誰でもポイントさえ抑えれば簡単に豆の個性を生かした抽出ができるフレンチプレス

コーヒー専門店でも採用するところが増えています。スターバックスのストレートコーヒーを頼んだ時や、サードウェーブ系のカフェで見かけたことのある方も多いかもしれません。

でも、コーヒーの器具としての使い方はそこまで知られていないので、最近になってフレンチプレスを購入したコーヒー好きの方の中には、「フレンチプレスを使い始めたけど、豆の挽き方はハンドドリップと一緒でいいのかな?」なんてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では…

  • フレンチプレスに合ったコーヒー豆の挽き方は?
  • 豆の挽き方を間違えるとどうなる?
  • フレンチプレスにおすすめのコーヒー豆は?

といった疑問にお答えします。

フレンチプレスを使っておいしいコーヒーを楽しむのにお役立て下さい。

スポンサーリンク

フレンチプレスの基本のコーヒー豆の挽き方とは

I need coffeeより

フレンチプレスは“中粗挽き”か“粗挽き”

フレンチプレスは、熱湯を注いで4分ほど待てば出来上がるシンプルな抽出方法です。

ただし、抽出時間が4分と長いため、豆を挽く時には中粗挽きか、粗挽きにします。ハンドドリップでは中細挽きの豆を使うこともありますが、フレンチプレスで細かく挽いた豆を使うと、長い抽出時間の間にエグミまで出てしまい風味を損ねます

スタッフ
フレンチプレスは微粉が若干コーヒーに混入しますが、細かい粉を使ってしまうとフィルターでうまく濾されずに舌触りが粉っぽいコーヒーになるので注意しましょう。

ミルを使ったフレンチプレス用の豆の挽き方調節

コーヒーを豆で購入している方は、フレンチプレスに合わせて自宅で豆を挽く必要があります。

手で回すタイプのミルでも、簡単に挽き具合を調節できます。

ミルの調節方法
  1. 固定ネジを反時計回りに外して、ハンドルとストッパーを取り外します。
  2. 軸を軽く持ち上げながら、粗さ調節ナットを時計回りで回転が止まるまで締めます。
  3. ストッパーを粗さ調節ナットに当たらないようにはめて、必要な挽き目に合わせて粗さ調節ナットの目盛りを反時計回りに回して調節します。
    目安になるのは…
    中挽き→9目盛り
    中粗挽き→11目盛り
  4. ストッパーを粗さ調節ナットにはめて、ハンドルを取り付けて固定ネジを締めれば調節終了です。

どのメーカーのミルかによっても多少の差があるので、使いながら好みの豆の粗さが何目盛り目くらいなのか見つけるようにすると、毎回抽出方法に合わせて調節する時にも思い通りの挽き目でコーヒーが挽けます。

豆の挽き具合によるコーヒーの変化については、関連記事もご覧ください。

関連記事:コーヒーミルの粗さによる風味の変化と調節の目安
 
 

スポンサーリンク

フレンチプレスに合った豆の選び方

フレンチプレスはよく“豆の個性をダイレクトに引き出す抽出方法”と呼ばれます。

ただしその分、コーヒー豆の品質が悪い場合、美味しくないコーヒーが出来上がるため、“ごまかしのきかない抽出方法”とも言えます。

フレンチプレス用の豆を選ぶ時には、以下のポイントに注意しましょう。

豆の鮮度が命!

フレンチプレスは技量がそこまで求められない分、抽出されるコーヒーの美味しさは豆の品質に大きく依存します。

そのため、豆を選ぶ時にはできる限り“新鮮な豆”を選びましょう。

“新鮮な豆”とは、焙煎してから日数の経っていない豆のことを指します。コーヒー豆は焙煎後から酸化が始まり、保存状態にもよりますが本当に美味しく飲めるのは長くて2週間~1ヶ月ほどです。

関連記事:正しいコーヒー豆の保存方法とは

スーパーなどで販売されている豆は焙煎後長期間経っているものが多く、フレンチプレスで抽出すると、鮮度が落ちたコーヒー豆の味がストレートに出てしまいます。

焙煎したての豆は専門店に行かないとなかなか手に入りませんが、インターネット通販を使えば簡単に購入できます。

豆で購入して、直前に挽いた鮮度抜群のコーヒーをいただきましょう。


一日300杯を売り上げるAOMI COFFEEは、送料無料&1杯36円からのリーズナブルな価格ですが、注文が入ってから焙煎するシステムなので常に新鮮なコーヒー豆が届きます。

 

おすすめはストレートのコーヒー

コーヒー専門店がフレンチプレスを採用する大きな理由の一つが、フレンチプレスは豆本来の味や個性をダイレクトに味わえるという点です。

そのためフレンチプレスで美味しいコーヒーを楽しむならブレンドでも良いですが、できれば一種類の豆だけを使用したストレートのコーヒー豆がおすすめです。

何種類かの豆を用意して、酸味やコク、アロマの違いを飲み比べてみるのもフレンチプレスの楽しみ方の一つかもしれません。

基本的に分量と時間を間違えなければ、毎回同じ味のコーヒーが再現できるので、自分好みのコーヒー豆を見つけるのにもおすすめです。

田代珈琲は、実際に生産国まで出向いて取り寄せたスペシャリティコーヒーなど、生産者の顔までわかるシングルオリジンのコーヒー豆を数多く取り扱っています。
ちょっと贅沢ですが、お得なお試しセットもあるので試してみてはいかがでしょうか?

豆の挽き方までこだわってフレンチプレスを楽しもう

フレンチプレスは比較的誰でも簡単に安定したコーヒーがいれられる抽出方法です。

ただし、抽出時間が長いため、豆の挽き方には注意が必要。挽き方は中粗挽きか粗挽きが基本です。

新鮮なコーヒー豆を用意して、フレンチプレスでダイレクトに豆の個性を楽しみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事