毎日手軽にコーヒーが作れて便利なコーヒーメーカーですが、気がつくと「入れたコーヒーが臭い…」なんてことも。

そこで今回の記事ではコーヒーメーカーの3つの臭いの原因と解決方法をわかりやすくご紹介
します。

当サイトのおすすめコーヒー

珈琲きゃろっとQグレーダーの内倉大輔氏が、現地まで足を運び選んだコーヒ豆を、世界で1台の特注焙煎機で焙煎した豆をその日のうちに発送。

マイルドなコーヒーを好みの方におすすめ!

今なら返金保証付初回限定53%OFF 1,980円‼
⇒ 1日30セット限定のお試しセット

ニフコーヒー
Qグレーダーの代表小川氏と焙煎担当渡邊氏が立ち上げたスペシャルティコーヒーのオンラインショップ
コンセプトは、品質の良いコーヒー豆を安価(200gで999円~)で提供

美味しいスペシャルティコーヒーを自宅で楽しみたい方におすすめ!
⇒ ニフコーヒー公式ストアへ

ROKUMEI COFFEE焙煎の日本チャンピオンとなった焙煎士 井田浩司氏が率いる自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店
コンセプトは「豊かな日常を、スペシャルティコーヒーとともに」
厳選した高品質な豆を最高の焙煎で仕上げた甘くてクリーンなコーヒーが特徴
発送の直前に焙煎することで、鮮度の高いコーヒー豆を届けてもらえます。

スペシャルティコーヒー3種類コース500円お試しキャンペーン実施中!
⇒ ROKUMEI COFFEEスペシャルティコーヒー3種類コース

※Qグレーダーは、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。
世界で約6,000人、日本では約300人

コーヒーメーカーの臭い1~プラスチック臭

プラスチック臭は、主に購入したばかりのコーヒーメーカーで発生することが多いです。

コーヒーメーカーを作るのに使われるプラスチック、ゴムなどには多くの添加物が加えられています。
そして水溶性の物質もあるので、コーヒーを入れるたびに少しずつ水に溶解してしまうため、これがプラスチック臭の原因となります。

また、製造過程でついたグリスやホコリなどの汚れは完璧にはきれいにできず、そのまま発送されるため、臭いの原因になることもあります。

プラスチック臭の対処方法

まず、何よりも購入したばかりのコーヒーメーカーの場合、水道水を入れて何度か空運転するようにしましょう。そうすると内部の手の届かない部分についた汚れを落とすことができます。

また、使っていてプラスチック臭が気になるようになった場合は、「水に漬け置き」が効果的です。
プラスチックの外せる部品は一通り取り外して、水に数時間漬けておきましょう。
水溶性の成分が溶解してくれるので、臭いが軽減できるはずです。

スポンサーリンク

コーヒーメーカーの臭い2~カビ臭

実は最近になって、「作ったコーヒーがなんだかカビ臭い」というトラブルが増えています。

原因はコーヒーメーカーにミネラルウォーターを使うことです。

コーヒーメーカーは構造上、コーヒーの抽出が終わっても内部に水がある程度残った状態になります。
その状態が長く続くと、中で菌が繁殖して水がカビ臭くなります。
中を分解して開けてみると、中から茶色くなったヘドロのようなものが出てくることもあります。

水道水なら、中にカルキが含まれているので、多少の期間放置してもカビが大繁殖することはありませんが、ミネラルウォーターには塩素が含まれていません。
そのため短時間でも放置しておくと菌が繁殖しやすなってしまいます。

最近ではカルキの臭いを避けるために、ミネラルウォーターの水を飲む方が増えています。
コーヒーにもミネラルウォーターを使うので、内部に残った水に菌が繁殖して臭くなるというトラブルが増えているようです。

カビ臭の対処方法

まず、水道水をタンクいっぱいに入れて、空運転を2,3回してみましょう。
それでも効果がなければ、クエン酸水を作って内部洗浄を行います。

クエン酸は薬局などでも購入できますが、量が多く、あまり掃除以外では使うことがないので、コーヒーメーカーの掃除用に小分けになっているパックが便利です。

ミネラルウォーターを使っていたのに、水道水でコーヒーを入れるのに抵抗がある方は多いと思います。

そこで、汚れを一度リセットしたら、2,3日に一度水道水で空運転するようにすると、菌が繁殖するのを防げます。
またクエン酸洗浄も月に1度くらいしておくと、水垢の付着も防げてコーヒーメーカーが長持ちします。

 

また、カリタのスケールクリーナーを使えば、コーヒーメーカーを簡単にクリーニングできます。
スケール(水垢)を落としてコーヒの味もリフレッシュします。

正味量:10g×5包
成分:植物性有機酸(クエン酸)
食用不可
標準使用量:水約600ccに対して10g

スポンサーリンク

コーヒーメーカーの臭い3~酸っぱい臭い

「なんだか入れたコーヒーが酸っぱい気がする」「前よりも酸味が強くなった」という場合は、コーヒーに含まれるオイル成分が酸化している可能性があります。

コーヒー豆の内、10%くらいの成分は油分だと言われています。
この油分自体はコーヒーのコクや香りを増す非常に重要な成分です。

ただし、コーヒーメーカーのフィルターやサーバーなどに付着したままになると、酸化して嫌な臭いの原因になります。

「普段コーヒーメーカーを水洗いしているだけ」という方は、かなりコーヒーの油汚れがたまっている可能性があります。

酸っぱい臭いの対処方法


 

油成分の汚れには、重曹が効果的です。
食品にも含まれている成分なので、コーヒーメーカーの洗浄に使用しても安心です。

100mlの水に小さじ1杯の重曹を溶かして、重曹水を作ります
そして作った重曹水でガラス製サーバー、ドリッパーなど、取り外して洗える部品をきれいにしていきましょう。
ドリッパーのリブ(溝)の部分などは汚れが溜まりやすいの使わなくなった歯ブラシなどでこすって汚れを落とします。

取り外しできない部品は、重曹水を固く絞ったウエスなどで拭き取るようにしましょう。
きれいにしたら一度水道水で空運転してすすぎます。

最安値をチェック

コーヒーメーカーの臭いを解決しておいしいコーヒーを飲もう

コーヒーメーカーの臭いの3タイプ別の解決方法をご紹介しました。

臭いを解決するためにコーヒーメーカーをきれいにすると、普段なかなか掃除できないコーヒーメーカーに溜まった汚れまで落とすことができます。

きれいになったコーヒーメーカーならもっとおいしいコーヒーが入れられるので、今回ご紹介した方法でコーヒーメーカーの臭いをスッキリ解決させましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事