ドリップコーヒーを楽しむのに、欠かせないコーヒーケトル。

お湯の注ぎ口が細長い形状のケトル(やかん)のことです。
コーヒーを美味しく入れることに特化したものです。

コーヒーケトルの魅力とおすすめの直火用コーヒーケトルを紹介
するので、参考にしてくださいね。

あなた好みのコーヒーケトルを見つけて下さい。

スポンサーリンク

コーヒーケトルの魅力

ドリップコーヒーにコーヒーケトルがおすすめの理由は、その特徴的な形状にあります。

注ぎ口が広い一般的なケトルを使用すると、お湯を注ぐ際に大量のお湯が一気に注がれます。
もちろんそれでもコーヒーは淹れられますが、実はコーヒーの風味にはお湯と粉の接触時間が影響しており、ゆっくりとお湯を注ぐことが望ましいのです。

ドリップコーヒーの抽出方法は、簡単なようで複雑です。

お湯と粉の接触時間が長いほど、またお湯よりも粉の比率が高いほどコーヒー成分の抽出量は増えます。

つまり、一気にお湯を注ぐと接触時間は短くなり、お湯の比率が高くなるので、十分にコーヒーが抽出されない可能性があるのです。
酸味が強かったり、雑味の原因にもなります。

コーヒーケトルを使用すれば、一定量を時間をかけて注ぐことが可能になるので、より風味のよいコーヒーを淹れられます。
 

ドリップコーヒーに適したものが、コーヒーケトルです。

いつでも好きな時に、あなた好みのドリップコーヒーを堪能できるアイテムです。
 

スポンサーリンク

直火専用のおすすめコーヒーケトル

コーヒーケトルと言っても、様々な種類があります。

そこで、おすすめのコーヒーケトルを紹介するので、お気に入りを見つけて下さいね。
 

月兎印 ホーロースリムポット

  • サイズ:約 幅 225mm×奥行き 110mm×高さ 195mm
  • 重さ:約 580g
  • 容量:約 1.2L( 満水時 )
  • 素材:ホーロー
  • カップ数:5~6杯

大正時代から長年愛され続ける月兎印。
ホーローの製造技術をもとに、家庭用から業務用まで長く愛され続けています。

静かに垂直にお湯を注げるので、コーヒードリップに最適です。

また、持ち手は絶妙なカーブで握りやすい形で、手に取りやすいように少し大きめにしています。

ホーロー素材の良いところ
  1. 金属臭がしないので、美味しいお湯が沸かせる
  2. 汚れがすぐに落ちるので、お手入れが簡単!
  3. 素早く温まり、沸かしたお湯が冷めにくい

1つずつ職人が手作りで造っているので、個体差が発生します。
マイケトルのように愛着がわいてきますよ。
 

月兎印 ホーロースリムポットの口コミ

使いやすい商品!

以前買った、月兎印スリムポット0.7Lのブルーの色が良かったので、今回は1.2Lのグリーンを購入届いて早々使用してみました。
0.7Lは軽くて、二人分のコーヒーを入れるのにはベストですし、1.2Lは、お湯に少し余裕があり、どちらも使いやすい商品でした。
次回は、友達にプレゼント用に購入しようと思います。
楽天市場より
リピートです。

今までも、同じ製品のブラウンを使用(今はブラウンがないようで、ちょっと残念(´;ω;`)
17年ほど使って、内側の釉薬が剥がれ、錆が浮いてきてしまったので、2代目として購入しました。
注ぎ口が細くて注ぎやすく、切れが良く液だれをしない所が気にってます。
見た目も可愛くて、実用性もいいので、これからもずっと使っていきたいです。
楽天市場より
 

珈琲考具のコーヒードリップポット

  • サイズ:幅32.5×底径14×高さ16cm
  • 重量:約390g
  • 容量:約満水1L・適正0.7L
  • 素材:本体・フタ➡ステンレス鋼(クロム18%・ニッケル8%)/底➡ステンレス鋼(クロム18%、底厚0.5mm)/ハンドル・ツマミ➡天然木
  • カップ数:3~4杯

一滴の湯量にも調整できるから、思い通りのドリップができるコーヒーケトルです。

その秘密は、超極細ノズルにあります。
雫のようにポタポタ落とせたり、糸のようにツーっと絶妙な湯量調整が可能です。

なので、初心者の方でも思い通りのハンドドリップコーヒーが楽しめます。

また、狙ったところに注げるので、自由自在にお湯を操れます。

シンプルかつスタイリッシュなデザインなので、キッチンに置いていてもオシャレです。
 

珈琲考具のコーヒードリップポットの口コミ

抜群の使い心地!!

お湯の流出量のコントロールが簡単ですし、見た目も美しい。
抜群の一品です。
初心者でも使いやすいです。
傷などもありませんでした。
コーヒーを淹れるのがとても楽しいです。
楽天市場より
コーヒーの味が変わりました

コーヒーが大好きで、毎日ハンドドリップしてます。
今までは間に合わせのティーポットでドリップしていました。
そろそろ良いポットが欲しくなり、こちらを使ったらコーヒーの味がかなり変わりました。
狙ったところに思い通りに気持ち良く注げますし、直火にかけられるのも良いです。
さすがのポットでした。
雑味のないクリアでまろやかなおいしさで、自分のウデが上がったのかと勘違いしそうになりましたが、ポットのおかげに間違いないです。
ちょこんと見せて置いてもかわいいのでとっても気に入りました。made in japan はやっぱり素晴らしいですね。
楽天市場より
 

コンパクトサイズのプアオーバーケトル

  • サイズ:φ67 x W178 x D90 x H90 mm
  • 容量:430 ml
  • 材質:ステンレス鋼 (クロム 18%、ニッケル 8%)
  • カップ数:1~2杯

上質でストレスフリーなドリップケトルです。
コーヒーをドリップするうえでのストレスを最小限に抑えたデザインです。

錆びにくく耐久性に優れ、質感、強度、扱いやすさを考慮した適度な厚みで、歪みのない優美なフォルムです。

フラットな印象ですが、適度な厚みとカーブによって持ちやすく、フィットしやすいハンドルです。
 

また、コントロール自在な注ぎ口なので、お湯の落ちる位置や量、スピードを思い通りにコントロールできます。

湯切れも良いので、ドリップコーヒーを楽しむのに最適です。
 

プアオーバーケトルの口コミ

全然違う!

コーヒー初心者です。
今まで茶器でいれていました。
何も変わらないだろうと思っていましたが大違いでした。早く買えばよかったです。
場所を取りたくないし1.2杯しか入れないのでこのサイズは丁度いいです。
コーヒータイムがさらに楽しくなりました。
楽天市場より
可愛いサイズ!

カワイイ。でもガスコンロでは小口にぎりぎり。
ちょっと不安定ですが、2/3以下の容量にして弱火にすると使えました。
加減を超えると、沸騰で注ぎ口から湯が溢れ出てしまいます。
楽天市場より
 

KEYUCA ケユカ DENK II ドリップポット

  • サイズ:W22.5×DΦ9×H13.5cm
  • 重量:約375g
  • 容量:600ml/満水容量650ml
  • 材質:18-8ステンレス鋼
  • カップ数:4杯

持つ楽しみを与えてくれるデザイン性の高いDENKドリップポットです。

湯量を安定させて注ぐことができる細口ノズル
お湯を注ぎたい場所に落とせるので、初めての人でも美味しいコーヒーが淹れらる工夫がされています。

女性でも持ちやすい取手で、ストレスなく湯量のコントロールが可能です。

上品な質感と、無駄のないフォルムが美しいデザインです。
見た目と使いやすさにこだわったアイテムです。

あなた好みの一杯を堪能できます。
 

KEYUCA ケユカ DENK II ドリップポットの口コミ

やかんとは全然違う!

これまで普通のやかんでコーヒーを淹れていましたが、ドリップポットだと、本当に味が変わり、びっくりしました。
電気ポットタイプと迷いましたが、まずはドリップポットを試してみようと思い、こちらを購入。
やかんからお湯を入れていますが、特段不便なく、何より見た目が気に入っているので、このままでいいかなと思っています。
満足!

最初は小さいかなと思いましたが、どこにおいても邪魔にならないサイズで、ちょうどよい。
ゆっくりゆったりとコーヒーをいただいています。
楽天市場より

 

created by Rinker
¥2,739 (2022/05/18 12:33:40時点 楽天市場調べ-詳細)

HARIO ハリオ V60 ドリップケトル・フィット VKF-120-HSV

  • サイズ:幅263×奥行144×高150mm
  • 材質:本体・フタ➡ステンレス/フタツマミ・ハンドル➡フェノール樹脂
  • 容量:800ml
  • カップ数:3~4杯

注ぎやすさを考えた、注ぎ口とハンドル形状。

注ぎ口の形状をより注ぎやすくコントロールしやすい形状にしました。
また、ハンドルの持ち方にこだわり、コーヒードリップシーンに「フィット」する新しいケトルです。
 

HARIO ハリオ V60 ドリップケトル・フィット VKF-120-HSVの口コミ

満足!!

思っより大きく無くスペースもとらず、スッキリ使っています。
色を迷いましたがキッチンの一部となり目立たず私の好みでよかったです!
楽天市場より
コーヒーをおいしく、国産ドリップケトル

最近中国製ステンレス製品を2度購入し、その出来のひどさに辟易していたので、ドリップケトルは国産であることを優先しました。(Harioでも国産と中国製とあります)
また、ホーローやコーティングで色がブラウンのものは剥げる心配があるのでステンレスにしました。

普段は毎回500mlのコーヒーを入れるので、800mlのこのケトルがちょうどよかったです。
親指をかけて持てるハンドルがもちやすいです。
思っていたよりも注ぎ口から出るお湯の量がけっこうありますが、慣れれば細くドリップできそうです。
水量ここまで、の印がついているとよかったです。毎回スケールの上に載せて水量を測りながら水を入れる(Britaの水)か、やかんで沸かしたお湯をこのケトルにいれています。
全体的には満足できるドリップケトルです。
毎日おいしいコーヒーをいただいてます。

楽天市場より
  

直火用コーヒーケトルのまとめ

ドリップコーヒーは、

  • 始めに少量のお湯で蒸らすこと
  • ゆっくりとお湯を注ぐこと

この2つが特に重要です。
 

一定量のお湯を、時間をかけて注ぐことでより味わい深い美味しいコーヒーが楽しめます。

そんなドリップコーヒーを楽しむために欠かせないのが、コーヒーケトルです。

おすすめのコーヒーケトルもまとめて紹介したので、あなた好みの1品を見つけて下さいね。
 

美味しいドリップコーヒーで、あなたもリラックスタイムを満喫しましょう。


 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事