コーヒーをドリップした後、コーヒーかす(コーヒーがら)を見ながら「何かに使えないのかな?」と考えたことのある方は少なくないのではないでしょうか?

もしいつもそのまま捨ててしまっていたら、もったいないです!

実はコーヒーかすはちょっと工夫するだけで生活を快適にしてくれるアイテムに再利用できるんです。今回の記事ではそんなコーヒーかす(コーヒーがら)の再利用の5つのアイディアをご紹介します。

スポンサーリンク

1.消臭剤&脱臭剤として

あこ*さん(@atsuko_okuno)がシェアした投稿 -



まずは、すでに有名ですが、消臭剤&脱臭剤として再利用する方法です。

コーヒーかすは、一般的な消臭剤によく使われている活性炭と構造が似ていて、多孔質な構造により、いやなニオイを吸着する性質があります。特に濡れた状態のコーヒーかすの場合、脱臭効果は活性炭の5倍にもなります。

そのため冷蔵庫や、靴箱、クローゼットなど、ニオイが気になるところならどこにでも置くことができます。濡れたまま使う方法と、乾燥させて使う2つの方法があるので作り方をご紹介します。

コーヒーのウェット消臭剤の作り方
1.コーヒーの抽出が終わったら、コーヒーの粉から水滴が落ちない程度まで水気をきる。
2.小皿に取り出してニオイの気になるところに置く。

消臭力が乾燥させたものより強いのでおすすめです。そのまま長期間放置するとカビの原因になるので、2~3日毎に取り替えて使用しましょう。

コーヒーのドライ消臭剤の作り方
1.抽出した後のコーヒーかすを広いお皿などに広げて風通しの良いところでしっかり乾燥させる。
2.乾燥したらお茶パックやストッキングなどに詰めて、ニオイの気になるところに置く。

電子レンジでチンするとすぐに乾燥できます。2,3週間で交換するようにしましょう

 

スポンサーリンク

2.油汚れ落としに

油をたくさん使う料理をした後の調理器具や食器は、ベトベトで洗うのも大変です。

そんな時には、コーヒーかすを油汚れ落としに使えます。多孔質な構造で油もしっかりと吸い取ってくれます。使い方は簡単で、大さじ1杯のコーヒーがらとお水を油で汚れた調理器具やお皿にかけたら、クッキングペーパーで拭き取るだけです。

洗剤を使わず、スポンジも汚れないので、エコで食器洗いの時間も短縮できます。

3.肥料として


庭やベランダで花や野菜を育てている方に試して欲しいのが、コーヒーかすを肥料として使う方法です。

コーヒーかすの表面には細かい空隙がたくさんあるので、土に混ぜると通気性が向上して、微生物が生息しやすく植物が育ちやすい土壌が作れます。作り方も簡単なので試してみましょう。

コーヒーかす肥料の作り方
< 材料 >
・ダンボール
・コーヒーかす
・おがくず

< 腐葉土の作り方 >
1.ダンボールの7分目くらいまで、腐葉土とおがくずを入れる。
2.毎日、淹れた後のコーヒーかすを入れて、その都度混ぜる。
3.約30日ほどで完成。夏になると虫が来るので、混ぜた後はゴミ袋などをかけるようにしましょう。

コーヒーかす肥料は、コーヒーかすの消臭効果で他の肥料のようなイヤなニオイもなく、作るのも簡単なのでおすすめです

4.金属・ガラス製品の掃除に


コーヒーかすには、適度な油分が残っているので、金属・ガラスの光沢を出すための研磨剤や錆止めとしても使用できます。

消臭剤を作る時と同じ要領でコーヒーかすを乾燥させて後、ストッキングに入れたら完成です。

蛇口やお風呂の鏡など、汚れが気になるところをこすると、汚れ落としと錆止めが一度にできます。

5.虫除けとして


アウトドアの時に活躍するのがコーヒーかすの虫除けです。

使い方は簡単で、乾燥させたコーヒーかすを小皿の上に広げて火をつけるだけ。蚊はコーヒーの匂いや煙を嫌うため、近づいてきません。

火を付けても、お灸のように煙を出しながらじわじわ燃えるだけなので安心です。

 
他にも、コーヒー好きの方たちはコーヒーかすの再利用の方法をいろいろ試しているので、AGFのホームページを見てみると、面白いアイディアが見つかるかもしれません。

「みんなでふぅトーク」のテーマ【どうしてる?コーヒーの抽出かすの使い道】に寄せられたコメントを集計してみました

 

まとめ

毎回コーヒーを淹れる度にでるコーヒーかす。そのまま捨ててしまわずに一工夫するだけで、生活を快適にしてくれるアイテムになります。

今回記事でご紹介した情報を参考にしながら、コーヒーかす(コーヒーがら)を再利用してみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事