家庭用コーヒーメーカーとしてすっかりおなじみになった全自動コーヒーメーカー。

挽きたてのコーヒーの美味しさが手軽に味わえる魅力が人気で、各メーカーからさまざまなモデルがラインナップされていますが、その中でも元祖といえるシロカの全自動コーヒーメーカーが全面リニューアルされました。

“カフェばこ”の名前で2019年11月16日より販売が開始されます。

シロカ全自動コーヒーメーカー全モデルについては関連記事もご確認ください。

関連記事【2019年】口コミ!シロカ全自動コーヒーメーカー全7種類の違い徹底比較!

スポンサーリンク

シロカ全自動コーヒーメーカーの新ポイント

これまで全自動コーヒーメーカーといえば、業務用の数万円もする高額なモデルが多かったですが、シロカ全自動コーヒーメーカーの登場によってお手軽のお値段でも全自動コーヒーメーカーが手に入るようになりました。

今回全面リニューアルされたシロカ全自動コーヒーメーカー“カフェばこ”は、さらに魅力的な全自動コーヒーメーカーに仕上がっています。

1.デザインはさらにスタイリッシュに

従来から全自動コーヒーメーカーらしくないコンパクトなボディは好評でしたが、カフェばこでもコンパクトな形状をしっかりと継承しています。

そしてパネルにうつるデジタル表記やマットな質感でよりスタイリッシュになっています。

リビングや書斎、オフィスなど場所を選ばずに愛用できるおしゃれなデザインに進化しました。

2.タイマー機能で自由な時間にドリップ

シロカ全自動コーヒーメーカーからの大きな進化ポイントなのが“タイマー機能”。

あらかじめダイヤルを回してタイマーをセットしておけば、目覚めと同時に挽きたてのコーヒーが楽しめます。

朝の忙しい時間にも淹れたてのコーヒーが楽しめるのはありがたいです。

3.給水が簡単な着脱式水タンク採用

シロカ全自動コーヒーは全面リニューアルで“カフェばこ”になって、給水方法が簡単になりました。

給水タンクがワンタッチで取り外しできるようになたので、給水タンクを丸洗いすることもでき、いつでも清潔に使用できます。

4.コーヒーのおいしさはしっかり引き出す

シロカ全自動コーヒーの前モデルの頃から評価の高かった抽出能力はしっかり新モデルの“カフェばこ”にも継承されています。

抽出ボタンを押すと、最初は少量のお湯を注ぐ“蒸らし”機能も搭載されています。

少量のお湯を注ぐことで、コーヒーの粉とお湯が馴染み、コーヒーの旨み成分がしっかり引き出しやすくなり美味しいコーヒーができあがります。

スポンサーリンク

シロカ全自動コーヒーメーカー“カフェばこ”の仕様

  • 製品名:全自動コーヒーメーカーSC-A351(ガラスサーバー)/SC-A371(ステンレスサーバー)
  • カラー:シルバー(ガラスサーバー)/ブラック(ステンレスサーバー)
  • 質量(約): 2.2 kg(サーバー含む)
  • サイズ: 幅 16.2 cm × 奥行 28 cm × 高さ 26.4 cm 
  • 最大使用水量 :0.58 L

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事