数ある抽出方法の中でも特に演出効果の高いサイフォン。コーヒーの味わいを素直に抽出できるので、近年再び人気が高まっています。
中には、「サイフォンで抽出してみたけど、お手入れはどうしたらいい?」と悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では…

  • サイフォンの各部品はどうやって洗ったらいい?
  • 洗う時の注意点はある?
  • 汚れが頑固な時にはどうしたらいい?

といった疑問にお答えします。

わかりやすく画像で解説しながらご紹介するので、サイフォンのお手入れにお役立て下さい。

スポンサーリンク

コーヒーサイフォンのお手入れについて

サイフォンは、フラスコ・ロート・フィルター・竹べらと、洗わなければいけない部品が多いです。
ガラス部品もあるので手入れが面倒だと思われる方も多いかもしれません。

ただし、慣れてしまえば簡単にキレイにできます。
ガラス製の部品はキレイにしておかないと、次使う時の見栄えも悪くなるので、しっかり手入れするようにしましょう。

関連記事:サイフォン式コーヒーの仕組みと味の特徴
 
 

スポンサーリンク

サイフォンの洗い方

【準備するもの】
  • ブラシ
  • 布巾
  • タッパー
  • ビニール袋
  1. ロートの洗い方

    まずロートに取り付けてあるフィルターのコーヒーカスを捨てます。
    軽くロートを叩けばポンッと落ちてくるので、ビニール袋に捨てます。
    *コーヒーカスはそのまま排水口に流してしまうと詰まりの原因になることがあるので注意しましょう。

    水で流しながらロート全体を洗います。
    小さめのブラシがあると、ロートの細い部分もキレイに洗えます。
  2. ネルフィルターの洗い方

    ネルフィルターは水の勢いを利用して付着しているコーヒーカスを流します。
    目に見えるコーヒーカスが取れたら、手で撫でるようにして軽くフィルター表面を洗いましょう。
    キレイになったら部品に取り付けたまま水の入れたタッパーで保管します。
    頻繁に使わない場合は、冷凍庫保存でも大丈夫です。

    ポイント
    ネルフィルターはゴシゴシこするように洗ってしまうと、布地の目が詰まってコーヒーが上がらなくなり、フラスコが破裂する原因になるので注意しましょう。
    ニオイが移ってしまうので洗剤の使用も厳禁です。
  3. フラスコの洗い方

    フラスコの底もコーヒー染みができやすい部分です。水ですすいでキレイにしましょう。
    汚れが頑固な時には、お湯を入れると簡単に汚れが落ちます(やけど注意)。
    フラスコの外底には、アルコールを使うと焦げ付きが付着することがあります。
    そのままにしておくと落ちにくくなるので、毎回キレイに落とします。
  4. 竹べらの洗い方

    竹べらも水ですすいで表面に付着したコーヒーカスを落とします。
    洗剤を使うとニオイが移るので、水かお湯を使うようにします。
  5. 乾燥

    フラスコは逆さまに取り付けて、ロートは布巾の上にして、乾燥させます。
    乾いたら、組み立てて保管しましょう。

汚れが頑固な時のサイフォンの洗い方

使ってすぐに洗えば、基本的にサイフォンは水洗いでもキレイに汚れを落とせます。

ただし、汚れが頑固な時には、ロートやフラスコなどのガラス部品は洗剤を使っても問題ありません
ネルフィルターには洗剤は使えないので、汚れが気なる時には沸騰したお湯で5分ほど煮沸すると、キレイになります。

関連記事:サイフォンでコーヒーをおいしくいれる3つのポイント

しっかり手入れしてサイフォンをキレイに使おう

サイフォンのお手入れは、洗わなければいけない部品数が多く、面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばかかる時間は数分で他の抽出器具ともそんなに変わりません。

しっかりキレイにしておけば、次回使用する時にもしっかりと透明なロートとフラスコでより演出効果が高くなるので、毎回キレイに洗うようにしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事