フレンチプレスは特別な技術がなくてもコーヒー豆の良さを生かしたコーヒーがいれられる抽出器具です。

コーヒー専門店でも使われているのを見て、自宅でも購入した方もいらっしゃるのではないでしょうか?
でも、意外と悩む方が多いのが「フレンチプレスの洗い方」です。

そこで今回の記事では、実際の画像も交えつつ、フレンチプレスの洗い方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フレンチプレスの洗い方|分解が必要!?

フレンチプレスの洗い方の基本は分解洗浄です。

分解洗浄と聞くと難しそうに感じますが、フィルターの部品を外すだけなので1回試してみれば簡単にできるようになります。

フレンチプレスの水洗いでは不十分!

フレンチプレスの洗い方でよく見るのが、コーヒーの粉を水で流して終わりにしてしまう方法

ただし、実はNGなんです…。

コーヒー豆には油脂成分が含まれていて、ペーパーフィルターを使うハンドドリップだと、フィルターがオイル成分を吸収してサーバーなどにはオイル成分がほとんど付着しません。

でもフレンチプレスの場合、金属製のメッシュフィルターなため、オイル成分が直接抽出されてしまうのです。オイル成分はフレンチプレスのおいしさの秘密でもあるので悪いものではないのですが、油脂なため水洗いしてもきれいには落ちません

そしてフレンチプレスに油脂が付着したままにしておくと、酸化してコーヒーの風味を損なう原因になってしまいます。
なのでフレンチプレスを洗う時には、中性洗剤を使ってしっかりと残ったオイル成分も落とすようにする必要があります。

フレンチプレスの洗い方

では、実際にフレンチプレスの洗い方を画像も確認しながら見ていきましょう。

1.フレンチプレスに付着したコーヒーかすを捨てる

フレンチプレス用のガラスビーカーや、プランジャーに付着しているコーヒーかすを捨てます。

流し台にそのまま流してしまうと、コーヒーかすは水に溶けないので排水管が詰まってしまうこともあります。流さずにゴミとして処分しましょう。

2.フレンチプレス用ビーカーを洗う

中性洗剤を使ってフレンチプレス用ビーカーをしっかり洗っていきます。

細いビーカーで手が入らない場合などは、100均で売られている柄付きのスポンジが一つあると重宝します。

3.プランジャーを洗う

プランジャーに取り付けられているフィルターは取り外して洗うことをおすすめします。

組み立てられた状態のまま洗うと、隙間に入り込んだコーヒーかすが取れずに酸化してコーヒーの風味を損ねる原因になります。

フィルターは、上からスパイラルフィルター・メッシュフィルター・フィルターホルダーの順番で取り付けられていて、ネジを緩めるだけで簡単に取り外せるのでそこまで手間でもありません。

4.フレンチプレスを乾燥させて組み立てる

洗った後はある程度水分をふきんなどで拭き取って、サビなどが出ないようにしっかり乾燥させてから組み立てます。

ニオイや色が気になったら漂白洗浄

毎回しっかり洗っているつもりでも、ニオイや色が気になるようになることがあります。

そんな時には、漂白剤を薄めたお水に部品を漬けて30分くらい置いておくと、きれいになるのでお試し下さい。

ポイント
フィルターの中でもメッシュフィルターは消耗品です。使用頻度にもよりますが、寿命は半年~1年ほど。微粉の混入が前より多くなったら、交換時期の目安です。フィルターだけでも購入可能です。

 

スポンサーリンク

フレンチプレスをキレイにしておいしいコーヒーを飲もう

最初使い始める時には難しく感じるフレンチプレスの洗い方

でも実際試してみると、フィルターの部品を取り外して中性洗剤で洗うだけなので、1回仕組みがわかるとほとんど手間になりません。

フレンチプレスは豆とお湯を入れて4分待つだけで豆の良さをダイレクトに生かしたコーヒーがいれられる素晴らしい抽出器具です。
キレイにしておいしいコーヒーをフレンチプレスで毎日楽しみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事