エルサルバドルのコーヒーの特徴

中央アメリカで最も小さい国、エルサルバドル

ただし、エルサルバドルは、プレミアムコーヒーの生産地として知名度が高い国です。

コーヒー大国グアテマラとホンジュラスのお隣でもあります。人口は約664万人。中米で最も広いニカラグアより多くなっています。今回は、エルサルバドルのコーヒー豆の特徴についてみてみましょう。

スポンサーリンク

エルサルバドルのコーヒー豆の特徴

エルサルバドルの位置

  • エルサルバドルのコーヒー年間生産量:80,167トン
  • 世界シェア:約0.8%
  • 生産国量ランキング:17位
    ※2018年度調査(FAO国連食糧農業機関による統計より)

中央アメリカには、良質なコーヒー豆の生産国が多いですが、エルサルバドルもその一つ。

スペシャリティコーヒー産出国として、定評のあるコスタリカの次に生産量が多い国です。

コーヒー豆産地としてのエルサルバドル

エルサルバドルの国土は、日本の四国よりも少し広い約2万㎢。

国土は広くありませんが、熱帯性気候と火山地帯での高地栽培は、コーヒーの栽培に非常に適しています

エルサルバドルは火山の国で、20以上もの火山が存在するのだそう。
必然的に、コーヒー栽培は活火山の斜面で行われることが多いです。

サンタアナ火山が噴火したときのように、時には多くの農園が火山被害を受けることはありますが、ミネラルが豊富な火山灰性の土壌は、天然の肥料となってコーヒーの発育を助けています

代表的な栽培地域は、西部のサンタアナ州アウアチャパン州ソンソナテ州などのサンタアナ火山の周辺。また、首都のあるサン・サルバドル州ウルスタン州などでも広範囲で栽培されています。

標高1,200m~1,800mの高地栽培が多く、シェイドツリーによる日陰栽培を実践しています。

エルサルバドルのコーヒー豆の歴史

エルサルバドルのコーヒー豆の歴史は、この国の経済的な発展の歴史でもあります。

スペインによる植民地時代にラテンアメリカ諸国へ伝わったコーヒーは、エルサルバドルでは当初、国内消費用として栽培されました。

しかし、植民地支配が終わると、政府は外貨獲得に有効な手段としてコーヒー豆の栽培を積極的に奨励します。

国有地の2/3をコーヒー生産者に無償で提供し、コーヒー栽培を大々的に推し進めました。
また、コーヒー生産者に対して、税金控除や兵役の免除、輸出課税をなくすなどの優遇措置も行ったため、エルサルバドルのコーヒー産業は急成長。

1920年頃には、国の輸出額の9割をコーヒーがしめる様になりました。

しかし、エルサルバドルコーヒー産業は、常に順風満帆というわけではありませんでした。

世界情勢に左右された時期や、1980年代は内戦が続き、不安定な情勢からコーヒー生産量と輸出量は減少したことも。
また、さび病の影響で収穫量が激減したこともあります。

しかし、その後も、研究熱心なコーヒー生産者は諦めることなく、新しい品種の研究開発だけでなく、技術、設備インフラの投資を怠っていません。

また、2003年からは、カップ・オブ・エクセレンスを開催してさまざまなプレミアムコーヒーを世界に広めています。

エルサルバドルのコーヒー豆栽培

エルサルバドルのコーヒー豆の主な品種は、「ブルボン」「パカス」「カトゥーラ」
特に、伝統的なブルボン種は全体の6割ほどを占めています。

また、エルサルバドルでは、バライエティにとんだコーヒー品種の開発が盛んで、さまざまな品種が栽培されています。

中でも、特に有名なのが「パカマラ」
国内で発見のパカスとブラジル原産のマラゴジッペを交配させた「パカマラ」は、とても価値の高いコーヒー豆として扱われています。

コーヒーの栽培にかかわる人口は、約1万9000人。
コーヒー農家の多くは、ほとんどが中小規模で、4~20ha未満の農園でコーヒーの日陰栽培をしています。

コーヒーチェリ―の収穫は、10月~翌3月。
多くの農園で採用されている精製方法は、ウォッシュト(水洗式)です。

しかし、中にはコスタリカ産コーヒーのように、パルプトナチュラル(半水洗式)のハニープロセスで、コーヒーの旨味を調節している農家も少なくありません。

スタッフ
精製とは、コーヒーチェリーから生豆(コーヒー豆)を取り出す作業のことです。
ウォッシュトでは、収穫したコーヒーチェリーをまず水で洗い流し、“ミューシレージと呼ばれるヌルヌルとした粘液質を取り除きます。
水を大量に必要とするのがデメリットですが、欠点豆が少なく、クリーンで均一な豆が精製できるのが大きなメリットです。
スポンサーリンク

エルサルバドルのコーヒー豆の味の特徴

エルサルバドルで主流のブルボン種は、強すぎない酸味とフルーティな香り、そして穏やかな甘みが特徴です。

そのマイルドな飲み口は、コーヒー特有の酸味や苦みが得意ではない人でも、すっきりと飲めてしまう味わいと言えるでしょう。

また、とても大きな粒が目をひくパカマラ種は、全般的にボディ感や香り、風味に優れたコーヒーで、スパイシーな酸味が特徴。

そして、ハチミツやチョコレート、キャラメルのような丸みのある甘みとコクが魅力です。
一度飲んだら、忘れられないプレミアムコーヒーです。

エルサルバドルのコーヒー豆は、世界のバリスタ大会でも頻繁に使用されるほど、高品質で繊細な味わいを表現してくれます。

また、グアテマラ産のコーヒー豆同様に、ストレートだけでなくブレンドのベース豆としても優秀なパフォーマンスを発揮します。

おすすめの飲み方

フレンチプレス

コーヒー豆そのものの魅力を楽しむなら、浸漬式の抽出方法を試してみてはいかがでしょうか。

浸漬式の抽出方法の代表格が、フレンチプレス

深煎り、中粗挽きにして入れてみてください。
粉で販売しているものの中には、細挽きのものもあり、フレンチプレスで使用すると粉っぽさが残るでご注意ください。

次におすすめの方法は、コーヒー好きのアウトドア派に最適なパーコレーター
パーコレーターは、水と挽いたコーヒーをポットに入れて直火で沸騰させて抽出する方法です。
煮だしても、複雑な味わいとコクが表現されるコーヒーは逸品です。

もちろん、ハンドドリップでもエルサルバドルコーヒーの味を十分に楽しめます。
手持ちのドリッパーを駆使していれてみてください。

エルサルバドルのコーヒー豆の等級について

エルサルバドルのコーヒー豆は、基本的に生産地域の標高で豆の等級が決められています。
ただし、実際の評価は、栽培農園名や精製方法によっても大きく変わってきます。

等級 条件
SHG(ストリクトリーハイグロウン) 標高1200m以上の最高級グレード
HG(ハイグロウン) 標高900m~1200m未満
CS(セントラルスタンダード) 標高600m~900m未満

おすすめのエルサルバドルコーヒー1「ラ・フィンコナ農園」


高級なパカマラ種の栽培に特に力を入れている、リベラ社所有の「ラ・フィンコナ農園」

エルサルバドル中北部、チャラテナンゴ州の高原にあります。

真っ赤な完熟豆だけを丁寧に収穫し、ウォッシュト処理で加工されたパカマラは、複雑で繊細なフレーバーを持ち、明るい酸味とジューシーな口当たり、そしてまろやかな甘みが特徴です。

ラ・フィンコナ農園のパカマラコーヒーは、2018年のエルサルバドルCOEで89点という高得点を得たスペシャリティコーヒー

その高級な生豆を、2018年の日本のSCAJ主催ロースティング大会優勝の敏腕ロースターが丁寧に焙煎しています。

パカマラ種にハマること間違いなし?!正真正銘の一流コーヒーです。

おすすめのエルサルバドルコーヒー2「サンタ・リタ農園」


サンタアナ火山の山裾、西部のソンソナテ州も、有名なエルサルバドルコーヒーの産地です。

サンタ・リタ農園のコーヒーは、伝統的なブルボン種
非常に高品質なスペシャリティコーヒーです。

こちらのお店では、求めやすい価格はもちろん、注文後に焙煎してお送りしています。

日頃のブレイクに、冷めてもおいしい、すっきりなめらかな酸味と甘みの明るいコーヒーをお試しください。

進化が続くエルサルバドルコーヒーを味わおう

エルサルバドルのコーヒー産業は、外資の恩恵よりも自力で上質なコーヒー産出国に発展してきました。

コーヒー栽培に適した環境はもちろんですが、コーヒー生産に関わる農園主や関係者の努力が、プラスの結果をもたらしてきたといっても過言ではありません。

しかし、エルサルバドルに限らずですが、多くのコーヒー生産国は、地球温暖化による2050年問題に直面しています。

スタッフ
“2050年問題”とは、気温の上昇による栽培環境の変化で、アラビカ種コーヒーの品質を低下させ、さび病などの病気の発生で収穫量が半減するというもの。

そこで、気温の上昇や病気耐性に強いコーヒーの開発が急務になっています。

高級コーヒーは、エルサルバドル経済の生命線。
30年後も、おいしいコーヒーを飲み見続けたいものです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事