透明な耐熱ガラス越しにポコポコとお湯やコーヒーが上下し、コーヒーが出来上がるまでの過程も目で楽しめるサイフォン

数ある抽出方法の中でも、特に演出効果の高い抽出器具です。他の方法と比べて手順が多いので慣れが必要ですが、手際よく抽出すればネルフィルターを通したサイフォンならではの良質な酸味と甘みのあるコーヒーが入れられます。

そこで今回の記事では、コーヒー豆本来の良さを最大限に引き出すためのポイントも含めつつ、サイフォンでおいしいコーヒーの入れ方をご紹介します。

スポンサーリンク

サイフォンのおいしい入れ方

サイフォンは抽出をはじめたら、手順が多く手際よく作業する必要があるので、しっかり必要なものはあらかじめ準備しておきましょう。

サイフォンの準備

用意するもの

  • サイフォン
  • アルコールランプ
  • 木ベラ
  • 布巾

コーヒーの量

  • お湯の量160ccに対して、中挽きのコーヒー15g

サイフォンに適したコーヒーの挽き方は関連記事を参考にしてください。

関連記事:サイフォンでコーヒー豆の良さを引き出す挽き方とは?

サイフォンのおいしい入れ方

  1. 器具のセット

    ろ過器に、専用のネルフィルターをセットします。新しいネルフィルターの場合は、糊がついているので、鍋にお湯を沸かして、コーヒーの粉と一緒に10分ほど煮沸して糊を落としましょう。
  2. お湯をフラスコに入れる

    フラスコに杯数分のお湯を入れます。抽出されるコーヒー液はお湯の量より少なくなるので、杯数分のラインより少し多めにお湯を入れておきましょう。お湯を入れたら、布巾で外側に付いた水滴をしっかり拭き取ります。
    *水滴が付いたままだと、加熱して割れる可能性もあるので注意しましょう。
  3. フィルターをセットする

    濾過器のスプリングにある留め金をロートの先に引っ掛けて、フィルターをセットします。フィルターが中心からずれないように、木ベラ調節します。
  4. コーヒーの粉を入れる

    杯数分のコーヒーの粉をロートにセットします。全部入れたら、コーヒーの粉の面が平らになるように整えます。
  5. お湯の沸騰を確認

    フィルターの先に付いているボールチェーンをフラスコ内に垂らして、沸騰しているか確認します。沸騰していれば、ポコポコと泡が出てきます。ボールチェーンには、突沸と呼ばれる急激にお湯が吹き出すのを防ぐ効果もあります。
  6. 1回目の撹拌&抽出

    ロートをしっかりフラスコに差し込み、お湯がロートへ上がってきたら、木ベラを使ってコーヒーの粉とお湯をなじませるために、数回円を描くようにして撹拌します。ビームヒーターなら弱火に、アルコールランプなら少し距離を離して、15秒から45秒間かけてコーヒー液を抽出します。

    ポイント
    一回目の撹拌が終わって、ロートの上から泡・コーヒーの粉・液体の3層になっていれば成功です。抽出時間の長さによって、できあがるコーヒーの風味が変化します。好みに合わせて最適な抽出時間を見つけましょう。ただし、1分以上になるとエグみや雑味まで抽出されて味が悪くなるのでご注意下さい。
  7. 2回目の撹拌

    抽出が終わったら、ろ過をスムーズにするために、2回目の撹拌を行います。火を消して、木ベラで数回ロートの中をかき混ぜ、フラスコへコーヒーが落ちるのを待ちます。なかなか落ちない時には、布巾でフラスコを覆って冷やしてあげると、コーヒーが落ちやすくなります。

    ポイント
    コーヒー液が落ちた後、細かい泡が表面についたコーヒーの粉がドーム状に盛り上がっていたら、うまく抽出できています。細かい泡には、コーヒーの雑味成分が含まれているので、一番上層に残すことで、コーヒー豆のおいしいところだけを引き出すことができます。
  8. ロートを抜いて出来上がり

    完全にコーヒーが落ちきったら、ロートを前後左右に軽く動かして抜きます。フラスコ内に落ちきったコーヒーがロートへまた上がってしまう「バックロート」が起きると、コーヒーの味が悪くなるので、手早く抜き取りましょう。
  9. コーヒータイム

    完成したコーヒーを、フラスコからコーヒーカップへ注げば完成です。

サイフォンのおいしい入れ方のポイント

サイフォンでコーヒーの味を大きく左右するのが、お湯の温度です。

高すぎると雑味となる成分までしっかり抽出されてしまい、逆に低すぎると、豆の良さが引き出せず、軽い味になってしまいます。そのためプロは火加減の調節が容易なビームヒーターを使用しますが、値段もかなりするため、なかなか趣味で購入する方も少ないと思います。

アルコールランプだと、火加減が調整できないので、距離で調整するしかありません。

いろいろな調整方法をコーヒー好きの方たちが考えていますが、1つは、アルコールランプの下に台を置く方法

アルコールランプの芯を短めにして、火の強さを弱くしておきます。お湯を加熱する時には、台の上にアルコールランプを置いて、フラスコとの位置を近づけて加熱します。抽出で弱火にしたい時には、台を外して置くことで、距離を離して火力調節します。

最近では、この方法が一番火加減の調節がうまくいっているので、お試しあれ。*こうしていろいろ試行錯誤していると、本当にビームヒーターが欲しくなります。

関連記事;サイフォンの入れ方|実験ー抽出の時間でコーヒーの味はどう変わる?
 
 

スポンサーリンク

サイフォンでおいしいコーヒーをいれよう

サイフォンで豆の良さをしっかり引き出すための抽出方法をご紹介しました。演出効果の高さに目が行きがちなサイフォンですが、ポイントをおさえて抽出すれば、コーヒー豆の良さをしっかりと引き出せる抽出方法でもあります。

最初の内はスムーズに抽出できるまでに慣れが必要ですが、今回の記事を参考にしながら、サイフォンでおいしいコーヒーをいれましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事