豆を挽いたり、ドリッパーを用意したりといった手間なく、手軽にレギュラーコーヒーが飲めるドリップバッグ。便利で重宝しますが、中には「味がちょっと物足りない…」と思われている方もいるかもしれません。そんな方に今回ご紹介するのが、ドリップバッグのコーヒーの味をしっかり引き出す2つの“コツ”。参考にしながら、満足度の高いコーヒーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

おいしく淹れる2つの“コツ”


ドリップバッグのコーヒーをおいしく淹れる“コツ”はたった2つだけです。手軽に飲めるのがメリットのドリップバッグですが、“お湯の温度”“蒸らし”にちょっとこだわるだけで、コーヒー本来の風味を引き出すことができます。

“お湯の量・温度”で味と香りが変わる


ドリップバッグのコーヒーを飲んだ感想としてよく聞くのが「味が薄い…」「香りがない…」というもの。

もちろん包装されてから時間がかなり経ってしまったドリップバッグの場合、酸化が進んでしまっていてどんなに工夫しても、なかなかおいしく淹れられません。ただし、多くの場合、ドリップバッグのコーヒーが薄かったり、香りがしなかったりするのは、お湯の量が多すぎるお湯の温度が高すぎる のが原因です。

ドリップバッグの包装の裏にはお湯の量が記載されています。コーヒーの粉とお湯の量の理想は1:15です。例えば、ドリップバッグのコーヒーの粉の量が9gなら、理想のお湯の量は135mlになります。135mlだと、大体マグカップの半分くらいまでのお湯の量が目安になります。意外と少ないですよね。

当然お湯の量が多すぎれば、抽出されるコーヒーの味は薄くなってしまいます。そのため、お湯の量はしっかり包装に記載されている量を守るようにします。そしてちょうどいい量が抽出できたら、早めにドリップバッグをカップから外しておくと、雑味まで抽出されてしまうのを防げます。

また、お湯の温度にも注意が必要です。電気ケトルから沸騰したお湯を直接注いだりしていないでしょうか? コーヒーの理想の温度は、82℃~90℃くらいとされています。お湯の温度が高すぎると、コーヒーに含まれる雑味までしっかり抽出されて渋みやエグミのあるコーヒー になってしまいます。

簡単に沸騰したてのお湯を適温に下げるには、沸騰したてのお湯を別のポットに移すのがおすすめです。待ち時間なくお湯を適度に下げることができます。また、電気ケトルからマグカップにお湯を一度注ぎ、マグカップを10秒ほど温めてから再び電気ケトルに戻す方法もおすすめです。お湯は抽出するのにちょうどいい温度になり、マグカップも温められるのでコーヒーの温度を飲み頃に長くキープできます。

逆に温度が下がりすぎると、酸味が強調されて香りが弱くなるので注意しましょう。

“蒸らし”で旨さを引き出す


2つ目のコツは“蒸らし”です。ドリップバッグにいきなりお湯を全部注いでしまうと、おいしいコーヒーは淹れられません。コーヒーの粉は、ミクロの穴がたくさん空いている構造なため、最初にお湯を染み渡らせることでお湯の通り道を作り、コーヒーの旨み成分をしっかりと引き出せるようになります。蒸らしのコツは、しっかりと粉全体をお湯で濡らすこと理想の蒸らし時間はお湯を注ぎ始めてから約30秒と言われています。

少しじれったい時間かもしれませんが、この間にコーヒーのアロマ成分も抽出されやすくなり、コーヒーの良い香りもしてきます。コーヒーの香りにはリラックス効果もあるので、じっくりと香りを楽しみながら待ちましょう。

スポンサーリンク

おいしい淹れ方の手順


2つのコツをしっかりと取り入れつつ、ドリップバッグでおいしいコーヒーを淹れる手順をおさらいしておきましょう。

1.お湯を電気ケトルでしっかりと沸騰させます。一度沸騰させることでカルキなども抜けるので、クリアなコーヒーが淹れられます。
2.お湯を沸かしている間に、ドリップバッグを準備しておきます。
3.お湯をマグカップに注いでマグカップを温め、お湯の温度も適温まで下げます。
4.電気ケトルにお湯を戻し、ドリップバッグをマグカップにセットします。
5.しっかりとお湯を粉全体に染み渡るようにかけて、30秒間蒸らします。
6.残りのお湯を注いで、必要な量が抽出できたらドリップバッグを外して完成です。

 

ドリップバッグでも2つのコツでおいしいコーヒーを飲もう


手軽に飲めるのがメリットのドリップバッグですが、中には味に満足できない方も少なくありません。ただし、2つのコツを守るだけで、ドリップバッグでもおいしくコーヒーを淹れることができます。簡単にまとめておきましょう。

2つのコツ
・お湯の量/温度
お湯の量は1:15、温度は82~90℃が理想


・30秒間の蒸らし
しっかり粉全体を濡らして旨さを引き出す
この2つのコツに注意して、ドリップバッグでももっとおいしいコーヒーを楽しみましょう。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事