「コーヒーの酸味が苦手…」という声をよく聞きます。

酸味が苦手で、コーヒーを飲む機会を避けている方もいるのではないでしょうか?

ただし、酸味が少ないコーヒー豆を選んだり、酸味を抑える入れ方でコーヒーの酸味を少なくすることができるんです。

そこで酸味が苦手な方のために、好みの味のコーヒーの見つけ方や、酸味の少ないコーヒーの淹れ方・選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーの酸味とは

そもそもコーヒーにはなぜ酸味があるのでしょうか?

コーヒー豆は、コーヒーチェリーという果実の種を焙煎して作られます。

果実やその種には、クエン酸やリンゴ酸といった、酸っぱさのもとになる成分が含まれているので、当然、コーヒーチェリーから作られるコーヒー豆にも、酸味のもととなる成分が含まれています。

つまり、残念ながら、全く酸味のないコーヒーは存在しません。

ただし、「コーヒーの酸味が苦手…」という方の場合、原因が他のところにある場合が多いです。

保存状態が悪い可能性

酸味の少ないコーヒーや入れ方をご紹介する前に、お伝えしたいのが、コーヒーの酸味と保存状態の関係

コーヒーも生鮮食品と同じように、焙煎が終わった瞬間から酸化がはじまります。

しかし、スーパーなどで市販されているコーヒーは、焙煎されてから時間が経ってしまっている場合が多いです。特に粉になっているコーヒーは、表面積が増え空気に触れて急速に酸化が進みます。

本来のコーヒーの酸味はフルーツに例えられるほど爽やかな風味です。ですが酸化したコーヒーの酸味は口が曲がるようなイヤな酸っぱさになります。

「コーヒーの酸味が苦手…」という方にも、今まで酸化したコーヒーを飲んでいて酸味が苦手と感じている方が少なくありません。

そのため、一度焙煎したてのコーヒーを送ってくれる“本当のコーヒー屋さん”の豆や粉を購入して飲んでみるのはいかがでしょうか?

1日300杯も売り上げる行列店のAOMI COFFEE。
通販なら1杯36円からのリーズナブルな価格で焙煎したてのコーヒーが楽しめます。
注文が入ってから焙煎される新鮮なコーヒーを楽しみましょう。

 

 

▼他にも焙煎したてのコーヒーが楽しみたい方はコチラから▼

 
 

スポンサーリンク

酸味の少ないコーヒー豆の種類

りんごやオレンジなど、どの果物にも甘かったり酸っぱかったりする違いがあるように、コーヒーも種類によって味の特徴が異なります。

中には、酸味がほとんど感じられないような種類のコーヒー豆もあるので、選んで購入することで酸味が苦手な方も自分好みのコーヒー豆を見つけることができます。

ここでは3種類の比較的酸味が少ないコーヒー豆とその味の特徴をご紹介します。

1.マンデリン

ブルーマウンテンが有名になるまで、世界最高のコーヒーと呼ばれていたインドネシア産のコーヒー豆。
 

深いコクのあるやわらかな苦みと、芳醇で上品な豊かな香りが特徴です。“酸味の少なさ”という点ではもっともおすすめできるコーヒー豆の種類です。

マンデリンコーヒー豆の口コミ

コレが良い

苦みが強くてコクがあり、酸味がなくて深みがある。

コーヒーの酸味が苦手なのでこのコーヒーがドンピシャです。

どれほどリピートしているでしょう。
某コーヒーショップで普通のコーヒーを頼んでも美味しく感じなくて困ります。

50代 女性購入者
買ってよかった

酸味が苦手なのでマンデリンが大好きです。

少しぬるめの温度で淹れて、ストレートで飲んでみると、程よい苦味と甘みがあって香りが良く、好みに合った味わいでした。

リピートしたいと思います。

購入者
いつも愛飲させていただいております。

コーヒーの酸味が苦手で、牛乳を入れないと飲めなかったのですが、
このマンデリンは酸味、雑味がほとんど無く、味わい深い苦味で、すっきりとしていて、ブラックでも飲めます。

おすすめの中挽きもちょうどよく、コーヒーの美味しさが引き立っていると思います。

購入者

⇒ もっと口コミを見る【楽天市場】

2.コロンビア

日本ではエメラルドマウンテンという名称で知られるコロンビアのコーヒー。“エメマン”は生産量全体の3%にも満たないコロンビアの高級ブランド豆です。

コロンビアのコーヒーは、マイルドなバランスに優れた味わいで、芳醇な甘みと柔らかなコクが特徴。酸味はありますが、決して突出しているわけではなく、酸味が苦手な方でも飲みやすいコーヒーです。

コロンビアコーヒー豆の口コミ

癖がなく飲みやすい!

非常に癖がなく飲みやすいコーヒーでした。

いつもドリップコーヒーを飲んでいましたが、レギュラーはまた違います!

酸味や苦みがほとんどなく、さっぱりと飲める感じでした。

150杯いりですが、ひと月で飲み干してしまいそうなくらい美味しいです。^^

40代 女性購入者
いつも美味しい

いつも美味しいです。
苦味と酸味のバランスが丁度いいと思います。

濃いめにしてアイスコーヒーでも
すごく美味しいです。

50代 男性購入者
酸味と苦味のバランスがいい!
大好きなコーヒーのひとつです。
お安くなるのを首を長くして、待っていました。

ドリップがほとんどですが、フレンチプレスで淹れるのも味わい深いです。

60代 男性購入者

⇒ もっと口コミを見る【楽天市場】

3.ブラジル

コーヒー生産量世界一位のブラジル。コーヒー豆も国名から“ブラジル”と呼ばれます。
酸味・苦み・コクのバランスに優れた味わいが特徴
今回の3種類の中では、一番酸味がありますが、クセがなく柔らかい味わいなので、ブレンドのベースとしてもよく使用されます。

また生産量が多いため、比較的リーズナブルに購入できるメリットもあります。

ブラジルコーヒー豆の口コミ

酸味はほぼ無いかな?

こちらのコーヒーは初めて購入しましたが、皆さんのレビューが良いので期待していました。

ダンボール箱を開けると、コーヒーのとっても良い香り♪
パックを開封して更に香りが良い~。

最近になってよくコーヒーを飲むようになった初心者なのですが、飲みやすいですね。

酸味があるのは苦手なので、これは酸味はほぼ無いかな?

何かに入れ替えた方が良いのかと思っていたら、この紅いパックのままで保存で良かったんですね~。

毎日コーヒーを入れるのが楽しみになりました^^

40代 女性購入者
ずっと気になっていました

4パックでこのお値段はお値打ちなのでずっと気になっていましたが、

本当に酸味が無いのかしらと半信半疑で見守っていたところ、つい最近のレビューにお気に入りレビュアーさんが美味しいと書かれていたのでやっと購入の決心がつきました。

もしも苦手なタイプのコーヒーが4パックも届いたらって考えたらオソロシイですからね~笑

届いたコーヒーは本当に酸味がなく、
淹れるお湯の温度の加減で苦みを際立たせたり、
苦みを抑えて甘味を醸し出したりとその時のニーズに合わせて楽しませて頂いてます^-^

50代 女性購入者
大満足

いつもお値打ちな澤井珈琲さんの商品ですが、更にお安くなったタイミングでこのブラジル・エクセレントブレンドを購入しました。

安いからといって味がそれに正比例してる訳ではありません。

酸味がなく、コクがあって深く、香りがとても良いです。
酸味苦手な私の好みにぴったり。

カフェオレにしても美味しいです。お湯を注いだ時の豆の膨らみも、見ていて気持ち良いです。
またリピしたいですね。

40代 女性購入者

⇒ もっと口コミを見る【楽天市場】

 

スタッフ
酸味は焙煎度によっても変化します。焙煎具合が選べるお店なら、シティーローストやフルシティローストなど深煎りを選ぶと、酸味を少なくできます。

酸味を少なくするコーヒーの3つの入れ方

「今家にあるコーヒーの酸味をどうにかしたい…」という場合は、コーヒーの入れ方によっても風味を調節することができます。

1.お湯の温度は熱く

コーヒーに含まれる酸味成分は低温でも抽出されやすく、逆に苦みやコクのもとになる成分は高温でないと出にくい特徴があります。

そのため、普段入れているお湯の温度よりも高くすることで、苦みとコクをしっかり抽出させると、酸味が目立たなくなります。

ただし熱すぎると、エグミなどの雑味も出てしまうので、目安は85℃から90℃くらい沸騰してから30秒~1分ほどして注ぐとちょうど目安の温度になります。

2.抽出時間を長く

コーヒーの抽出では、酸味がまず先に出て後から苦み成分が抽出される傾向があります。

そのためハンドドリップでコーヒーを入れている場合は、普段よりゆっくりと抽出してしっかりと苦みを引き出しましょう。

また、ハンドドリップでペーパーフィルターを使用している方が多いですが、ペーパーフィルターはコーヒーに含まれるコクの元になるオイル成分をろ過してしまいます。
同じハンドドリップでもオイル成分をしっかり抽出できるステンレスフィルターに切り替えると、深みのあるコーヒーが入れやすくなります。

2,000円前後から購入でき、使い捨てのペーパーフィルターと違い、繰り返し使えるのでエコで経済的です。

3.サッと塩を一振り

意外な方法かもしれませんが、コーヒーの産地であるエチオピアで昔からあるコーヒーの飲み方です。

塩に含まれる抑制効果で、酸味による刺激が和らぎ、コーヒーの味わいがまろやかになります。

ただし、たくさん入れすぎると味が変わってしまうので、ほんの一振りだけにしておきましょう。
 

酸味の少ないおすすめのインスタントコーヒー

忙しい時に手軽に飲めるのが魅力のインスタントコーヒー。

インスタントコーヒー自体はコーヒー液を粉状にして作られるので、インスタントコーヒーを作るのに使用するコーヒー豆の種類によって、酸味が強かったり少なかったりします。

そこで酸味が苦手な方におすすめのインスタントコーヒーをご紹介します。

1.AGF ちょっと贅沢な珈琲店インスタントコーヒー

マキシマムのインスタントコーヒー。
ブラジル産の最高級グレードの豆を使用して作られているのが特徴。

コーヒー鑑定士が実際にブレンドし、火加減にもこだわった「T2ACMI焙煎」という製法を採用しています。

深いコクと気持ちの良い後味が印象的で、酸味が少ないため、酸味が苦手な方でも非常に飲みやすいちょっとリッチなインスタントコーヒーです。

口コミ

インスタントが嫌いでドリップしてたが、気に入ったのを発見!ただ、maximトリプレッソ製造中止。味の素ギフトの物なので、他に同じ様なのがないか探して、試しに買ってみたのがこれ。コクがあり、変な酸味もなく、マイルドな感じで追加で買いました。

2.ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め

世界的なベストセラーインスタントコーヒーであるゴールドブレンドの持つ上品な香りはそのままに、コクをさらに深めた味わいを実現したゴールドブレンド コク深め。

酸味を抑えたバランスの良いブレンドはゴールドブレンドならではです。

アイスコーヒーやカフェオレを作るのにもおすすめのインスタントコーヒーです。

口コミ

 飲んでみると確かに通常のゴールドブレンドより、しっかりとしたやや重い味わいで、また違ったテイストを楽しめます。こちらもなかなかいいです。「コク深め」なのですが、変な苦みはなく、ゴールドブレンドらしいさわやかさを保ったまま、コクを深くした感じがします。気分やシチュエーションに応じて、通常のゴールドブレンドと本製品を飲み分けるとまた楽しみが広がると思います。

3.ウエスティンカフェ マイルドブレンド

酸味の少ないコーヒー豆として有名な高級豆マンデリンを中心にブレンドしたしっかりした味わいのウェスティンカフェ マンデリンブレンド。

マンデリンならではの口当たりの良い苦味で、ブラックでもミルクを入れてカフェオレにしても美味しくいただけるインスタントコーヒーです。

口コミ

皆さんのレビューを読んで購入してみました。長年ネス〇フェゴールドブレンドでした。が、酸味が強く感じるようになり、自分の好みと遠ざかってしまい、探し求めていたところ、こちらにたどり着きました。飲んでみた感想は、みなさんのレビュー通り、私の苦手な酸味はなく、こくがあり、けど、それほど苦味はなくて美味しいと思います。やっとみつけた!って感じでうれしいです。みなさん、ありがとうございました♪

コーヒーの種類と入れ方で酸味の少ないコーヒーを楽しもう

「コーヒーの酸味が苦手…」という方は少なくありませんが、コーヒーの種類には酸味の少ないマンデリンのようなコーヒーもあります。

また抽出する際のお湯の温度や時間を調節することで、コーヒーの味のバランスを変えることもできます。

酸味が苦手だからといって、コーヒーを避けてしまうのではなく、種類と入れ方にこだわった、自分好みのコーヒーを楽しみましょう。


 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事