一杯のコーヒーの内、約99%の成分は水です。そのためコーヒーにこだわりだすと、水について考える方が多いです。「コーヒーを淹れるには、どんなお水がいいの?」と悩んだことのある方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回の記事では、抽出方法別におすすめのミネラルウォーターをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーの味を変える水のミネラル分


実際、使用する水によって抽出されるコーヒーの味は大きく変わってきます。では水の中に含まれるどんな成分によって味が変化するのでしょうか。

答えは…『ミネラル分』です。

ミネラルウォーターにはカルシウムやナトリウムといったミネラル成分が含まれています。このミネラル分はコーヒーの苦味成分となじみやすい性質があるため、ミネラル分が高いとコーヒーの成分がよく引き出され、苦みが強調された味わいになります。逆にミネラル成分が少ないと苦味成分が抽出されず豆本来の酸味がしっかりと感じられる味わいになります。

ミネラルウォーターに含まれるミネラル分の量は、『硬度』で知ることができます。硬度は水1L に含まれるミネラル分を炭酸カルシウムに換算して、100mg/L以上なら『硬水』、それ以下なら『軟水』に分類されます。

ミネラルウォーターでも採水地が日本の場合は、ほとんどが軟水です。海外、特にヨーロッパから輸入されるミネラルウォーターは硬水のものが多いです。日本人は軟水の水に慣れているため、日本ではコーヒーでも一般的には軟水の水が適していると言われています。ただし、抽出方法によっては硬水のほうが相性が良いものもあります。

スポンサーリンク

抽出方法別のおすすめミネラルウォーター


では、それぞれの抽出方法に適したミネラルウォーターを見ていきましょう。

ハンドドリップやドリップ式のコーヒーメーカー → 『軟水』


ハンドドリップやドリップ式のコーヒーメーカーを使う場合、軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

コーヒーの成分に影響を及ぼすミネラル分が少ないため、コーヒー本来の味わいをそのまま楽しむことができます。またハンドドリップは抽出温度や抽出スピードによってコーヒーの味わいを調節できるのが特徴ですが、軟水のミネラルウォーターを使うことでより狙い通りの味わいを引き出しやすくなります。

おすすめのミネラルウォーター

南アルプスの天然水
硬度:30mg/L

長野県駒ケ岳の地下天然水をそのまま組み上げボトリングした天然水。日本で販売されているミネラルウォーターの中では特に硬度が低く、苦味・酸味ともに控えめな飲みやすいドリップコーヒーが淹れられます。

 

ヴォルヴィック
硬度:60mg/L

フランスから輸入されるミネラルウォーター。ヨーロッパのミネラルウォーターの中では珍しく硬度が60mg/Lと低く、軟水に分類されます。しっかりとコーヒー本来の苦味と酸味をバランスよく引き出すことができ、飲みごたえのあるドリップコーヒーを抽出できます。

 

 

冷浸式やダッチコーヒーなどの水出し式 → 『軟水』


ここ数年、「コールドブリュー」という言葉しっかり定着して、流行している水出しコーヒー。ダッチコーヒーだと専用の道具が必要ですが、冷浸式ならポットがあれば誰でも作れるので、試してみたい方も少なくないのではないでしょうか。

水出しコーヒーを作るには、軟水のミネラルウォーターがおすすめです。水出しコーヒーは、じっくり低温で抽出するため、苦味や渋味の原因となるタンニンやカフェインが抽出されにくい特徴があります。そのため軟水のミネラルウォーターのほうが、水出しコーヒーの特徴を生かしたスッキリとしつつも深いコクとまろやかさが楽しめるコーヒーを淹れやすくなります。

おすすめのミネラルウォーター

四万十の純天然水
硬度:13.4mg/L

日本最後の清流とも呼ばれる四万十川の源流水をそのまま非加熱処理でボトリングしています。硬度は南アルプスの天然水よりも低く、ph値6.9と弱アルカリ性の軟水のため、水出しコーヒーでも酸味をおさえて、まろやかなコクを引き出しやすくなります。

 

クリスタルガイザー
硬度:38mg/L

広大な自然が広がる自然保護区にあるマウント・シャスタを採水地とするアメリカ産のミネラルウォーター。硬度38mg/Lで苦味と酸味をバランスよく引き出すため、飲みやすいクセのない水出しコーヒーが淹れられます。

 

エスプレッソメーカーやマキネッタ → 『硬水』


コーヒーの旨み成分をギュッと凝縮して抽出するエスプレッソ。本場となるイタリアの水は、ほとんどが硬水に分類されています。硬水の水でエスプレッソを淹れると、軟水では抽出しきれないコーヒーのオイル成分もしっかりとカップ表面に確認できます。本場で飲まれているようなしっかりとした苦味の中にコーヒーの甘みが感じられるエスプレッソが飲みたければ、硬水のミネラルウォーターを試してみることをおすすめします。

おすすめのミネラルウォーター

エビアン
硬度:304mg/L

硬水の中でも比較的硬度がそこまで高くなく、カルシウムとマグネシウムのバランスに優れたフランスのミネラルウォーター。エビアンでエスプレッソを淹れると、軟水で淹れるよりもしっかりとしたコーヒーの香りと苦味をはっきり感じられます。

 

サンベネデット
硬度:235mg/L

エスプレッソの本場イタリアのスコルゼを採水地とし、地下300mから外気に触れることなくボトリングされているミネラルウォーター。アリイタリア航空でも採用されているイタリアを代表するミネラルウォーターです。エスプレッソを淹れると酸味はほとんど感じられず、強いコクと苦味が楽しめます。抽出されるエスプレッソの色も濃くなり、視覚的にも軟水と硬水の違いが確認できます。

抽出方法に合わせて水を変えてみよう


コーヒーにこだわりだすと気になってくるのが『水』です。一杯のコーヒーの約99%が水なので、当然水を変えるとコーヒーの味わいも変わってきます。

軟水だとコーヒー本来の味わいを引き出したスッキリとしたコーヒーが抽出でき、硬水だとミネラル分によってコーヒーの苦味成分が引き出され、苦みのはっきりとしたコーヒーが淹れられます。

ドリップコーヒーや水出しコーヒーなら軟水、エスプレッソメーカーやマキネッタなら硬水と、抽出する方法によってもおすすめのミネラルウォーターは変わってくるので、今回の記事でご紹介した情報を参考に、コーヒーに合わせて水を変えて味わいの変化を楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事