ゆっくりと香りを楽しみながら少しずつコーヒーを抽出していくハンドドリップ。忙しい生活の中で贅沢なリラックスタイムですよね。だからこそ、おいしいコーヒーが淹れられるだけでなく、「ちょっとおしゃれなコーヒーグッズが欲しい」「インテリアとしても飾っておきたくなるようなコーヒーグッズが欲しい」という方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はコーヒー通にとって、いくつあっても困らないコーヒードリッパーの中でも特にこだわりのつまったデザイン性の高いおすすめのものをご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒードリッパーの選び方


コーヒードリッパーは大きく分けると、カリタ式、メリタ式、ハリオ式、コーノ式の4タイプに分けることができます。同じコーヒー豆でも、ドリッパーを変えるだけでもコーヒーの味は大きく変化するため、飲み比べながら自分好みのコーヒードリッパーを見つけるのがおすすめです。豆それぞれの本来の味わいを十分に楽しむために、コーヒードリッパーを使い分けることもできます。

コーヒーにハマりだすと、家に少しずつドリッパーが増えていってしまうのがコーヒー通“あるある”かもしれません。代表的な4タイプには以下のような特徴があります。

カリタ式

コーヒードリッパーと聞くと多くの人がイメージするのが、台形型に3つ穴のカリタ式。ドリッパー全体でコーヒーの旨みを引き出し、3つ穴で抽出が速いため、スッキリとしたメリハリのあるコーヒーが楽しめます。

メリタ式

台形型に一つ穴のメリタ式。一つ穴で抽出スピードが一定で、安定してまろやかな味わいのコーヒーを抽出できます。一度に必要な量が注湯できるため、初心者にも扱いやすいドリッパーです。

ハリオ式

特徴的な円錐型に一つ穴のハリオ式。ペーパーフィルターがドリッパーの下から出ていて、直接サーバーへと落ちていくため、ペーパードリップの手軽さでネルドリップのようなまろやかな味わいのコーヒーが楽しめます。

コーノ式

円錐型で一つ穴のコーノ式。リブが下半分にしかないコーノ式ならではの特殊構造で、一度お湯がドリッパーでとどまり、しっかりと旨みを引き出してから抽出され香りやコクを引き出した深い味わいのコーヒーが楽しめます。

 

こうした代表的な4タイプ以外にも、形状や素材、リブの長さまでこだわりのつまったコーヒードリッパーが数多くあります。自分だけの一杯を淹れられるお気に入りのものを見つけましょう。

コーヒードリッパーのさらに詳しい選び方はコチラをご覧ください

スポンサーリンク

自慢したくなるこだわりのコーヒードリッパーランキング10選

KEYUCA(ケユカ) アネッロ 珈琲ドリッパー
今までにないスーパーポリッシュ仕上げのステンレス製コーヒードリッパー。繊細でスタイリッシュなフォルムは、憩いのひとときをより一層贅沢にしてくれます。お湯の流れに沿った流面体の形状で実用性も兼ね備えています。安心の日本製。
実際に購入した人の口コミ
日中、一人でじっくりコーヒーを楽しみたいときのために購入しました。 普段はキッチンの窓際においていますが その佇まいも美しい! 上手に淹れられるように練習していきたいと思ってます。
ハリオ(HARIO) V60・ドリップデカンタ
700mlの大容量デカンタで、たっぷりとネルドリップのようなまろやかな味わいのコーヒーが淹れられます。ドリッパーがデカンタの中にすっぽりと納まるので、見た目にスタイリッシュです。
実際に購入した人の口コミ
素敵です。 シンプルながらもスタイリッシュで、収納もしやすくてこれからコーヒーをいれるのが楽しみです。 お値段以上だと思います。
ZEROJAPAN コーヒードリッパー
ドリッピングNO.1を決めるアメリカブリュワーズカップの優勝者からも選ばれている日本伝統の美濃焼で作られたZERO JAPANのコーヒードリッパー。陶器製では珍しいノゾキ穴が付いているので、マグカップなどに抽出する時にもどれくらいのコーヒーが入っているかすぐに確認できます。
実際に購入した人の口コミ
100均のドリッパーでは味気ないし、あまり高いのも普段使いには大げさ・・・シンプルなのないかなと探していてこれに行きつきました。適度な重量感があり、見た目も素敵です。
カリタ 陶器製コーヒードリッパー
台形型の代表的な存在であるカリタのドリッパー。レトロブラウンの渋いカラーが、ゆっくりと時間の流れるコーヒータイムをより一層引き立ててくれます。汚れも目立たず、大事に使えば一生モノです。
実際に購入した人の口コミ
色も形も素材もとっても気に入って即購入。ゆっくりコーヒーを淹れている時間に幸せ感じます。
ハリオ V60 オリーブウッドスタンドセット
天然のオリーブウッドが美しい、コーヒータイムを極上の時間にしてくれるドリップスタンドセット。一つひとつ違うナチュラルなオリーブウッドの木目が美しく、コーヒー好きの部屋のインテリアとしても最適です。
実際に購入した人の口コミ
雑誌で見かけてとても素敵なデザインにひかれて探していました。食洗機で洗えるので使い勝手もいいし、デザインも北欧風インテリアを目指している我が家のリビングにマッチして飾りながら収納も楽しんでいます。
トーチ(TORCH)ドーナツドリッパー
ペーパードリップに強いこだわりを持って作られたTORCHのドーナツドリッパー。代表的な4タイプのドリッパーより角度が急なので、コーヒーの層がさらに厚くなり、お湯が落ちるまでに触れるコーヒー粒の量が増加してしっかりとコーヒーのコクを引き出します。内側には段々があり、フィルターとドリッパーのすき間のお湯を中へ押し戻してしっかりとお湯全体を使ってコーヒーを抽出。
こうしたこだわりに加えて、見た目にカジュアルでカントリーな雰囲気で、インテリアとして飾っても可愛いです。
実際に購入した人の口コミ
友達の家にお邪魔した時に頂いたコーヒーが美味しくて、同じ豆を買ったけど、満足の味ではなくて。ドーナツドリッパーを使ってると聞き、購入しました。口コミ通り、濃すぎずしっかり味が出て美味しいコーヒーが頂けました。
カリタ カフェ・ウノ
マグカップに直接のせてドリップコーヒーが楽しめるカフェウノ。ピンク・グリーン・イエローと気持ちまで明るくなるような可愛い全3色です。コンパクトサイズなのでオフィスやアウトドア、旅行にも持って行っていつもの味を楽しめます。
実際に購入した人の口コミ
やっぱり手軽さが1番ですね。 朝はコーヒーメーカーで家族で飲むので良いですが、自宅で仕事中にスキマ時間に手軽に入れられて片付けも楽なのが何よりです。
KINTO CARAT カラット コーヒードリッパー&ポット
まるで宝石のような輝きを纏ったステンレスドリッパーと耐熱ガラスサーバーのコーヒーセット。素材の持つシンプルな「かっこよさ」を追求したコーヒーグッズです。抽出効率にも徹底的にこだわり、ペーパーレスステンレスフィルターを採用しているのでペーパーフィルターは不要です。コーヒーのコクとアロマを引き出すオイルまでしっかりと抽出できます。
実際に購入した人の口コミ
ずっと探し求めていた、シンプルで飾れるドリッパーでした! 使い勝手もよく、何より見た目がスッキリしていて毎日楽しくコーヒーを入れています!
【ケメックス】コーヒーメーカーはじめてセット
MoMA-ニューヨーク近代美術館に永久展示品として選ばれていることでも話題となったケメックスのコーヒードリッパー。化学の実験用ビーカーをヒントに、2つの三角フラスコをくっつけたようなデザインです。
すでに半世紀以上に渡ってコーヒー好きから愛され続けており、絶妙なバランスのフォルムは芸術品の域です。 専用のフィルターを使って抽出されるコーヒーは、渋みの原因となる脂肪分や酸味を適度に取り除き、コーヒー本来の旨みを引き出しながら抽出してくれるため、スッキリとしたメリハリのあるコーヒーが楽しめます。
実際に購入した人の口コミ
ずっと欲しかったケメックスをやっと買うことができました。簡単に美味しいコーヒーが飲めて、しかもキッチンカウンター置いておくだけで、お洒落になるので大満足です。
HARIO(ハリオ)V60カパードリッパー
世界の70以上の国や地域で愛されているハリオのV60ドリッパー。特徴とも言える円錐形の形状で深いコーヒーの粉の層ができ、お湯が長くコーヒーの粉に触れるので、コーヒー本来の旨みをしっかりと引き出します。独特のスパイラルリブでフィルターとドリッパーの密着を防ぐことで空気の流れがスムーズになり、ペーパードリップの手軽さでネルドリップのまろやかなコーヒーが抽出できます。 銅は熱伝導性が非常に高くすぐに温まるので、コーヒーの温度を一定に保ちながらの抽出が可能になります。
また銅製ドリッパーは時を重ねるごとにエイジングで表情を変え、世界に一つだけのコーヒーグッズになります。値段がドリッパーとしては高額ですが、コーヒー好きが愛してやまない一生モノのコーヒードリッパーです。
実際に購入した人の口コミ
コーヒーの味が違う。 今まではプラスチック製で形が違うものを使っていたのですが、こちらのをためしてみてビックリ。全然味が変わります。まろやかな風味になりました。

まとめ:こだわりのつまったコーヒードリッパーで極上コーヒーを楽しもう


コーヒーの味わいは、使用するコーヒードリッパーによっても大きく変わります。各コーヒーメーカーが研究を重ねて作り上げたコーヒードリッパーの中から、自分好みのコーヒーを淹れられるものを見つけましょう。

ぴったりのコーヒードリッパーを使って、丁寧に時間をかけて淹れたコーヒーは極上の味わいです。今回ご紹介したおすすめのコーヒードリッパーを参考にしながらお気に入りのグッズを見つけましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事