初心者におすすめのコーヒードリッパー

カリタ、ハリオ、メリタなど、さまざまな種類があるコーヒードリッパー

でも、コーヒー初心者からしたらどれが良いのかさっぱりわからないですよね。

実はドリッパー選びは、抽出速度の調整がしやすいかどうかが大事です。

今回は、初心者にもおすすめのコーヒードリッパーを難易度順に厳選してみました。

当サイトのおすすめコーヒー

珈琲きゃろっとQグレーダーの内倉大輔氏が、現地まで足を運び選んだコーヒ豆を、世界で1台の特注焙煎機で焙煎した豆をその日のうちに発送。

マイルドなコーヒーを好みの方におすすめ!

今なら返金保証付初回限定53%OFF 1,980円‼
⇒ 1日30セット限定のお試しセット

ニフコーヒー
Qグレーダーの代表小川氏と焙煎担当渡邊氏が立ち上げたスペシャルティコーヒーのオンラインショップ
コンセプトは、品質の良いコーヒー豆を安価(200gで999円~)で提供

美味しいスペシャルティコーヒーを自宅で楽しみたい方におすすめ!
⇒ ニフコーヒー公式ストアへ

ROKUMEI COFFEE焙煎の日本チャンピオンとなった焙煎士 井田浩司氏が率いる自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店
コンセプトは「豊かな日常を、スペシャルティコーヒーとともに」
厳選した高品質な豆を最高の焙煎で仕上げた甘くてクリーンなコーヒーが特徴
発送の直前に焙煎することで、鮮度の高いコーヒー豆を届けてもらえます。

スペシャルティコーヒー3種類コース500円お試しキャンペーン実施中!
⇒ ROKUMEI COFFEEスペシャルティコーヒー3種類コース

※Qグレーダーは、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。
世界で約6,000人、日本では約300人

コーヒー初心者におすすめドリッパー5選

コーノ式ドリッパーで抽出

コーヒードリッパーは、抽出速度で難易度が決まります。

簡単なものから始めて、慣れてきたらより難しいドリッパーに挑戦してみましょう。

いろいろ試して楽しいコーヒー生活をお過ごしください。

スタッフ
抽出速度が速い=ドリップケトルで自在に抽出をコントロールできるということなので、コーヒーの抽出に慣れてきたら少し難易度の高いドリッパーを使うと、自分の理想とするコーヒーの風味を引き出しやすくなります。

メリタの1つ穴ドリッパー

  • タイプ:台形ドリッパー
  • 難易度:★ ☆ ☆

 
おいしいコーヒーが、簡単にいれられるメリタ式ドリッパー
台形型のドリッパーで、底の真ん中に1つ穴があります。

メリタのドリッパーは、ドリッパーが自分でお湯の浸透と抽出スピードをコントロールしてくれる優れものです。
そのため、誰がいれても再現性が高いことが最大のメリット。

お湯を全体に湿らせた後、目的の杯数メモリまで注ぎきればいいため難易度が低く、コーヒー初心者にもやさしいドリッパーとなっています。

 

カリタの3つ穴ドリッパー

  • タイプ:台形ドリッパー
  • 難易度:★ ★ ☆

カリタは、日本のコーヒードリッパーの代表格で、ハンドドリップをカリタから始める人が多いです。
カリタの3つ穴ドリッパーは、台形型でリブがドリッパーの上部までついているのが特徴。

抽出速度が結構速いため、スッキリとした味わいに仕上がりやすい一方、蒸らし過程を始め、注湯の量や太さ、抽出時間などの要素で、コーヒーの味が変化します。

そのため、自由度は高いですがある程度コツが必要です。
しかし、ハンドドリップは慣れ。日々練習して好きな味わいを再現してみましょう。

 

ハリオのV60ドリッパー

  • タイプ:円錐形ドリッパー
  • 難易度:★ ★ ★

カリタに並ぶ定番ドリッパーと言えば、ハリオのV60
円錐形のドリッパーで、12本の長いらせん状のリブと底には大きな穴があります。

ハリオV60の特徴は、抽出が速くなりやすく、淹れ方次第で味ががらっと変わること。

素早くいれてスッキリとしたコーヒーにしたり、お湯をゆっくりと落としてボディ感のある味わいにしたり、好みで変えられるドリッパーです。

慣れていないと難しく感じられることもありますが、コーヒー粉の蒸らしを始め、湯の太さや抽出時間などに気を付ければ大丈夫です。

ハリオV60は、サードウェーブコーヒーが流行の海外でも人気があります。ぜひ習得しておきましょう。

スタッフ
ハリオV60は見た目のスタイリッシュさでも人気が高いです。
見た目の第一印象で決めても、後から技術は付いてくるので大丈夫ですよ。

 

コーノの名門ドリッパー

  • タイプ:円錐型ドリッパー
  • 難易度:★ ★ ★

円錐型のコーノ式は、元祖日本製の名門ドリッパーです。

もともとコーヒー専門店のプロが使用していましたが、ペーパーフィルターでもネルドリップのような豊かな味わいになるということで、コーヒー愛好家の間でファンが増えました。

コーノ式は、円錐型のハリオV60と比較されることが多いです。
2つの違いは、ハリオのリブが上部までらせん状に伸びているのに対し、コーノはリブが下半分にだけついていること。

これは、リブなしの上部でコーヒーの雑味やアクを浮かせるためです。

コーノ式は、抽出方法が少し特殊

下に開いている穴から一気にお湯が落ち出ないように、最初は点滴のようにお湯を注いで蒸らし、粉が盛り上がってきたら円をかくようにやさしくお湯を落として、徐々に範囲を広げていきます。

コーノ式は、お湯の太さの調節方法やお湯の注入など、ドリップ技術がある程度必要です。
コーヒー初心者には難易度が高くなりますが、徐々にレベルアップしていきましょう。

 

コーノ名門ドリッパーを探す

コレスのゴールドフィルター

コーレスのメッシュフィルター

  • タイプ:台形ドリッパー
  • 難易度:★ ★ ☆

最近注目のメッシュフィルターのコーヒードリッパー。

コレスのゴールドフィルターは、おしゃれな見た目はもちろん、コーヒーの酸化に強い純金コーティングが施された縦長メッシュのフィルターです。

メッシュのためお湯を通すスピードがとても速いですが、ペーパーフィルターでは抽出しにくいコーヒーオイルや深いコクを出すことが可能です。

紙のフィルターいらずでエコなだけでなく、コーヒー豆そのものの香りや風味を味わいたい人におすすめ。
ペーパーフィルターでは出しにくいコーヒーの旨味をどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

ドリッパーでコーヒーはもっと楽しくなる!

ハンドドリップのコーヒー抽出

とても奥が深いコーヒードリッパー

コーヒードリッパーは、それぞれがコーヒーの専門家によっておいしく淹れられるように厳密に設計されています。

ハンドドリップに慣れてきたら、あなたに合ったドリッパーを見つけてみませんか?

もっとおいしく、もっと楽しいコーヒータイムを過ごしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事