妊娠や子育て中の方に加えて、最近では健康志向の高まりによって、カフェインレスコーヒーの人気が高まっています。「毎日飲むものだからこそ、自分や家族のためにコスパが良くて安心できるものを探したい…」と考えている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、味・安心・コストで選んだ本当においしいカフェインレスコーヒーをランキング形式で口コミと一緒にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーの選び方


デカフェの人気が高まるに連れて、比較的どこでも簡単にカフェインレスコーヒーが手に入るようになりました。でも、「飲んでみたら、なんだか薄くて飲む気にならない…」 といった経験のある方も少なくないと思います。

では、“味・安心・コスト”のすべてで満足できるおいしいカフェインレスコーヒーを見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

注目するのは「カフェイン抽出法」です。

コーヒーの生豆には、もともとカフェインが含まれているため、必ずカフェインを除去する工程が必要になります。そして、このカフェイン抽出をどんな方法で行うかが、カフェインレスコーヒーの“味・安心・コスト”の大きなカギとなります。

3つの抽出方法

カフェインを抽出する方法には、大きく分けて3つの種類があります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

1.有機溶剤抽出

ジクロロメタンという有機溶媒 にコーヒーを晒して、カフェインを抽出する方法。安価でカフェインを抽出できるため、海外の低コストなカフェインレスコーヒーでよく使われる方法。

ただし、ジクロロメタンには発がん性 が疑われていたり、肌に触れることで炎症を起こす など安全性の問題から、日本ではジクロロメタンを使ったカフェイン除去は禁止されています。さらにカフェインと一緒に他の成分も抽出されてしまうため、コーヒー本来の味も失われて しまいます。

海外製のカフェインレスコーヒーを購入する場合には注意が必要です。ジクロロメタンに関する詳しい情報は環境省のコチラから(PDFファイルが開かれます)

2.超臨界二酸化炭素抽出

空気中にも存在している二酸化炭素に、強い圧力と熱を加えると、“超臨界流体”と呼ばれる気体と液体両方の性質を持った状態になります。超臨界流体状態の二酸化炭素をコーヒー豆に浸透させると、カフェインだけを効率よく抽出できます。

二酸化炭素は気圧・気温を下げれば除去でき、仮に残留したとしても空気中にも含まれるものなので安心です。コーヒー豆本来の味もしっかりと活かすことができるため、3つの抽出方法の中では一番“味”と“安心”さで優れた抽出方法と言えます。

ただし、時間と手間がかかるため、実際には超臨界二酸化炭素抽出のカフェインレスコーヒーはあまり市場には出回っておらず、コストはどうしても高く なります。

3.水抽出

カフェインが水溶性な性質を利用して、水にコーヒー豆を浸してカフェインを抽出する方法。他の成分も水に溶出してしまいますが、有機溶媒を使ってカフェインを取り除いた後にコーヒー豆を水の中に戻すことで、カフェイン以外の成分はコーヒーに戻ります

有機溶媒が直接コーヒーには触れないため安心で、カフェイン以外の成分はコーヒーに戻るため、比較的コーヒー本来の風味を保っています。有機溶媒は再利用でき低コストなため、日本で発売される多くのカフェインレスコーヒーがこの水抽出で作られます。

味・安心・コストで選ぶならウォータープロセス


この3つの抽出方法に加えて最近では「ウォータープロセス」と呼ばれる抽出法に注目が集まっています。

ウォータープロセスは、水を使う点は水抽出と同じですが、仕組みは異なります。ウォータープロセスでは、まずコーヒーのカフェイン以外の成分を飽和状態にした液体を作ります。そしてその液体に豆を浸すと、カフェインだけが抽出されます。カフェイン以外の成分はすでに飽和状態のため抽出されず、コーヒー本来の味をしっかりと残すことができます

また使用するのはもともとコーヒーに含まれている成分が溶出した水なため、安全性も高く、低コストで、近年多くの多くのコーヒーメーカーで採用されるようになった抽出方法です。

カフェインレスコーヒーを飲み続けるのに気になる“味・安心・コスト”の3つのバランスに最も優れているため、おすすめの抽出方法です。

スポンサーリンク

味・安心・コストで選ぶカフェインレスコーヒーランキング3選

マウントハーゲン フェアトレードカフェインレスインスタントコーヒー

数少ないカフェインレスのインスタントコーヒー。農薬や化学肥料を使わずに育てたコーヒーだけが持てる「有機JAS」の認定を受けています。カフェイン抽出に超臨界二酸化炭素抽出法を使っているため、コーヒー本来の苦味をしっかりとインスタントコーヒーでも楽しめ、カフェイン残留率は0.3%以下です。

100gで1,000円前後とコスパもなかなかなので、忙しい生活の中で、サッとおいしいカフェインレスインスタントコーヒーが飲みたい方におすすめです。

カフェインレスで美味しい
低カフェインのコーヒーを色々飲んでみても、カフェインの含有量が高いと不調がでるし、なによりあまりおいしくない。
こちらはカフェイン残留率0.3%以下で、一日一杯のペースで飲んでも不調が出ないし、美味しいです!
コトハ オーガニックカフェインレス モカ

コトハ カフェインレスコーヒーの中でも特に人気が高いオーガニックコーヒーのモカ。ウォータープロセス抽出法にこだわり、カフェイン約97%カット

エチオピアで丁寧に栽培された有機豆だけを使用し、モカならではの上品な香りとフルーティーな酸味が楽しめます。可愛らしいギフトボックスタイプもあるので、ギフトにもおすすめです。

ヘビーユーザーです
何度購入しているかわかりません!デカフェはここでという感じですのでまた購入します。
ムソー 有機デカフェ

遺伝子組み換え作物不使用・無農薬にこだわった自然食品を取り扱うムソーの有機デカフェ。科学的な溶剤を一切使用せずに、水と微粒子フィルターだけを使用するスイスウォータープロセス製法で、カフェイン残留率は0.1%以下なので安心して毎日飲めます。

世界一とも評されるマンデリンのグレード1を贅沢に使用しているため、上品なコクとスッキリとした味わいをそのままに楽しむことができます。

なかなかないオーガニックコーヒードリップ
旅行用に購入しました。
とっても芳醇な香りで、味も美味しく、最高です。
価格がもう少しお安いタイプがあるとファンも増えるかも…。

 

カフェインレスコーヒーは味・安心・コストで選ぶ

最近では、カフェインレスコーヒーの選択肢もかなり増えてきました。しかし、その分選ぶ時に「どれを選んだらいいかわからない」 という方も多いと思います。

自分や大事な家族が口にするものだからこそ、味・安心・コストにこだわって選ぶのがおすすめです。

「カフェインレスコーヒーはおいしくない…」 という時代もありましたが、低コストでコーヒーの成分をしっかり残しつつカフェインが除去できるウォータープロセス抽出法が確立されてからは、コスパに優れたおいしいカフェインレスコーヒーも販売されるようになりました。

今回の記事を参考にしながら、毎日飲みたくなるような味・安心・コストのバランスに優れたカフェインレスコーヒーを見つけましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事