「コーヒーの酸味が苦手…」という声をよく聞きます。

酸味が苦手で、コーヒーを飲む機会を避けている方もいるのではないでしょうか?

ただし、コーヒーの酸味は、豆の種類やコーヒーの入れ方でも少なくすることができます。

そこで酸味が苦手な方のために、好みの味のコーヒーの見つけ方や、酸味の少ないコーヒーの3つの入れ方をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもコーヒーの酸味とは

そもそもコーヒーにはなぜ酸味があるのでしょうか?

コーヒー豆は、コーヒーチェリーという果実の種を焙煎して作られます。

果実やその種には、クエン酸やリンゴ酸といった、酸っぱさのもとになる成分が含まれているので、当然、コーヒーチェリーから作られるコーヒー豆にも、酸味のもととなる成分が含まれています。

つまり、残念ながら、全く酸味のないコーヒーは存在しません。

ただし、「コーヒーの酸味が苦手…」という方の場合、原因が他のところにある場合が多いです。

保存状態が悪い可能性

酸味の少ないコーヒーや入れ方をご紹介する前に、お伝えしたいのが、コーヒーの酸味と保存状態の関係

コーヒーも生鮮食品と同じように、焙煎が終わった瞬間から酸化がはじまります。

しかし、スーパーなどで市販されているコーヒーは、焙煎されてから時間が経ってしまっている場合が多いです。特に粉になっているコーヒーは、表面積が増え空気に触れて急速に酸化が進みます。

本来のコーヒーの酸味はフルーツに例えられるほど爽やかな風味です。ですが酸化したコーヒーの酸味は口が曲がるようなイヤな酸っぱさになります。

「コーヒーの酸味が苦手…」という方にも、今まで酸化したコーヒーを飲んでいて酸味が苦手と感じている方が少なくありません。

そのため、一度焙煎したてのコーヒーを送ってくれる“本当のコーヒー屋さん”の豆や粉を購入して飲んでみるのはいかがでしょうか?

初めての方向けのお試し価格もあるので、リーズナブルに本物のコーヒーが試せます。

 

スポンサーリンク

酸味の少ないコーヒー豆の種類

りんごやオレンジなど、どの果物にも甘かったり酸っぱかったりする違いがあるように、コーヒーも種類によって味の特徴が異なります。

中には、酸味がほとんど感じられないような種類のコーヒー豆もあるので、選んで購入することで酸味が苦手な方も自分好みのコーヒー豆を見つけることができます。

ここでは3種類の比較的酸味が少ないコーヒー豆とその味の特徴をご紹介します。

1.マンデリン

ブルーマウンテンが有名になるまで、世界最高のコーヒーと呼ばれていたインドネシア産のコーヒー豆。

深いコクのあるやわらかな苦みと、芳醇で上品な豊かな香りが特徴です。“酸味の少なさ”という点ではもっともおすすめできるコーヒー豆の種類です。

私は強い酸味が苦手で苦みが大好きなのでもちろんマンデリンでこのお値段なら満足です。同じ銘柄で2kgは多いかなと思いますが澤井さんのコーヒーは飲みやすくてハズレが無いし冬の寒い時期には温まるためにも何度もコーヒーを入れるので惜しげなく飲めるのがいいです。豆を挽くたびに香りに癒されています。

2.コロンビア

日本ではエメラルドマウンテンという名称で知られるコロンビアのコーヒー。“エメマン”は生産量全体の3%にも満たないコロンビアの高級ブランド豆です。

コロンビアのコーヒーは、マイルドなバランスに優れた味わいで、芳醇な甘みと柔らかなコクが特徴。酸味はありますが、決して突出しているわけではなく、酸味が苦手な方でも飲みやすいコーヒーです。

お湯の温度や淹れ方によって違うかもしれないですが、何ていうか、後口が若干チョコレートっぽいような、甘くて優しい香りが鼻腔を通り過ぎる感じでした。

3.ブラジル

コーヒー生産量世界一位のブラジル。コーヒー豆も国名から“ブラジル”と呼ばれます。酸味・苦み・コクのバランスに優れた味わいが特徴。今回の3種類の中では、一番酸味がありますが、クセがなく、柔らかい味わいなので、ブレンドのベースとしてもよく使用されます。

また生産量が多いため、比較的リーズナブルに購入できるメリットもあります。

お値段もお安いので、ちょっと半信半疑でもありましたが、到着後直ぐに淹れたところ、まず蒸らしでの膨らみ方が今まで経験した事がない程大きく驚きました。本当に新鮮なのでしょうね。淹れたてのコーヒーのお味は苦味の効いた大人味ですが、全体的にまろやかで、美味しかったです。

スタッフ

酸味は焙煎度によっても変化します。焙煎具合が選べるお店なら、シティーローストやフルシティローストなど深煎りを選ぶと、酸味を少なくできます。

酸味を少なくするコーヒーの3つの入れ方

「今家にあるコーヒーの酸味をどうにかしたい…」という場合は、コーヒーの入れ方によっても風味を調節することができます。

1.お湯の温度は熱く

コーヒーに含まれる酸味成分は低温でも抽出されやすく、逆に苦みやコクのもとになる成分は高温でないと出にくい特徴があります。

そのため、普段入れているお湯の温度よりも高くすることで、苦みとコクをしっかり抽出させると、酸味が目立たなくなります。

ただし熱すぎると、エグミなどの雑味も出てしまうので、目安は85℃から90℃くらい沸騰してから30秒~1分ほどして注ぐとちょうど目安の温度になります。

2.抽出時間を長く

コーヒーの抽出では、酸味がまず先に出て後から苦み成分が抽出される傾向があります。

そのためハンドドリップでコーヒーを入れている場合は、普段よりゆっくりと抽出してしっかりと苦みを引き出しましょう。

3.サッと塩を一振り

意外な方法かもしれませんが、コーヒーの産地であるエチオピアで昔からあるコーヒーの飲み方です。

塩に含まれる抑制効果で、酸味による刺激が和らぎ、コーヒーの味わいがまろやかになります。

ただし、たくさん入れすぎると味が変わってしまうので、ほんの一振りだけにしておきましょう。

コーヒーの種類と入れ方で酸味の少ないコーヒーを楽しもう

「コーヒーの酸味が苦手…」という方は少なくありませんが、コーヒーの種類には酸味の少ないマンデリンのようなコーヒーもあります。

また抽出する際のお湯の温度や時間を調節することで、コーヒーの味のバランスを変えることもできます。

酸味が苦手だからといって、コーヒーを避けてしまうのではなく、種類と入れ方にこだわった、自分好みのコーヒーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事