最高の一杯を自己流に仕上げられる全自動コーヒーメーカーがツインバードから発売されました。

珈琲レジェンドことカフェ・バッハ店主田口護氏が監修したツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457Bの機能や特徴についてくわしくご紹介します。

ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457B
スポンサーリンク

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457Bとは

今回ツインバードから発売された全自動コーヒーメーカーCM-D457Bを一言でまとめると…

自宅でコーヒーを入れる過程を五感で楽しみながら、最高の一杯を自分流で仕上げることができて、今までよりも一段上質なコーヒータイムを楽しませてくれるコーヒーメーカー…という感じでしょうか。

MADE IN JAPANのこだわり全自動コーヒーメーカーです。

コーヒー界ではレジェンド的存在であるカフェ・バッハ店主の田口護氏が監修という時点で期待せずにはいられません。

ちなみに田口氏は、自家焙煎の第一人者で、焙煎世界チャンピオンに輝いた豆香洞コーヒーの後藤氏も田口氏のところで修行するなど、多くの弟子を持つ日本のコーヒー業界でなくてはならない方です。

では、簡単にツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457Bの仕様について確認しましょう。

サイズ 幅160×奥行335×高さ360mm
重量 約4.1kg
容量 450ml
ミル容量 43g

 

高さと奥行は他メーカーの全自動コーヒーメーカーとほとんど変わりませんが、幅が160mmと非常にスリムなため、見た時の印象は非常にコンパクトです。

容量は450mlと3杯分なため、全自動コーヒーメーカーの中では一度に作れるコーヒーの量は少なめです。

スポンサーリンク

全自動コーヒーメーカー「ツインバードCM-D457B」の3つの魅力

では、ツインバードの本気が見えた高性能全自動コーヒーメーカーの特徴を4つのポイントから注目しましょう。

“自分流”を楽しめるこだわり設定

ツインバードのCM-D457Bは、こだわり派から初心者まで“自分流”の好みの味を楽しめ設定機能が充実しています。

コーヒーの粒度は粗・中・細挽きの3段階から設定でき、豆の種類や好みの風味にあわせて調節可能。

抽出の味わいも大きく左右する湯温も田口氏が推奨する83℃と、煎り具合によってより最適に抽出できる90℃の2段階から選択できます。

これまで全自動コーヒーメーカーで湯温が調節できる製品はほとんどありませんでしたが、お湯の温度はコーヒーの専門家によっても意見が分かれるため、こうして異なる湯温で抽出ができるのはありがたいですね。

蒸らし時間も1杯から3杯までダイアルを回すと、杯数に合わせて自動調節してくれます。

こうしたすべての設定が、前面のメニューダイアルで直感的に操作できます。

設定を変えながら自分好みのコーヒーの味わいを追求してみるのも贅沢なコーヒータイムの過ごし方のひとつかもしれません。

着脱式低速臼式フラットミルを搭載

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457Bに搭載されている低速臼式フラットミルは、コーヒーの香りを飛ばす原因になる摩擦熱の発生を抑えて、豆本来の香りを楽しめます。

ミル部分には、日本の燕三条のステンレス製刃を使用することで、雑味の原因となってしまう微粉の極力出さずに、豆を均一な大きさで挽けるため、安定した味わいのコーヒーが抽出できます。

これまで全自動コーヒーメーカーはミルの洗浄が手間で、購入した後に使用するのが面倒に感じる方も少なくありませんが、ツインバードの製品は特許を出願中の独自技術で、ミルを取り外しできるようにしているため、付属のブラシで簡単にお手入れが可能です。

五感で楽しむ独特のデザイン

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D457Bの第一印象は、「文句なしに格好いい」

マットな黒でまとめられた機器本体は、部屋のアクセントになるインテリアとしてもおすすめです。

そしてコーヒーを楽しむ工夫がデザインにも…。

ドリップシャワーの噴出口とドリッパーの間には約2cmの隙間があります。この隙間があるので、コーヒードームが蒸らしで膨らんでいく様子や、ドリップの様子が見えるだけでなく、香り立つコーヒーのアロマが部屋中に広がります。

五感でコーヒーの抽出を楽しむための、考えつくされたこだわりのデザインです。

ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

全自動コーヒーメーカーCM-D457Bの口コミを確認!

発売されてからまだ数ヶ月ですが、すでに口コミやレビューが寄せられているので、簡単にご紹介します。

これまでで一番!!

パナソニックや無印の豆から挽けるコーヒーメーカーの使用履歴がありますが、このツインバードはしっかりコーヒーのコクも味わえる1番のコーヒーメーカーです!!豆を挽く音は若干うるさいですが、挽いている間の香りは最高です(パナソニックや無印は設計上、すこしの香りだけだった)。
静電気機能のおかげで挽いたあとに粉はまわりに飛び散ることはあまりないです。
味は83度がよいのか、コーヒーの風味をしっかり味わえ、豆や焙煎によって味の違いもわかります!!

豆の風味が予想以上に出ています。

肝心の味ですが、今まで使ってた豆でも風味が格段に良くなってます。コーヒーの味にはこだわるが、ハンドドリップが面倒な方にはおすすめ。
ミルや、サーバーなどの部品が劣化しても個別に発注できるのは有難い。長く使えそうです。
一点だけ気をつけたい部分も…

買って満足だけど、ネックも。

自分で入れるより手間もなく、美味しいコーヒーを飲むことができて満足しています。

コーヒー豆が見え、ドリップする様子も見えるので楽しいのですが、豆の粉が周囲に飛び散るのがネックです。
本体の掃除は普段は不要なレベルなのですが、毎回、豆が飛び散るので台や床の拭き掃除が必要になります。。。
この点が残念なので星4つです。

「ほとんど粉は飛ばない」という他の方の口コミもあるので、参考程度ですが、こうしたレビューもありました。
ただし、“おいしいコーヒーを抽出する”という肝心の性能については、ほぼすべてのユーザーが高い評価なので、CM-D457Bの実力が感じられます。
ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

ツインバードCM-D457Bでワンランク上のコーヒータイムを楽しもう

コーヒーレジェンドの田口氏の監修のもと、ツインバードがこだわりを持って作ったMADE IN JAPANの全自動コーヒーメーカーCM-D457B

初心者からこだわり派まで、だれでも自分だけの最高の一杯を入れることができる全自動コーヒーメーカーです。

「おいしいコーヒーは飲みたいけど、ハンドドリップするのは手間」という方にはこの上ない選択肢といえます。
自宅でワンランク上のコーヒータイムを楽しむためにも、ツインバードの全自動コーヒーメーカーを活用してみるのはいかがでしょうか。

ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457B
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事