コーヒー好きのなかで、人気の珈琲きゃろっと。
本格的なシングルオリジンのコーヒーが自宅で手軽に楽しめます。

でも、それなりのお値段がします。
そこで、少しでもお得に手に入れられる便利な「くるベさ」について詳しく紹介します。

くるベさの種類やコース、お得ポイントや入会特典だけでなく、申込方法や退会方法も詳しく案内します。

定期購入を迷っているあなたは、ぜひ参考にしてください。

当サイトのおすすめコーヒー

珈琲きゃろっとQグレーダーの内倉大輔氏が、現地まで足を運び選んだコーヒ豆を、世界で1台の特注焙煎機で焙煎した豆をその日のうちに発送。

マイルドなコーヒーを好みの方におすすめ!

今なら返金保証付初回限定53%OFF 1,980円‼
⇒ 1日30セット限定のお試しセット

ニフコーヒー
Qグレーダーの代表小川氏と焙煎担当渡邊氏が立ち上げたスペシャルティコーヒーのオンラインショップ
コンセプトは、品質の良いコーヒー豆を安価(200gで999円~)で提供

美味しいスペシャルティコーヒーを自宅で楽しみたい方におすすめ!
⇒ ニフコーヒー公式ストアへ

ROKUMEI COFFEE焙煎の日本チャンピオンとなった焙煎士 井田浩司氏が率いる自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店
コンセプトは「豊かな日常を、スペシャルティコーヒーとともに」
厳選した高品質な豆を最高の焙煎で仕上げた甘くてクリーンなコーヒーが特徴
発送の直前に焙煎することで、鮮度の高いコーヒー豆を届けてもらえます。

スペシャルティコーヒー3種類コース500円お試しキャンペーン実施中!
⇒ ROKUMEI COFFEEスペシャルティコーヒー3種類コース

※Qグレーダーは、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。
世界で約6,000人、日本では約300人

くるべさの商品説明

珈琲きゃろっとの「くるベさ」とは、毎月定期的にコーヒー豆(粉)を届けてくれる定期配達便のことです。
毎回注文しなくても、届くのでとても便利!

しかも、あなたの都合に合わせて、希望の曜日指定した時間に定期的に届きます。

くるベさの種類は2つで、コースは全部で4つあります。
だから、あなたのライフスタイルに合わせて選べますよ。

また、特典が付いているので、単品で購入するよりもお得です!

「くるべさ」の由来は、北海道弁の「来るべさ」から、きています。
注文しなくてもコーヒーが届く(来る) → 「くるべさ」ということで名づけたそうです。

くるベさの種類とコース別の金額表

まずは、くるベさ定期便の種類とコース別の月々支払金額を確認しましょう。

通常定期便(毎月/1杯あたり) 年間契約 定期便(初回/他11ヶ月)
2品コース 4.570円(税込)/81円 2.285円(税込)/4.570円(税込)
3品コース 5.710円(税込)/76円 2.855円(税込)/5.710円(税込)
4品コース 7.360円(税込)/68円 3.680円(税込)/7.360円(税込)
5品コース 8.840円(税込)/65円 4.420円(税込)/8.840円(税込)

 

それぞれの種類の違いとコースを詳しく見ていきましょう!

くるベさの申し込み種類は2つ!
  1. 通常申込
  2. 年間契約

※定期くるベさの「仮予約」の人は、通常申込での登録になります。

どちらの種類を選んでも、コーヒー豆(粉)の品質・種類・量は全く変わりません!

違いは…

  • 解約できるまでの利用回数(通常3回・年間12回)
  • 初回配達分のセット価格が半額
    ・3品セット 5.710円➡2.855円
    ・5品セット 8.840円➡4.420円
年間契約の注意点!
  • セット数の変更は、年間契約で3回目が届いた後です。
  • 定期便を利用1回のみ受け付け可能(2年目以降など再度の受付はできません!)
  • 12回の利用条件中に、途中でスキップ隔月にするのはOK!
  • 半額の適用は定期便セット金額のみ(追加商品は半額対象外)
  •   ※カフェスト選択時の追加料金も半額対象外

  • やむを得ず解約する場合は、初回半額で割り引いた金額を返金となります。
くるベさのコースは、全部で4つ!
  1. 2品コース:1日1杯ぐらい(月間約830円お得)
  2. 3品コース:1日2杯ぐらい(月間約1.160円お得)
  3. 4品コース:1日3杯ぐらい(月間約1.690円お得)
  4. 5品コース:1日5杯ぐらい(月間約2.390円お得)

くるベさの便利ポイントと入会特典!

  1. 注文不要で手間いらず!
    「ついうっかり!」注文忘れもなく、定期的に届きます。
    出荷日の変更も可能です。
  2. 今月は1回お休み・追加同梱も対応してくれる
    一時停止スキップがWEBのマイページから簡単にできます。
    出荷日の前日までに連絡すれば、定期便と一緒に追加商品を同梱できます。
  3. あなた好みの銘柄に変更可能!
    それぞれの好みに合わせて「定番品」「浅煎り抜きのお任せ」「深煎り抜きでお任せ」もできます。
    この場合は、出荷日の3日前までに連絡が必要です。
  4. くるベさの解約も簡単!
    出荷日の3日前までに、連絡しましょう。
    ※くるベさの解約は、4回目の利用以降からです。

解約方法は、後ほど詳しく紹介します。
 

くるベさだけの入会特典!
  • 代引き手数料無料&送料無料!
  • どんなに高い銘柄でも、価格は一定!
  • カフェストも定期便でお届け可能!

お試しセット紹介と申込み

でも、いきなりくるベさ(定期購入)を申し込むのは、躊躇いますよね。

そんな人におすすめなのが、初めて購入する人限定でかなりお得なお試しセットがあります。
※おひとり1セットまで

このページから飛べる公式ホームページより、必要事項を登録すれば誰でも簡単に申し込めます!

得に人気の2種類のコーヒー
・グアテマラ・ラ・クプラ農園200g(中深煎り)
・コスタリカ モンテ・コペイ エル・エンシノ農園200g(中煎り)

初回限定4.553円➡53%OFF 2.138円(税込)送料無料

しかも、「買って失敗したくない」「ネットで買うことに抵抗がある」という人のために、完全返金保証もあります。

お試しセットから「くるベさ」の仮登録ができます。
仮登録をすると、もう1袋おまけが貰えます。
しかも、完全返金保証があるので、安心して頼めますね!

↓↓↓ 今なら53%offで試せます ↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

くるべさの申込み方法

珈琲きゃろっとは、実店舗か公式のホームページからしか購入できません。
楽天市場やAmazonでは、取扱いしていないからです。

  1. 公式サイトのトップページの左下にあるメニューから、「定期配達便くるベさ 申込」をクリック!

    ページの下までスクロールすると、申込フォームが出てきます。
  2. あなたの希望のコースを選びます。
  3. 豆の状態・毎月の出荷希望日(第何週の何曜日か?)を選択して、「この商品をかごに入れる」をクリックします。
  4. 申込手続きを行います。
    支払い方法は、代金引換(手数料無料)・クレジットカード引落し(毎月自動引き落とし)のどちらかを選択します。
  5. 申込完了!!

サクサク進むので、あっという間に申し込めます。
 

↓↓↓ 定期配達便くるベさを申し込む ↓↓↓

 

くるベさ 毎月の流れ

引落しのケース
  1. 出荷日にお届け内容をメールでお知らせ。
  2. 珈琲きゃろっとより、商品を発送。
  3. 商品受け取り。
    ※商品代金は、出荷した日に自動的に引落しされます。

 

代金引換のケース
  1. 出荷日にお届け内容をメールでお知らせ。
  2. 珈琲きゃろっとより、商品を発送。
  3. 商品受け取り時に、代金を支払う。
    ※代引き手数料は無料です!
スポンサーリンク

くるべさの解約方法

珈琲きゃろっとのくるベさの解約は、WEBのマイページから簡単にできます。
流れにそって確認していきましょう。
 

  1. まずは、ホームページにあるマイページをクリックします。
  2. メールアドレスとパスワードを入力してログインします。
  3. 下までスクロールすると、あなたのくるベさコースと各種設定が出てきます。
    各種設定ができる赤いボタンの左から2個目にある「ご解約/仮予約キャンセル」をクリックします。
  4. お名前と解約内容が合っていれば、右下の赤い解約ボタンをクリックします。
  5. そのまま進むと再確認のページが開きます。
    解約以外にも、隔月や3ヶ月お休みも選択できます。
    下までスクロールして「解約手続きへ」をクリックして、解約を確定します。

ページに沿って進むだけなので、誰でも簡単に解約手続きができます。

出荷日の3日前までに連絡すれば、スムーズに解約できます。

発送日の3日前に間に合わないと、翌月の解約になります。
解約を決めたら、忘れないうちに手続きをしておきましょう!

珈琲きゃろっと くるベさのまとめ

珈琲きゃろっと:コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス

珈琲きゃろっとの定期便「くるベさ」について詳しく紹介しました。

便利なくるベさは、通常購入よりもかなりお得です。
こだわりの美味しいコーヒーを定期的に楽しみたい方に、おすすめです!

申込方法や解約方法も詳しく紹介しているので、気軽に自宅で本格コーヒーを楽しんでください。
 

↓↓↓ 定期配達便くるベさを申し込む ↓↓↓

 

 
 


 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事