日本で主流になっている、ハリオV60ドリッパー、コーノ名門ドリッパー、メリタ式の1つ穴ドリッパー、カリタ式ドリッパーの4種類のドリッパー。

それぞれのドリッパーの特徴を理解して抽出することで、本当においしいコーヒーをいれることができます。

では、今回の記事では、中でもカリタ式のドリッパーについて検証していきたいと思います。

*他のドリッパーについてはコチラから
ハリオV60ドリッパー
コーノ式ドリッパー
メリタ式の1つ穴ドリッパー

スポンサーリンク

カリタ式ってどんなコーヒードリッパー?

カリタ式ドリッパーの特徴
  • 3つ穴式
  • リブがドリッパー上部まで

 

カリタ式のコーヒードリッパーは、形状が似ていることから、よくメリタのコーヒードリッパーと比較されます。

しかし、メリタのコーヒードリッパーが一つ穴なのに対して、カリタ式は穴が3つ
リブも上部まであるため、抽出速度が速く、メリタのドリッパーよりも難易度は高めです。でもその分雑味が出にくく、スッキリとした軽やかなコーヒーが入れやすいドリッパーと言えます。

ただし、抽出速度が速いため狙い通りのコーヒーを抽出するためには、注湯の量やタイミングを調整する必要があり、ある程度の慣れも必要になります。

カリタのドリッパーの種類

現在、カリタのドリッパーには、代表的な扇型のカリタ式と、円形のウェーブシリーズの2種類があります。

カリタ式のコーヒードリッパー

カリタ式といえば、この扇型のコーヒードリッパーを指す場合が多いです。

3つ穴の穴が小さく、適度に湯だまりを作りながら抽出するので、コーヒーのうまみを引き出しつつ、軽やかな飲みやすいコーヒーを抽出するのに適しています。

商品ラインナップが非常に多く、プラスチック製以外にも、耐熱ガラス製、陶器製、銅製などがあり、それぞれ素材特性が異なります。リーズナブルなものならプラスチック製ですが、熱伝導に優れた銅製や、劣化しにくい陶器製や耐熱ガラス製も人気があります。

一杯専用のマグカップ用ドリッパーなど、ユニークな商品もあるので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

カリタのウェーブドリッパー

カリタ独自の円形状のドリッパー。

3つ穴はノーマルなドリッパーと同じですが、ウェーブドリッパーにはリブがありません。そのかわりフィルターにウェーブ状のヒダが付いており、これがリブの役割を果たします。
ノーマルドリッパーよりも抽出速度は速めなため、雑味を少なく、美味しさだけをドリップします。
また底が平らなため、コーヒーの粉が均一に馴染みやすいのが特徴です。

他の形状のドリッパーのように、他のメーカーのペーパーフィルターを流用できないので、基本純正品が常に必要になるのが、デメリットともいえます。

 
 

スポンサーリンク

カリタのドリッパーの入れ方・使い方


【分量:3杯分】
コーヒーの粉 30g
お湯 360ml


  1. フィルターの端を折って、ドリッパーにセットします。陶器製やガラス製、銅製のドリッパーはあらかじめお湯で温めておきましょう。


  2. 粉全体を湿らすように、約30mlのお湯(コーヒーの粉と同量)を注湯します。


  3. 30秒間かけて蒸らします。お湯の通り道を作ることで、豆の美味しさを引き出しやすくなります。
    焙煎から日が経っていない新鮮な豆だと、写真のようにドーム状に膨らみます。


  4. “の”の字を描くように、お湯を注湯していきます。しっかりとコーヒーの成分が抽出できるように、一度目の注湯は細く注いでゆっくりと抽出するようにしましょう。


  5. 2回目~4回目の注湯は、1回目よりも太いお湯でしっかり注湯します。お湯が落ちきってから注湯すると雑味が混ざるので、ドリッパーの中で粉が凹みだしたら次の注湯をするようにします。
    3回から4回の注湯で抽出量になるようにします。


  6. 必要な抽出量までコーヒーが落ちたら、ドリッパーにお湯が残っていても速やかにドリッパーをサーバーから外すようにしましょう。
    軽くサーバーの中のコーヒーをかき混ぜて、カップに注げば出来上がりです。

 

動画でもじっくり確認

カリタのドリッパーでおいしいコーヒーをいれよう!

独自の3つ穴で素早くコーヒーの美味しさだけを引き出すカリタ式のコーヒードリッパー

3つ穴形状とリブの形状ゆえに抽出スピードが速めで、しっかり注湯スピードをコントロールする必要がありますが、うまく抽出できると、スッキリとしつつもコクのある軽やかなコーヒーが入れられます。
何度も練習して、カリタ式ならではのおいしいコーヒーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事