「コーヒーを飲むとニキビになる…」「コーヒーを飲むと肌が荒れる…」なんて噂を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?でも「コーヒーは美容にも良い…」とも言われているので、「一体どちらを信じたらいいのかわからない…」とお悩みの方も少なくないと思います。そこで今回の記事では、コーヒーと肌荒れの関係について、そして肌荒れを防いで美肌効果を得るためのコーヒーの正しい飲み方についてわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーと肌荒れの関係


コーヒーの飲みすぎによって肌荒れを引き起こしている場合、原因となっているのはコーヒーの中に含まれる「カフェイン」です。

カフェインは他にも紅茶や緑茶、チョコレートなどにも含まれていることで知られています。よく知られている成分ですが、お肌にどんな影響があるのか見ていきましょう。

カフェインの利尿作用


カフェインの代表的な作用の一つが「利尿作用」です。カフェインが体内に摂取されると腎臓内の血管が拡張されて血液のろ過量が増加します。それに伴い尿の作られる量も増加するためトイレの回数が増えたり、一度に排尿される量が増えたりします。

排尿によって体内の不純物などが排出されるため、ある程度の利尿作用は美容にもプラスに働きます。しかし、利尿作用が働きすぎると本来不要物ではないビタミンCやミネラルまで排出されてしまうため、肌のターンオーバーのペースが崩れてしまう原因 になります。また利尿作用で水分が余分に排出されることで体が脱水状態になると、肌からハリや若々しさが失われる原因 にもなります。

カフェインの利尿作用は、カフェインが体内から抜けきるまで続きます。カフェインが一度体内に摂取されると、約30分から1時間で血中濃度が最大に達します。また最大値から濃度が半分になるまでの時間を「半減期」と呼びますが、カフェインの半減期は4~6時間と言われているので、利尿作用もその間続きます

ホルモンバランスの崩れ


カフェインには、交感神経を刺激する覚醒作用があります。カフェインを摂取すると集中しやすくなったり、眠気が覚めたりするのもこの作用のためです。ただし、人間の体は交感神経と副交感神経の働きが交互に活発になるため、本来は副交感神経が働くべき睡眠時などにカフェインが体内に残っていて交感神経を刺激してしまうと、自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスが崩れる原因 になります。

お肌のターンオーバーは夜間の睡眠時に分泌されるホルモンと深い関係があるため、カフェインの覚醒作用でホルモンバランスが崩れると、結果としてお肌のターンオーバーがうまくいかず、ニキビや肌荒れの原因 になります。

胃酸の過剰分泌


カフェインには、胃酸の分泌を促す作用もあります。胃酸の分泌が活発になると、食べ物の消化が助けられるため美肌にも効果があります。ただし、胃の中に食べ物が入っていない状態で胃酸が過剰に分泌されてしまうと胃壁が荒れてダメージを受けます。そうすると胃の消化吸収の効率も悪くなり、胃もたれのような状態 になります。栄養素もしっかりと吸収できなくなるので、肌荒れの原因 になります。

胃の調子が悪い時には口の周りにニキビができやすくなると言われています。口の周りの肌荒れが気になる時には、カフェインの摂取の仕方が原因の可能性が考えられます。

 

コーヒーに含まれるカフェインの肌荒れの原因となる作用についてご紹介しましたが、コーヒーには正しく飲むと高い美容効果もあります。最近になり注目されているコーヒーの美容効果について見ていきましょう。

スポンサーリンク

コーヒーの美容効果


最近の研究でコーヒーに高い美容効果があることがわかってきました。具体的にどんな効果が期待できるのかご紹介します。

クロロゲン酸によるアンチエイジング効果


クロロゲン酸は、コーヒー豆に含まれる成分の一つで、あまり知られていませんが含有量はカフェインよりも多く、乾燥した豆の7~10%を占める成分です。クロロゲン酸は赤ワインなどに含まれることで知られるポリフェノールの一種で、同じようにアンチエイジング効果があります。

実際に東京都健康センター研究所の研究で、クロロゲン酸に老化と関係のある遺伝子の活性を抑える働きがあることがわかっています。

アロマ成分でストレス軽減効果


現代人の肌荒れの大きな原因の一つと言われているのがストレス。ストレスがかかると自律神経が乱れ、皮脂の分泌が過剰になることで大人ニキビができたり肌荒れの原因になります。

仕事や育児などストレスの原因を無くすことは難しいですが、ストレスと上手く付き合うためにコーヒーに注目が集まっています。杏林大学の研究でコーヒーに含まれるアロマ成分に、脳がリラックスした時に出現するα波の量を増やす効果があることがわかっています。ストレスを強く感じた時にコーヒーを飲みながら香りを楽しむことで、ストレスを軽減する効果が期待できます。

 

このようにコーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸、アロマ成分の働きについて知ると、コーヒーにはメリットデメリット があることがよくわかります。そのため肌荒れを防ぎながら美肌効果を最大限に得るためには、正しいコーヒーの飲み方を理解することが重要です。

肌荒れ予防&美肌になる正しいコーヒーの飲み方


肌荒れを予防しながら美肌効果を得るためのコーヒーの飲み方には3つのポイントがあります。

1.空腹時のコーヒー飲用を避ける


「朝起きて、コーヒーを飲まないと一日が始まらない…」という方も少なくないと思います。ただし、お腹の中に食べ物がない空腹時にコーヒーを飲んでしまうと、胃酸の分泌が過剰になり肌荒れの原因になります。

そのためトーストやシリアルなど朝食を食べてからコーヒーを飲むようにしましょう。また胃がもたれやすいような脂っこい料理を食べた後にもコーヒーを飲むと、消化を助けるので肌荒れを予防する効果があります。

2.水で水分補給をしっかりする


「水分補給のためにコーヒーを水代わりに飲む…」という方もいると思います。ただし、コーヒーには利尿作用があるため、飲みすぎると体内のビタミンCやミネラルなど必要な成分まで体外に排出されてしまいます。また水分が過剰に排出されることで脱水状態になって肌の乾燥の原因になります。

そのためコーヒーを飲みながらも横にミネラルウォーターのペットボトルなどを置いて、水分補給は水でしっかりするようにするとカフェインが原因の肌トラブルを防ぐことができます。

3.夕方からはコーヒーを飲まないかノンカフェインコーヒーにする


「仕事終わりのリラックスタイムにコーヒーを一杯…」という方もいると思います。ただし、夕方にカフェインを摂取してしまうと夜まで副交感神経がうまく働かず寝付きが悪くなったり、眠りがあさくなったりする原因になります。睡眠の質が低下すると肌のターンオーバーも崩れて肌荒れが起きやすくなります。

そのため夕方からはコーヒーの飲用は避けたり、ノンカフェインコーヒーにするようにしましょう。ノンカフェインでもクロロゲン酸によるアンチエイジング効果やアロマ成分によるリラックス効果は同じように期待できるので美肌のためにも効果的です。

正しく飲めば肌荒れの心配はいらない


「コーヒーを飲むと肌荒れが起きやすくなるのでは…」と心配している方も少なくないと思います。確かにカフェインには飲みすぎると肌荒れを起こす原因となる作用があります。ただし、コーヒーにはクロロゲン酸やアロマ成分など、逆に美肌にしてくれる美容効果のある成分も含まれているため、正しい飲み方をすることが重要です。

今回の記事の内容を参考にしながら、正しい方法で肌荒れ予防&美肌になるようにコーヒーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事