日本で主流になっている、メリタ式ドリッパー、コーノ式ドリッパー、カリタ式ドリッパー、ハリオ式ドリッパーの4つのドリッパー。

それぞれの特徴をよく理解することで、はじめて豆本来の良さを活かした抽出ができます。

今回の記事では、中でもハリオ式のV60ドリッパーに注目して、特徴やコーヒーの入れ方・使い方について検証していきたいと思います。

*他のドリッパーについてはコチラから
コーノ式ドリッパー
カリタ式ドリッパー
メリタ式の1つ穴ドリッパー

スポンサーリンク

ハリオ V60ドリッパーの特徴


 

ハリオのV60ドリッパーの特徴は、円錐形のドリッパーに入った12本の螺旋状のスパイラルリブ。

円錐形にすることで、コーヒーの粉の層が深くなり、よりお湯とコーヒーが触れる時間を長くして、コーヒーの成分をしっかり抽出します。

同じ円錐形ということで、コーノ式とよく比べられますが、コーノ式はドリッパー下部に大きなリブが付いているのに対して、ハリオのV60はドリッパーの一番上までスパイラルリブが続いているのが大きな違いです。

ペーパーとドリッパーの密着を防ぎ、空気の抜ける空間ができるので、スムーズな抽出ができます。

スタッフ
ハリオV60は、お湯が落ちるまでのスピードが比較的早いため、お湯を注ぐ量と注ぐタイミングを工夫することで出来上がるコーヒーの風味をコントロールします。
思い通りに抽出するには少し慣れが必要ですが、ハンドドリップで自分好みの味を追求するのは、何よりの楽しみなので、いろいろ試してみましょう。基本的な抽出方法は下でご紹介します。

ハリオならではの耐熱ガラス製が魅力


 

ハリオは、もともと耐熱ガラスを専門に扱う日本で唯一工場を持つ耐熱ガラスメーカー

そのため、ハリオのV60にも、プラスチック製だけでなく、耐熱ガラス製の製品があります。

コーノ式もそうですが、一般的にプラスチック製のドリッパーは高温のお湯を注いで何回もコーヒーを入れていると、ひび割れたり色がくすんでどうしてもチープな雰囲気になってしまいます。

その点、ハリオの耐熱ガラス製のコーヒードリッパーは、温度変化に強くニオイ移りや色移りもしにくいのでコーヒーの風味を損なうこともありません。高級感もあり、コーヒー好きの部屋のインテリアとしても映えます。

 

スポンサーリンク

ハリオV60のコーヒーの入れ方・使い方

コーヒー豆の量:120mlのお湯に対して10g~12g

【ハリオのコーヒーの入れ方・使い方】


  1. コーヒーフィルターの縁を折って、ドリッパーにセットします。フィルターの雑味で風味が変わらないように、お湯を少量かけてお湯通しをします。


  2. コーヒーの粉をセットします。ハリオのコーヒースプーンには、中にラインがあり、8g・10g・12gと使い分けられます。すりきり一杯にすると約14g前後。
    メーカーによってコーヒースプーン一杯の量は変わるので、ドリッパーに合わせて使い分けるか、コーヒースケールを使用するようにしましょう。


  3. お湯を粉全体が湿る程度にかけて、30秒ほど蒸らします。この工程でコーヒーのアロマや味わいを引き出しやすくなるので、じっくり待ちましょう。


  4. 小さな円を描きながら、お湯を何回かにわけて注いでいきます。注湯する量によって抽出スピードが変化します。必要な分が抽出できたら、ドリッパーにお湯が残っていてもサーバーから取り外しましょう。泡に含まれる雑味が入ってしまうのを防げます。
    サーバーからカップに注いで抽出完了です。

公式動画でも確認!

 

ハリオV60を使って、おいしいコーヒーを入れよう

ハリオV60はサードウェーブコーヒーでスペシャリティコーヒーを楽しむための器具としても、世界中の70の国や地域で支持されています。

注湯するスピードやタイミングでも抽出するコーヒーの風味が変わるので、何回も練習しながらハリオV60を使って思い通りのコーヒーがいれられるようになりましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事