コーヒーの粉を一杯分はかるのに使う計量スプーン

ドリッパーなんかを買うとおまけで付いてくるので、使い続けている方も多いのではないでしょうか?

でも、実は各メーカーによって計量スプーンの量に違いがあるので、狙った量の粉を使えてない場合もあります。

それぞれのメーカーの違いや、おすすめの計量方法をご紹介します。

スポンサーリンク

各メーカーの計量スプーンの量の違い

コーヒーの粉を量るスプーンは正確には「コーヒーメジャースプーン」と言います。

コーヒーのドリッパーや豆を買ったりすると、おまけで付いてきますよね。しかし、実はこのコーヒーメジャースプーンはメーカーによってコーヒーの粉の量が変わってくるんです。

コーヒーは繊細な飲み物です。

1gコーヒーの粉の量が変わるだけでも、風味が大きく変化したりします。なので、「どれでも一杯10gでしょ」と思ってコーヒーを入れていると、なかなかおいしいコーヒーが入れられなかったり、おいしいコーヒーが入った時にも、正確に粉の量がわからないと、同じ味を再現できません。

では、各メーカーの粉の量はどれくらいなのか目安で見てみましょう。*焙煎具合や挽き目によっても変わるので、あくまで目安ですが…

各メーカーのコーヒーメジャースプーンの量の違い

  • カリタ 10g
  • メリタ 8g
  • ハリオ 12g
  • コーノ 12g

 

それぞれのコーヒーメジャースプーンで、メーカーの推奨する一杯分あたりの粉の量がすりきり1杯で量れるようになっています。

ただし、メリタだけは、すりきりではなく、山盛り一杯で8gなので注意です。*山盛りってどれくらいの山盛り?って聞きたくなりますよね…。

そのため、例えば、メリタのコーヒーメジャースプーンでコーヒーの粉を入れて、ハリオのV60やコーノ式の名門ドリッパーでコーヒーを抽出すると、薄い味気ないコーヒーが出来上がります。

普段使っているコーヒーメジャースプーンがどのメーカーで、どのくらいの量なのかは、確認しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

理想は使い分けorデジタルスケール

使用するドリッパーに合わせて最適な量のコーヒーの粉を量るには、使用するドリッパーに合わせて、毎回コーヒーメジャースプーンを使い分けることです。

そうすれば、とりあえずそれぞれのドリッパーが推奨しているコーヒーの粉の量から大きく外してしまうことはありません。

ただし、結構面倒ですよね…。

なので、理想はデジタルスケールを使用する方法

抽出方法・好み・コーヒーの銘柄によって、コーヒーの粉の量は変わってくるので、必要な量を量れるデジタルスケールはコーヒーの抽出で重宝しますよ。

おいしく入った時に何gの量を使ったのか正確にわかると、次も同じ味を再現しやすくなります。

コーヒー用のデジタルスケールにはこんなのがあります。

200gまで0.1g単位で量れて、なおかつタイマー機能まで付いているので、抽出時間のコントロールまでしやすくなります。そしてスタイリッシュでオシャレなので、コーヒーを入れるのを楽しくさせてくれそうです。

でも…

コーヒーを趣味にすると、結構出費がかさみますよね。そしてハリオのドリップスケールは結構高いんです…。

なのでできるだけリーズナブルにしたいっていう方であれば、1,000円くらいのタニタのデジタルスケール100均のタイマー(カウントアップできるやつ)を組み合わせるのがコストパフォーマンス抜群です。

*筆者もハリオのドリップスケールが欲しいなと思いながら、タニタを何年も使ってます。

1g単位ですが、慣れれば、0.5g単位くらいでは量が把握できるので、お好みの味がいつでも再現できますよ。

あと、デジタルスケールがあると活躍するのが、一度に数杯分のコーヒーを入れる時です。

杯数によっても使うコーヒーの粉の量は変わってくる

コーヒーメジャースプーンを使っている場合、一度に3杯、4杯のコーヒーを入れる時には、どうやって量を量っていますか?

コーヒーは一度にたくさん作る場合は、少しずつ粉の量を減らすのが普通です。コーヒーメジャースプーンだと、そんな微調整もわかりにくいですよね。デジタルスケールなら、狙った量が簡単に量れるので楽々です。

コーヒーの量の目安

1杯分 2杯分 3杯分 4杯分
10g 18g~20g 25g~30g 35g~40g

コーヒーメジャースプーンの量の違いに要注意

コーヒーメジャースプーンはオマケでよく付いてきますが、メーカーによって一杯分の量が微妙に違うので、注意が必要です。

面倒くさくなければ、使うドリッパーによってコーヒーメジャースプーンも使い分けたらいいですが、好みの味によっても微妙にコーヒーの粉の量は変わりますし、一度に数杯分入れる時にも粉の量を調整するので、デジタルスケールを1つ用意しておくのが一番楽な方法かもしれません。

コーヒーは繊細で、ちょっとした粉の量でも味が変化するので、正確に量を量って自分好みの味を再現できるようになりましょう。

 
 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事