズ:4杯用
フィルター:ネル
熱源:電熱
コーヒー専門店の味と雰囲気を、手軽にアルコールランプいらずで楽しめるツインバードのサイフォン式コーヒーメーカー。サーバーを本体にセットするだけで自動で電源が入りコーヒーを抽出します。
電熱式でも、クラシックなデザインにこだわり、コーヒー通がサイフォン式に求めるレトロな雰囲気を演出してくれます。
マグネット式プラグで簡単に電源を切れるので、フラスコを倒してしまった時など、万が一の時にも安心です。


実際に購入した人の口コミ
サイフォン式でコーヒーを淹れてみたかったので購入してみました。サイフォン式は敷居が高くなかなか手が出せなかったのですが電気式で比較的に取り扱いやすいことも購入の理由です。実際に使用してみるとサイフォン式ならではの味わい深い美味しいコーヒーを飲むことができました。
ハリオ テクニカTCA-3
サイズ:3杯用
フィルター:ネル
熱源:アルコールランプ

コーヒー専門店のサイフォンのほとんどが、このハリオのテクニカシリーズ
届いたその日からサイフォン式コーヒーが淹れるのに必要なものがすべて揃ったフルセットで初めての方にもおすすめです。
アルコールランプだけでなく、後から付属品以外のバーナーやヒーターを購入しても使用できるスタンドデザインです。
万が一、ガラスのパーツを割ってしまっても、ハリオのサイフォン式なら交換用パーツが揃っているので、安心して長く使えます。
他にもテクニカシリーズには2杯用・5杯用があります。


実際に購入した人の口コミ
子供の頃、コーヒー好きの母がサイフォンで淹れているのを見るのが楽しみでした。大人になったら自分もサイフォンでコーヒーを飲もうと思いつつ、日々の余裕のなさに結構な大人になった今、はじめて自分のサイフォンを手に入れました!早速2回使ってみて、理科の実験のようでとても楽しく、3歳の娘も興味シンシンで見ていました。いつか娘もマイサイフォンをと思うかも?と楽しみです。
ボンマック サイフォン
サイズ:3杯用
フィルター:ネル
熱源:アルコールランプ

まるで昭和の喫茶店へタイムスリップしたかのようなレトロな渋さが魅力のボンマックのサイフォン
コーヒーを淹れながら雰囲気も楽しむための工夫が凝らしてあります。本体や風ぼうは高級感のあるゴールドメッキ、ハンドル部分はウッド製でよく手に馴染みます。
高級感のある昔ながらのレトロなサイフォンで、贅沢なコーヒータイムを楽しみましょう。


実際に購入した人の口コミ
使いやすい形ですし、3人分までコーヒーを落とせるので夫婦で飲む量を落とすのにちょうどいいです。一番のお気に入りはゴールドのメッキを施しているのがおしゃれです。
ハリオ ソムリエ SCA-5
サイズ:5杯用
フィルター:ステンレス
熱源:アルコールランプ

ハリオが提案するニュースタイルのコーヒーサイフォン
おしゃれなデザインのサイフォンは、ワインのデキャンタージュをイメージして一つ一つ熟練のガラス職人の手吹きによって作られ、ワインを楽しむようにコーヒーの豊かな香りを楽しませてくれます。
これまでのレトロな印象が多いサイフォンとは違う、洗練された近代的なデザインで、『グッドデザイン賞』も受賞しています。
ステンレスフィルターで経済的に使用でき、別売りのパーツを購入すればネルフィルターも使用可能です。他の人とはひと味違うハリオのソムリエで、優雅なコーヒータイムを楽しみましょう。


実際に購入した人の口コミ
チョット贅沢な時間を・・・ハリオの動画を見て購入しました。 こんな優雅な時間は正座をしてお茶をたてているような時がたちます。

サイフォンの選び方


初めてのサイフォンの場合、「どうやって選んだらいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

おいしくコーヒーが淹れられる自分にぴったりなサイフォンを選ぶには、以下のポイントを確認しましょう。

サイズ

サイフォンの選び方

一般的なサイフォンは、一度に何杯のコーヒーが淹れられるのかが商品説明に記載されています。

1杯分専用のミニサイズから5杯分まで淹れられる大きなものまでサイズは様々です。

一度に淹れられる量が増えるにつれてサイズも大きくなるため、設置するスペースも考えながら選びましょう。

フィルター

ハンドドリップのドリッパーと同じように、サイフォン式にもさまざまな種類のフィルターがあります。

1.ネルフィルター

布製のフィルター。

サイフォン式で最もスタンダードなフィルターです。舌触りの滑らかなコーヒーが淹れやすいのが特徴です。

煮沸洗浄など管理が少し面倒ですが、一度購入すれば長期間使用できるので経済的でもあります。

2.ペーパーフィルター


紙製のフィルター。

紙製のフィルターはハンドドリップでよく使用されています。

コーヒーに含まれる油分がペーパーに吸着するため、クリアですっきりとした味わいのコーヒーを淹れやすいのが特徴です。
使い捨てでコストがかかりますが、使用後は捨てるだけなので手間がかかりません

3.金属フィルター

ステンレスなど金属でできたフィルター。

コーヒーの油分までしっかりと通過させるため、コーヒー本来の酸味やコク、甘味などが抽出されたコーヒーが淹れやすいのが特徴です。
使用後は洗う手間がありますが、金属製で半永久的に使えるため経済的です。

熱源

自宅で家庭用としてサイフォン式コーヒーメーカーを購入する場合、熱源にも注意が必要です。

オーソドックスなアルコールランプは、火の揺らぎを楽しみながらコーヒーが淹れられる魅力がありますが、自宅で使用するのにアルコールを保管するのが不安という方も少なくありません。

そこでアルコールランプを使うのが心配という方のために、電熱を使用したサイフォン式コーヒーメーカーも販売されています。
また、ビームヒーターとも呼ばれるハロゲンタイプの熱源やカセットコンロから簡単にガスが充填できるコンパクトタイプのガスバーナーも販売されています。

サイフォンで優雅なコーヒータイムを楽しむ

コポコポと音をたてながら抽出されていくコーヒー、アルコールランプの小さな火の揺らめき、部屋に広がる豊かな香り、サイフォンには他のコーヒーの抽出方法にはない魅力があります。

単純にコーヒーを飲むためだけにコーヒーを淹れるのではなく、“コーヒーを淹れる”ゆったりとした時間を優雅に楽しむのにピッタリのコーヒーアイテムです。今回ご紹介した情報を参考にしながらサイフォンでより一層コーヒーの魅力を味わいましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事