まだまだ暑い日が続きます。ジリジリとした日には、冷たく爽やかなアイスコーヒーが飲みたくなりますよね。最近ではコンビニコーヒーでもおいしいアイスコーヒーが飲めますが、自宅にアイスコーヒーメーカーがあれば、いつでも飲みたい時に本格アイスコーヒーが楽しめます。そこで今回の記事では種類やタイプ別に人気のアイスコーヒーメーカーをランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

2つのタイプから選ぶアイスコーヒーメーカー


アイスコーヒーメーカーを選ぶ時には、大きく分けて“ドリップ式アイスコーヒーメーカー”“水出し式アイスコーヒーメーカー”の2つに分けることができます。それぞれ特徴やメリット・デメリットがあるので、ライフスタイルや好みに合わせて選びましょう。

ドリップ式アイスコーヒーメーカー


ドリップ式コーヒーメーカーは、濃いめのホットコーヒーをドリップで抽出して、氷の上に落とし急冷するタイプです。アイスコーヒーは普通のコーヒーメーカーでも作れますが、アイスコーヒー対応の電動のコーヒーメーカーは保温ポットで冷たいアイスコーヒーを長時間キープできます。

ドリップ式で入れたアイスコーヒーはコーヒーの持つ香りや苦味を抽出しやすいのが特徴です。

ドリップ式で気をつけたいのが氷。家庭用の製氷機で作った氷の中には空気や不純物が含まれているため、コーヒーの香りが損なわれてしまう ことがあります。純粋なアイスコーヒーの香りを楽しむには、市販のロックアイスを使用しましょう。

ドリップ式のメリット・デメリット
【メリット】
・抽出にかかる時間が短く、飲みたい時にすぐ入れられる
・コーヒーサーバーのサイズ次第で一度にたくさん入れられる
【デメリット】
・使用する氷の質でアイスコーヒーの味が大きく変わる
・ロックアイスを購入する場合、一杯あたりの値段が高くなる

水出し式アイスコーヒーメーカー


水出し式のアイスコーヒーメーカーは、名前の通りお湯ではなく水を使って抽出します。水出し式には、コーヒーの粉を水に浸ける冷浸式”と、一滴ずつ水を垂らして抽出するダッチコーヒーとも呼ばれる“ウォータードリップ式”の2種類があります。

アイスコーヒーを作るには、簡単に冷蔵庫で冷やしながら抽出できる冷浸式のアイスコーヒーメーカーがおすすめです。水とコーヒーの粉をセットして冷蔵庫に入れて、一晩おくだけでアイスコーヒーができる手軽さが魅力です。水で抽出することで、コーヒー豆の持つ旨み成分だけを引き出すため、エグみのない爽やかな味わいになります。

注意が必要なのはアイスコーヒーメーカーのサイズ。冷浸式の場合、冷蔵庫で冷やすため、コンパクトサイズのものが重宝しますが、小さすぎると作れるアイスコーヒーの量が少なくなる ので、一度に必要な量と冷蔵庫のスペースを考えながらアイスコーヒーメーカーのサイズを決めましょう。

水出し式アイスコーヒーメーカーのメリット・デメリット
【メリット】
・水出しならではのスッキリとしたコーヒーが飲める
・水とコーヒーをセットするだけの簡単抽出
・コーヒーメーカーが比較的リーズナブル
【デメリット】
・アイスコーヒーができるまでに時間がかかる
・一度に作れる量が比較的少ない
では、さっそくドリップ式と水出し式でおすすめのアイスコーヒーメーカーをランキング形式でご紹介したいと思います。
スポンサーリンク

おすすめのアイスコーヒーメーカーランキング5選

ハリオ 水出し珈琲ポット MCPN
コスパ抜群で初めての水出しアイスコーヒー作りにピッタリ
サイズ:138mm×94mm×294mm
杯数:8杯1,000円以下で購入できるハリオの水出しコーヒーポット。コーヒーと水を入れて冷蔵庫に入れておくだけで、豆本来の味と香りが味わえる水出しコーヒーが作れます。できあがったコーヒーはそのままポットに入れて保存できるので便利です。水出しコーヒーにチャレンジしてみたいという方にピッタリのコーヒーメーカーです。
実際に購入した人の口コミ
抽出に8時間かかるけど、寝る前、仕事行く前にセットしておけば、飲みたいときに飲める。思ったよりスリムな形で2本冷蔵庫に入れても圧迫感なし。このデザインなら、自宅にお客様が来ても堂々と出せる。
この水出し飲んだら、ちょっとペットボトルコーヒーや缶コーヒーは飲めないな。この味、やみつきになる。クリアな味だけど、コク、香りOK。しかも雑味なし。ゴクゴクいっちゃっています。

シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121・122
オールインワンの全自動高級コーヒーメーカー
サイズ:160mm×270mm×390mm
杯数:4杯コーヒー専門店などプロが使用するコーン式のミルを搭載したシロカの全自動コーヒーメーカー。挽き目は無断階で調整でき、コーン式で粒度が一定なため、より香り高くコーヒー本来の味わいをそのまま引き出します。全自動で抽出されたコーヒーは、真空2重ステンレスサーバーで淹れたてのおいしさを長くキープ。直感的な操作パネルで挽き方・テイスト・杯数・タイマーと自由にセットできます。高級モデルで価格は2万円以上 しますが、アイスコーヒーコースもあるので、これ一台でオールシーズン挽きたて・入れたてのコーヒーが楽しめます。
実際に購入した人の口コミ
刃の形状がコーン式で、抽出量も丁度良く、タイマー付き、ステンレスサーバーという点が求めている条件にぴったりで、実際にとても重宝しています。ただ一点、ここまで使い勝手が良いのになぜ…と毎回残念な気持ちになるのがサーバーの作りです。非常に液だれしやすく、サーバー内部のフタを固定するための出っ張り?のせいで、微妙に残ったコーヒーを完全にカップに移しきるのに苦労します。

サーモス アイスコーヒーメーカー ECI-660
可愛らしいデザインのアイス専用コーヒーメーカー
サイズ:180mm×285mm×325mm
杯数:2-3杯マイコンでアイスコーヒーに最適な蒸らし時間を制御しながら、丁寧にドリップするサーモスのアイス専用コーヒーメーカー。真空ボトルを多く手がけるサーモスの高品質な2重構造サーバーで作りたてのおいしさをキープします。給水タンクが0.31Lと小さく一度にたくさんは作れません が、コンパクトサイズなので置く場所に困りません。バニラホワイトとミントブルーの2色展開で、可愛らしいデザインなのでインテリアとしてもおすすめです。
実際に購入した人の口コミ
美味しいアイスコーヒーが飲めました!ドリップすれば良い話なんですが夏は暑いしお湯を沸かす手間も省け簡単です。水の目盛りが若干、見にくいですが買って良かった商品でした!

ハリオ フィルターインコーヒーボトル FIC-70
飾りたくなる洗練された水出しコーヒーボトル
サイズ:87mm×84mm×300mm
杯数:5杯ワインボトルのような洗練されたデザインのハリオ フィルターインコーヒーボトル。冷蔵庫のドリンクホルダーに入るコンパクトサイズで、一度に5杯分のアイスコーヒーが作れます。水出しでコーヒー本来の味わいや香りを引き出しやすい専用のメッシュフィルターを採用していて、約8時間でまろやか&スッキリな水出しコーヒーが完成します。おしゃれなデザインが、リビングを落ち着いた雰囲気にしてくれます。
実際に購入した人の口コミ
冷蔵庫に入れた時に、ハンドル付きのボトルだと幅をとるけど、これはすっぽり収まっていい感じです。シリコン素材のフタをしめる時に、ちゃんとしまっているのか不安になりますが、実際はちゃんとしまっているようで、注ぐ時に漏れたりはしません。コーヒーをセットして冷蔵庫で8時間、まろやかで美味しいアイスコーヒーを飲むことができます!

メリタ ノア SKT52
アイスも淹れられるコーヒー好きのためのコスパ抜群コーヒーメーカー
サイズ:269mm×152mm×311mm
杯数:2-5杯コーヒーのコクと香りをじっくりと抽出するメリタ式1つ穴フィルターのコーヒーメーカー。ハンドドリップでも愛用者の多い定番のフィルターで、しっかりコーヒーのおいしさを引き出します。ステンレス製真空2重構造のポットを採用しているので、ホットもアイスも飲み頃の適温を長時間キープできます。ステンレス製ポットは口径が大きくお手入れがしやすいのもメリタのコーヒーメーカーならでは。実売価格5,000円前後のこれ一台でホットコーヒーもアイスコーヒーも楽しめるコーヒー好きのためのコーヒーメーカーです。
実際に購入した人の口コミ
色々なコーヒーメーカーがあって迷いましたがレビューと見た目で決めました。今まで使っていたものより豆の味の違いがクリアにわかる気がします。
給水タンクは外れませんが、今まで使っていたものも外れないタイプだったので問題なく使っています。

手軽に自宅でアイスコーヒーデビューしよう


ご紹介したアイスコーヒーメーカーを使えば、自宅でも簡単に本格的なアイスコーヒーを入れることができます。アイスコーヒーメーカーはタイプによって抽出にかかる時間や特徴が異なるので、今回の記事の内容を参考にしながら自分のライフスタイルにぴったりのコーヒーメーカーを見つけましょう。