労働環境向上のために“オフィスコーヒー”を導入する企業が増えています。「うちもそろそろ…」と考えておられる方も少なくないのではないでしょうか。

ただし、選ぶ段階になると各メーカーごとにさまざまな業務用コーヒーメーカーがラインナップされているので「どれを選んだらいいかわからない…」という声もよく聞かれます。そこで今回の記事では、オフィスコーヒー導入におすすめのタイプ別コーヒーメーカーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

業務用コーヒーメーカーの選び方

 

業務用のコーヒーメーカーを選ぶ際には、まずコーヒーメーカーのタイプを選ぶ必要があります。主にオフィスコーヒー用に導入されているコーヒーメーカーには2種類があります。

カプセルタイプのコーヒーメーカー

カプセルを本体にセットするだけで、手軽に本格的なコーヒーができるカプセルタイプのコーヒーメーカー。カプセルタイプのコーヒーメーカーを1台導入するだけで、カプセルを換えながらレギュラーコーヒー以外にも、カプチーノやキャラメルラテ、紅茶、抹茶などレパートリーに富んだドリンクメニューが楽しめるのが特徴です。

ドリンクが完成したらカプセルを捨てるだけなので、普段のお手入れの手軽さも魅力の一つです。使用するカプセルには互換性がないため、選ぶ際に機種やブランド毎に提供されているカプセルの種類を確認する ことが大切です。

こんなオフィスに選ばれている
選べる楽しさがあるので、小規模オフィスの休憩スペースや、店舗のお客様用待合スペースなどに設置されるケースが多いです。

ブリューワータイプのコーヒーメーカー


ブリューワータイプは、ガラスやステンレス製のサーバーに数杯分のコーヒーをまとめて抽出しておくタイプのコーヒーメーカーです。一度に沢山の量のコーヒーを作ってためておけるので、飲みたい時にすぐに飲めるのが特徴です。保温性の高いサーバーのコーヒーメーカーを選べば、電気を使わずに飲み頃の温度を保つことができ、節電にもつながります

コーヒー豆や粉は市販のものが使えるので、選ぶコーヒーの種類でランニングコストを低く抑えることも可能です。

こんなオフィスに選ばれている
会議などで一度にたくさんの飲み物を用意する必要があったり、できるだけランニングコストを抑えたいと考えているオフィスによく選ばれています。

ドリップバッグタイプもよく選ばれている


コーヒーメーカーではありませんが、オフィスコーヒーを導入するのによく選ばれているのがドリップバッグタイプのコーヒーセットです。一杯分ずつ個包装されているので、自分が飲みたいものを選んで淹れたてのコーヒーが楽しめます

コインを入れるボックスを付けるなど、利用者が代金を支払う決まりを作れば、会社負担を非常に低くして利用できます

こんなオフィスに選ばれている
設置スペースもほとんど必要なく、給湯器があればすぐに使えるので、スペースが限られているオフィスや、既存のレイアウトにそのままオフィスコーヒーを導入したいオフィスに選ばれています。
スポンサーリンク

タイプ別|人気のコーヒーメーカー5選


では早速オフィスコーヒーでよく導入されているコーヒーメーカーをご紹介したいと思います。自社のニーズに合わせたコーヒーメーカー選びの参考にしましょう。

カプセルタイプのコーヒーメーカー

1.ネスカフェ ドルチェグスト ピッコロ


高級感のあるカラーと、キュートでスタイリッシュなデザインが魅力のネスカフェ ドルチェグスト ピッコロ。風味にこだわった8種類のブラックコーヒーに加え、カプチーノやココア、ティーラテ、宇治抹茶ラテなど、これ一台でコーヒーショップのようなバラエティーに富んだドリンクメニューが楽しめます。選ぶ楽しみでお客様への満足度も高いコーヒーメーカーです。

2. ネスレ ネスプレッソ ラティシマ・タッチ


ネスレが提供するネスプレッソは、専門店のような本格的なエスプレッソを手軽に楽しめるのが特徴のシリーズです。23種類ものブラックコーヒーがラインナップされていて、コーヒー通も満足させるようなシングルオリジンのカプセルもあります。

ラティシマ・タッチはさらにワンタッチでミルクを加えたメニューも楽しめます。

ブリューワータイプのコーヒーメーカー

3.サーモス 真空断熱ポット


真空断熱ポットに直接ドリップして、長時間飲み頃の温度をキープしてくれるサーモスのコーヒーメーカー。10杯分まで作れるので小規模オフィスにピッタリのサイズです。蒸らし機能でコーヒーのおいしさまでしっかり抽出してくれます。真空断熱ポットはアイスコーヒーも結露を防ぎながら保冷できるので、季節に応じたコーヒーメニューが楽しめます。

4.カリタ 業務用ドリップマシン


2.5Lの大型ステンレスポットを搭載したカリタの業務用ドリップマシン。一度に最大1,7Lのコーヒーを抽出でき、一時間に約60杯分のコーヒーを抽出する能力があるので、中規模~大規模なオフィスにも対応可能です。抽出されたコーヒーはサーバーのレバーをプッシュするだけでカップに注げるので、誤ってサーバーを落として壊してしまう心配もありません。

ドリップバッグタイプのコーヒーメーカー

5.ブルックス ドリップバッグコーヒーセット


一杯分ずつの個包装で淹れたてのドリップコーヒーが楽しめるブルックスのドリップバッグコーヒー。ポットや給湯器など、お湯さえ用意できれば簡単にオフィスコーヒーが導入できる気軽さが魅力で多くの企業にも選ばれています。産地別の商品バラエティも豊富で飽きさせず、窒素充填パックのドリップバッグは開ける時から新鮮なコーヒー豆の香りを楽しめます。

オフィスコーヒーで労働環境向上


最近では、労働環境の向上のためにオフィスコーヒーの導入を検討している企業が増えています。オフィスコーヒーは多くの方の予想よりも気軽に導入することができます。今回ご紹介したオフィスコーヒーにおすすめのコーヒーメーカーを参考にしながら、労働環境を向上させていきましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事