毎回コーヒーの抽出の後にでる“コーヒーのかす”

何に使おうか悩んで結局捨ててしまう方も少なくないのではないでしょうか?

でも実は、コーヒーのかすには非常に高い脱臭力があることが実験でわかったんです。

今回の記事では、そんなコーヒーかすの持つ力についてご紹介します。

スポンサーリンク

活性炭の5倍の脱臭力を持つコーヒーかす

(画像出典:UCC)

『コーヒーかすは消臭剤として使える』と昔から言われてきました。

そこで、UCCによって、実際にコーヒーかすにどれくらいの脱臭力があるのか実験が行われ、結果は消臭剤としてよく利用される活性炭の約5倍の脱臭力があることがわかりました。

冷蔵庫の中や下駄箱のイヤなニオイの大きな原因の1つにアンモニアがあります。アンモニアは身体から汗と一緒に排出されたり、冷蔵庫に入っている食品が腐敗したりすることで発生します。

そしてコーヒーかすはこのアンモニアに効果的なんです。

コーヒーかすの優れた脱臭効果には、3つの秘密があります。

コーヒーかすの水分によるアンモニアの吸収

アンモニアには、もともと水に溶けやすい物質と言われています。そのため。コーヒーかすに含まれている水分がアンモニアを吸収することで、ニオイの元を除去して脱臭します。

乾燥してしまっているコーヒーかすよりも、まだ湿っているコーヒーかすのほうが効果を発揮するのはこのためです。

コーヒーかすの構造でアンモニアを吸収

コーヒーかすは顕微鏡で覗くと、隙間のたくさん空いた多孔質な構造をしていることがわかります。これは活性炭も同じで、表面積が増えることで、ニオイの元をキャッチして吸収することで脱臭します。

コーヒーかすの化学的構造でアンモニアを吸収

ニオイの元になるアンモニアは、アルカリ性です。そしてコーヒーかすは酸性なため、アルカリ性を中和させる働きがあり、アンモニアを効率良く吸収できるようにします。水分をよく含んだコーヒーかすの方が、アンモニアの中和・吸収効率が高まります。

スポンサーリンク

コーヒーかすの脱臭力を活かした使い方

大きく分けて2つの使い方があります。

湿ったままで脱臭力抜群

ドリップコーヒーなど、レギュラーコーヒーをいれた後に、水滴が落ちない程度まで水をきったコーヒーかすを、小皿に載せます。そのまま冷蔵庫の中など、ニオイの気になるところに置きましょう。

湿ったままだとカビやすいので、1日~2日くらいで交換するようにします。

乾燥させて使い勝手を重視

レギュラーコーヒーをいれた後のコーヒーかすを、十分に乾燥させます。それからお茶パックにいれてこぼれないよう閉じて、下駄箱や収納など、ニオイの気になるところに置きましょう。

乾燥させてあるので、日持ちしますが、1週間くらいを目安に交換するようにします。

脱臭力のあるコーヒーかすを有効活用

UCCの実験では、コーヒーかすに活性炭の約5倍の脱臭力があることがわかりました。

毎日をコーヒーを飲むような方だと、「もったいないな…」と思いながらコーヒーかすを捨てたことがあるのではないでしょうか?

せっかくなので、今回の内容を参考にしながら、コーヒーかすを有効活用してみてはいかがでしょうか。

 
 
 
 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事