夏の暑い日には、身体に染み渡るようなしっかり冷えたアイスコーヒーが飲みたくなります。でも、「アイスコーヒーはなかなか自宅でおいしく入れられない…」と思われている方も少なくありません。そこで今回の記事では、自宅にあるドリップバッグを使って簡単においしいアイスコーヒーを入れる方法をご紹介します。
あわせて、アイスコーヒーに向いているコーヒーバッグもご紹介します。

スポンサーリンク

ドリップバッグでアイスコーヒーを入れる2つの方法


ギフトやプレゼントの定番であるドリップバッグ。インスタントコーヒーを淹れるような手軽さでドリップコーヒーが飲めるので、忙しい時に助かりますよね。実はドリップバッグを使えば、アイスコーヒーだって簡単においしく淹れることができるんです。

ドリップバッグを使ってアイスコーヒーを入れる場合、“急冷式”と“水出し式”の2つの方法があります。

飲みたい時にすぐ飲める“急冷式”


急冷式の入れ方は、ドリップバッグを使ったホットコーヒーの入れ方とほとんど変わりません。ただし、アイスコーヒーにするために少量の濃いコーヒーを抽出して、氷で冷やすのが特徴です。飲みたい時にいつでもアイスコーヒーが飲めるのがメリットです。

急冷式のアイスコーヒーのおいしさのカギとなるのが“氷の質”です。自宅で作る氷は白っぽく、中に空気が含まれていて、抽出されるアイスコーヒーの雑味の原因となってしまいます。できればロックアイスを購入して、冷凍庫で保管しておくと、飲みたい時にいつでもおいしいアイスコーヒーが楽しめます。できあがるアイスコーヒーはドリップバッグ1個で130ml前後と少なめですが、スッキリとして飲みやすく、牛乳を加えてカフェラテにしてもおいしく飲めます。

材料:
・お湯 70ml
・氷 適量
・ドリップバッグ 1個

急冷式のアイスコーヒーの入れ方
1.グラスに大きめの氷を2~3個入れる。
2.お湯を沸かしている間にドリップバッグをグラスにセットする。
3.お湯を粉全体に少量注いで30秒蒸らす。
4.残りのお湯を数回に分けて注ぐ。
5.抽出が終わったらドリップバッグを外して、氷を1個追加して完成。

じっくりと旨みを抽出する“水出し式”


水を入れたポットにコーヒーの粉を漬け込んで作る水出しコーヒー。お湯を使わないため雑味が抽出されず、コーヒーの旨みだけが引き出され、スッキリとしつつも豆本来のコクが楽しめるのが特徴です。ポットに準備してから飲めるようになるまで半日かかってしまうのがデメリット ですが、ドリップバッグがいくつもあるなら、一度にポットの大きさに合わせてたくさんのアイスコーヒーが作れるのがメリットです。

コーヒーの粉8gに対して、100mlの水が基本になります。ドリップバッグは1個に8~10gのコーヒーが入っているので、包装の内容量を確認して水の量を調整します。コーヒー人気の高まりで“コールドブリュー”という言葉もよく耳にするようになりましたが、この方法なら特別な道具を用意せずに自宅で水出しコーヒーが楽しめます。

材料:
・ポット 
・ドリップバッグ(8gのもの)5個
・水 500ml

水出し式のアイスコーヒーの入れ方
1.ポットに水を入れる。
2.ドリップバッグのカップにかける紙の部分はハサミでカットする。
3.ドリップバッグをポットに入れて、空気を抜くように水の中に沈める。
4.常温なら8時間、冷蔵庫なら12時間かけて抽出すれば完成。
*完成後に冷蔵庫で保存する場合は、ドリップバッグを取り出して雑味が出るのを防ぎます。
スポンサーリンク

アイスコーヒー用に向いているドリップバッグ


ドリップバッグにも、コーヒーメーカーのブレンドや、産地別など、いろいろな種類があります。ではアイスコーヒーを作るにはどんなドリップバッグが向いているのでしょうか?

1.アイスコーヒー専用のドリップバッグ

コーヒーメーカーによっては、アイスコーヒー用のドリップバッグを用意しているところがあります。アイスコーヒーにすることを考えて、コクと苦味がしっかりと感じられる深煎りのコーヒー豆を使用しているため、満足感のあるアイスコーヒーが楽しめます。

マグドリップ 深煎りロースト12g

アイスコーヒーがたっぷりと楽しめるように普通は8gのところ、深煎りローストのコーヒーをたっぷり12g詰め込まれているので、コクのあるアイスコーヒーをたっぷりゴクゴク飲みたい方におすすめです。

何度のんでも・・・♪やっぱりこれが好き♪
いつも必ずストックしています。
今回は自宅用ですが、会社で飲むコーヒーにも、こちらのマグドリップを愛飲しています。
日に少なくとも5~6杯はコーヒーを飲みますが、マグカップでたっぷり飲みたい方にはとってもオススメです。

2.アイスコーヒーには「コロンビア」と「マンデリン」

 


産地からドリップバッグを選ぶ場合、おいしいアイスコーヒーのためのおすすめの産地は「コロンビア」「マンデリン」です。

コロンビアの豆は、はっきりとした苦味と力強いコクが特徴。アイスコーヒーらしい苦味のあるパンチの効いた味わいが楽しめます。できれば苦味をしっかりと抽出できるように細挽き&中深煎りにしましょう。

マンデリンの豆は、世界一とも言われる深いコクが特徴です。コクの中にまろやかな甘味も感じることができるため、特に水出し式で上品な味わいのアイスコーヒーを淹れることができます。

 

ドリップバッグでアイスコーヒーを楽しもう

暑い夏の日に飲みたくなるアイスコーヒー。実は自宅でもドリップバッグを使って簡単に淹れることができます。飲みたい時にすぐ作れる急冷式とじっくりと旨みを抽出する水出し式の2つの方法があるので、その時のシチュエーションに応じて使い分けるようにしましょう。まだまだ暑い日が続きますが、今年の夏は自宅でドリップバッグを使っておいしいアイスコーヒーを淹れて乗り切りましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事