ハワイ土産の定番であるLION(ライオン)コーヒー

初めての方の中には、『普通のコーヒーの入れ方と違うの?』とお悩みの方も少なくありません。

そこで今回の記事では、香りが楽しめるライオンコーヒーのフレーバーコーヒーならではのおいしい入れ方をご紹介します。

スポンサーリンク

LION(ライオン)コーヒーとは?

(画像出典:LIONコーヒー

ライオンコーヒーは、アメリカを代表する老舗コーヒーブランド

ハワイで老舗の有名コーヒーブランドとして、ハイクオリティなコーヒーにバニラやナッツなどの天然素材のエキスを使って香りを付けた何十種類ものフレーバーコーヒーを販売しています。

初めて飲む方には少し甘ったるく感じるかもしれませんが、慣れてくると普通のコーヒーでは物足りなくなる不思議な魅力のあるコーヒーです。

1864年にアメリカで創業したライオンコーヒーですが、すでにハワイ土産としてすっかり有名なので、お土産で貰ったことのある方も少なくないのではないでしょうか。

ライオンコーヒーの魅力にハマったら、わざわざハワイに行かなくてもネット通販で購入可能です。

ライオンコーヒー人気のベスト3

ライオンコーヒー チョコレートマカダミア
深みのあるコーヒーに、甘みを控えたチョコレートとマカダミアの香りがベストマッチの人気商品。ミルクと合わせてラテスタイルにしてもおいしいです。
ライオン コーヒー トーステッド・ココナッツ
ココナッツパイのような香ばしい香りと甘みのバランスを楽しめるフレーバー。コーヒーを飲むだけで南国気分を感じさせてくれます。
スポンサーリンク

LION(ライオン)コーヒーのおいしい入れ方

お土産でもらうことも多いライオンコーヒー。

おいしく入れるにはお湯の温度注ぐタイミングの2つのポイントがあります。

ライオンコーヒーのおいしい入れ方

基本のコーヒーの量 1人分:10g

  1. 人数分のコーヒーの粉をフィルターにセットして、お湯を沸かします。

  2. 温度が高すぎるとコーヒーのアロマまで飛んでしまうので、沸騰してから1分おいたお湯を使って抽出するのがポイント。まず少量を粉の中心に注いで30秒間蒸らします。

  3. 小さな「の」の字を書くように残りのお湯を3回に分けながら注いでコーヒーを抽出します。

  4. フィルターの表面には泡ができますが、この中に雑味成分が含まれているので、泡が下まで来る前に次のお湯を注ぎます。このタイミングを守ることで、おいしい成分だけを抽出できます。

  5. 必要な量のコーヒーが抽出できたらサーバーをドリッパーから外して完成です。

LION(ライオン)コーヒーのフレーバーを楽しもう

ライオンコーヒーはアメリカを代表する老舗コーヒーメーカー。

なんといってもライオンコーヒーの自慢は贅沢な香りをコーヒーと一緒に楽しめるフレーバーコーヒーです。

マカダミアナッツやヘーゼルナッツ、ココナッツなど、いろいろなフレーバーがあるので、お気に入りを見つけてフレーバーコーヒーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事