老舗のコーヒーショップでよく見かける“サイフォン式コーヒー”。年代によっては探偵ドラマのおなじみのシーンを思い起こす方も少なくないかもしれません。

サイフォン式は、コーヒー通の間でも人気が根強く、コーヒーの旨みをしっかり抽出する淹れ方です。今回の記事ではそんなサイフォン式の仕組みと味の特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

サイフォン式コーヒーの仕組み


サイフォン式は、19世紀初期にヨーロッパで開発された抽出方法ですが、正確な起源についてはわかっていません。

1841年にフランスのヴァシュー夫人が特許を取得したガラス風船型サイフォンは現在とほとんど変わらない形状でしたが、それ以前からヨーロッパではサイフォン式のコーヒー抽出が行われていたようです。

“サイフォンの原理”を使ったサイフォン式コーヒー


“サイフォン”
とはギリシャ語で「チューブ、管」という意味。

“サイフォンの原理”と呼ばれる、隙間のない管を利用して、液体をA地点からB地点まで、途中で高い場所を通って導く、高低差のエネルギーの違いを利用したメカニズムを活用しているため、この抽出方法はサイフォン式と呼ばれるようになりました。実際には、サイフォンの原理の他に、熱の力も加わっています。

サイフォン式コーヒーにも、(1)ガラス風船型、(2)ナピアー式、(3)天秤式の3種類がありますが、ここでは最もよく知られているガラス風船型についてご紹介します。

ガラス風船型のサイフォン式コーヒーの仕組み


フラスコ部分に水、ロートにコーヒーの粉をセットします。フラスコ内の水をアルコールランプを使って加熱していくと、フラスコ内の気圧が高くなります。

気圧が十分に高まると、次第に気圧の低いロート側へとお湯が流れていきます。ロート内にはコーヒーの粉があるため、そこでコーヒーが抽出されます。

火を止めると、フラスコ内の気圧が下がり、ロート内でできたコーヒー液は再びフラスコへと下りてきます。コーヒーの粉は取り付けられたフィルターで集められるので、フラスコには抽出されたコーヒー液だけが下りて、コーヒーが完成する仕組みです。

スポンサーリンク

サイフォン式コーヒーの味の特徴


サイフォン式で淹れたコーヒーは、一般的なドリップコーヒーとどこが違うのでしょうか。

サイフォン式の場合、ロート内でコーヒーの粉がお湯にしっかりと浸かるため、ドリップコーヒーよりも味のしっかりとした濃いコーヒーが抽出されます。そして布製のフィルターを通ってフラスコに戻るため、ネルドリップのように、しっかりとコクは残しつつ、まろやかで柔らかい澄んだ味わいのコーヒーになる特徴があります。

豆の挽き具合や抽出時間、火力で抽出されるコーヒーの味を調節しますが、ドリップコーヒーと比べると比較的難易度が低く、毎回同じ品質のコーヒーを淹れやすいのもメリットの一つと言えます。

何よりも科学の実験のような独特の雰囲気や、お湯やコーヒー液が上へ下へと移動する視覚的効果が楽しめて、コーヒータイムをおしゃれな時間にしてくれます。

見た目にも美しいサイフォン式コーヒー


サイフォン式のコーヒーは、水を移動させるサイフォンの原理と、熱の力を利用した独特の抽出方法です。

抽出されるコーヒーはコクはしっかりしつつも、柔らかく飲みやすいので、コーヒーの苦さが苦手という方にもおすすめです。視覚的にもおしゃれなので、コーヒータイムをもっと楽しめるようになります。

コーヒー好きとして、サイフォン式コーヒーにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事