世界中では、土地や気候に応じて食文化が異なります。同じようにコーヒーでも、それぞれの地域の風土や好みに合わせたアレンジメニューが存在します。ロシアは日本人にとってあまり馴染みのない国かもしれませんが、W杯で興味を持った方も少なくないと思います。

中でもコーヒーのアレンジメニューであるロシアンコーヒーは独特です。作り方や味の特徴までわかりやすくご紹介します。家で試してみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ロシアンコーヒーとは

Thierryさん(@thierrynndo)がシェアした投稿 -


「ロシアンコーヒー」……。時々日本でも喫茶店などのメニューにあるのを見たことがあるでしょうか?

しかし、日本で知られているロシアンコーヒーは大抵日本風にアレンジされています。本場のロシアンコーヒーのポイントとなるのは“ウォッカ”“卵黄”です。基本的には、ブラックコーヒーにウォッカと卵黄を入れて混ぜるだけです。

「え、コーヒーに卵!?」と思われる方もいるかもしれません。ロシアでは、身体を芯まで温める飲み物として愛されています。日本のたまご酒のようなイメージなのかもしれません。

卵黄が入ることで、カスタードクリームのようなまろやかな甘味があり、意外とハマるかもしれません。

スポンサーリンク

ロシアならではの環境で生まれたアレンジコーヒー


ロシアンコーヒーは、ロシアの自然の厳しさが生んだとも言えるかもしれません。ロシアは典型的な大陸性気候で、夏は短く、厳しい寒さが続く冬が特徴です。夏冬の気温差は75℃ にもなり、冬の時期シベリアでは-20℃から-35℃、内陸部には-50℃以下 になるところもあります。

こうした厳しい寒さの中で、身体を温めるためにウォッカを飲む習慣なども根付きました。ロシアでは、冬場の寒い時期にバーニャと呼ばれるサウナに入りながら、ロシアンコーヒーや紅茶にジャムが入ったロシアンティーを飲むのが慣習になっています。

ロシアンコーヒーのレシピ

Namrata Misraさん(@namratamisra)がシェアした投稿 -


では、ロシアンコーヒーの作り方を見ていきましょう。日本の喫茶店などではロシアで飲まれているようなロシアンコーヒーはなかなか飲めません。ただし、材料は日本でも簡単に手に入るので、自宅でなら作ることができます。

ロシアンコーヒーの材料
・深煎りコーヒー  100cc
・牛乳       50cc
・卵黄       1個
・ウォッカ     20cc
・ホイップクリーム 適量
・カルダモン            少々
1.小さな鍋に卵黄、牛乳を入れてよくかき混ぜ、火にかけます。沸騰しないように温まったらマグカップに注ぎます。
2.ホットコーヒー、ウォッカを注ぎよく混ぜます。甘いのが好きな場合、ここで砂糖やチョコレートシロップなどを入れるのもおすすめです。
3.上からホイップクリームを浮かべ、カルダモンをふりかけて完成。

ポイントは卵黄とウォッカを使用することなので、それ以外の部分は好みに合わせてアレンジしてみるのも楽しいです。

日本風のロシアンコーヒーもおすすめ

日本の喫茶店などでロシアンコーヒーがある場合、まず本場で飲まれているようなロシアンコーヒーは出てきません。

日本でのロシアンコーヒーは、ブラックコーヒーにミルクと砂糖を入れてカフェオレにしたものにホイップクリームとチョコレートシロップをかけたようなものが多いです。中に卵黄とウォッカは入っていないことがほとんどです。

卵黄とウォッカが入っていないのに、なぜロシアンコーヒーと呼ばれているのかは謎ですが、これはこれで寒い時期飲みたくなるアレンジメニューです。

まとめ


ロシアンコーヒーとは、寒いロシアの自然の中でロシアの人々が身体を温めるために生まれたアレンジメニューです。

ウォッカと卵黄を入れることで、カスタードクリームのようなまろやかな甘味のあるコーヒーになり、栄養価も高くウォッカのおかげで身体の芯から温まります。自宅でも揃う材料なので、ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事