サードウェーブコーヒーで、喫茶店でも見かけることの多くなった「フレンチプレス」。日本では紅茶の道具としてのイメージが強いかもしれませんが、再び注目されているる抽出方法なので、「フレンチプレスで淹れたコーヒーはどんな味になるの…?」と気になっている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、フレンチプレスの仕組みや味の特徴についてわかりやすくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フレンチプレスとは


フレンチプレスとは、1929年にイタリアのデザイナー アッティリオ・カリマーニ氏が特許を取得した抽出方法です。最初に誰が考案した方法なのか、詳しいことはわかっていませんが、最初にフランスで作られ流行したためアメリカやカナダ、日本では”フレンチプレス”と呼ばれています。

スタッフ
フランスでは、”フレンチプレス”とは言わず、”カフェティエール ア ピストン(cafetière à piston)”と呼ばれます。

 

フレンチプレスの仕組み


フレンチプレスのコーヒー抽出の仕組みは非常にシンプル。抽出器具とポットが一体化していて、ペーパーフィルターやドリッパーといった他の道具は必要ありません。フレンチプレスだけあればコーヒーが手軽にコーヒーが淹れられます。

少し粗めに挽いたコーヒーの粉を直接お湯に浸してコーヒー液を作り、抽出されたら円筒状の容器にピッタリとはまるメッシュフィルターのついたプランジャーを押し下げれば完成です。

フレンチプレスは、コーヒーを抽出するための工程が少なく、複雑な作業もないため、同じコーヒーの粉と同じ温度のお湯を使って同じ時間で抽出すると、誰が淹れても同じ品質のコーヒーを淹れやすいのが特徴です。

スタッフ

淹れ方によるコーヒーの味の差が少ないので、いろいろなコーヒー豆を飲み比べたり、焙煎の度合いによる味の違いを確認したりするのにも良く用いられる方法です。

フレンチプレスで淹れたコーヒーの特徴


フレンチプレスで淹れたコーヒーはどんな味わいになるのでしょうか。

フレンチプレスでは、ペーパーフィルターを使用しないため、コーヒー豆に含まれるオイル成分がそのまましっかりとコーヒーに抽出されます。そのためコーヒー本来のコクやまろやかさ、香りを楽しむことができます。フレンチプレスで淹れると、コーヒーオイルが表面に浮いてきます。

誰でもおいしく簡単にコーヒー本来の個性をダイレクトに楽しめるため、シングルオリジンのコーヒーがよく使われるサードウェーブコーヒーで再び注目を集めるようになりました。普段から「シングルオリジンをよく飲む」という方に特におすすめしたい抽出方法です。

フレンチプレスのおいしい淹れ方

フレンチプレスの淹れ方は簡単で、お湯を入れて時間を置けば抽出が完了するので、忙しい朝にもおすすめの抽出方法です。フレンチプレスのおいしい淹れ方を見ていきましょう。

用意するもの:

・コーヒー 25g
・お湯  350ml
・フレンチプレス

1.コーヒー豆を中挽き~中粗挽きにします。

2.コーヒーとお湯をガラスポットに入れて、ヘラ等を使って乾いた粉が残らないようにします。

3.プランジャーは上げたまま、4分間抽出させます。

4.プランジャーを押し下げて、カップに注げば完成です。

スタッフ
プランジャーを下げた後も、コーヒーの成分は抽出され続けるので、数杯分を一度に作る場合は、抽出したコーヒーをほかのポットに入れておくと雑味成分が抽出されてしまうのを防げます。
フレンチプレスを使ったおいしいコーヒーの入れ方について詳しくは関連記事を参考にしましょう。

関連記事:フレンチプレスの入れ方|3つのポイントでおいしいコーヒーを入れる!

おしゃれなデザインのフレンチプレスも魅力的

フレンチプレスは、抽出の仕組み自体が単純なため、ガラス素材の他にもステンレスを使ったものや、旅行用のプラスチック製のものなど、いろいろなデザインのものが販売されているので、お気に入りを見つけるのも楽しいです。

おすすめのフレンチプレス

フレンチプレスなら「ボダム」

日本でコーヒーの抽出器具といえば、ハリオやメリタなどが有名ですよね。

ただフレンチプレスを選ぶなら知っておきたいのが「ボダム」というメーカー。
1944年にデンマークで生まれたブランドで、ボダムのフレンチプレスは世界的にも非常に有名です。
北欧的なシンプルで美しいデザインと機能性の商品が多く、使うのが楽しみになるようなフレンチプレスが見つけられます。

ボダムのおすすめフレンチプレス

名前の通り、旅行先でも気軽にコーヒーが飲めるボダムのタンブラータイプのフレンチプレスメーカー
仕事場で「インスタントのコーヒーでは満足できない」なんてコーヒー好きの方に人気。

飲み口付きでフレンチプレスでコーヒーをいれたらそのままタンブラー代わりとして使用できます。
ペーパーフィルターやプラスチックのコーヒーカプセルも使用しないエコな抽出方法として、ヨーロッパでも高く評価されています。

愛用中

夏になるとブラックコーヒーを浴びるように飲みます。
もっとはやく買えば良かった!!というくらい便利。淹れるのも簡単、洗うのも簡単、しかもおいしい!
濃いめが好きなので私は大満足です。
会社で毎日2回くらい淹れて飲んでます。

 
 

スポンサーリンク

フレンチプレスでコーヒー本来の味わいを楽しもう

 


手軽にコーヒー豆本来の旨味が味わえるため、サードウェーブコーヒーとともに再び注目を集めている「フレンチプレス」。使い方も簡単で、「普段からシングルオリジンを飲んでいる」という方には特におすすめの抽出方法です。

デザイン性の高いフレンチプレスもたくさんあるので、コーヒー好きとして一つ用意してみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事