「仕事に集中していたら、ほとんど飲んでいないのにコーヒーが冷めてしまった…」とか、「たくさん淹れて飲み切る前に冷めてしまった…」なんて経験のある方は少なくないのではないでしょうか。でもコーヒーは温め直すと香りが消えてしまうことも多いです。

そこで今回の記事では、一度冷めてしまったコーヒーをおいしく温め直す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ルールは“ゆっくりとした温度変化”


まず、コーヒーをおいしく温め直す時に最も重要なのが、”ゆっくりとした温度変化”です。

冷めたコーヒーの温度を急激に上げてしまうと、コーヒーの中に含まれるアロマ成分が飛んでしまい 、飲む時には香りもなく、あまり温め直してまで飲みたいと思うようなコーヒーにはなりません。そのため、これからご紹介する方法では、ゆっくりとコーヒーの温度を上げていくことがポイントになります。上手にすれば、淹れたての時に近い香りをキープさせたままコーヒーを温め直すことができます。

スポンサーリンク

直火はNG


意外と多くの人がやって失敗しているのが直火での温め直し です。

耐熱ガラスサーバーなどだと、直接ガスコンロにかけられるので手っ取り早く温める方法に思えますよね。ただし、直火で温め直すと、ほとんど場合で香りの抜けきったコーヒーが出来上がります。

気をつけて弱火で加熱していても、ガラスサーバーの下部表面はかなり高い温度になります。コーヒーは約90度を超えると香りの成分が壊れだす ため、全体が温まる頃にはアロマはみな飛んでしまっています。さらに、高温の熱によって焦げたようなニオイ まで付いてしまい、せっかく温め直しても飲みたくなくなるかもしれません。

直火での再加熱は、コーヒーの温め直しで一番おすすめできない方法 です。

面倒でも湯煎がベスト


少し手間はかかってしまいますが、おいしくコーヒーを温め直す一番の方法は湯煎です。

直接火にかけるのではなく、熱湯にサーバーを入れるので、コーヒーが90度を超えることはなく、温度変化もゆっくりで香り成分を壊しません。温めながら淹れた時のような良い香りが漂ってきます。

湯煎の方法
1.鍋でお湯を沸かす。
2.沸騰したら火をとめて、サーバーごと鍋の中で1分温める。
3.1分したら、サーバーを取り出してコーヒーの温度確認。
4.ぬるければ、お湯を沸かしてもう1分湯煎する。
コーヒーやお湯の量にもよりますが、2杯分くらいまでのコーヒーであれば、最初の1分の湯煎でも十分飲み頃の温度まで温められます。この方法は、水出しコーヒーなど低温で抽出されたコーヒーを温めてホットコーヒーにする時にも使える方法なので、覚えておくと損はしません。缶コーヒーもこの方法ですぐに熱々にできます。

時間がなければ電子レンジもOK


面倒くさかったり、仕事場であまり時間がかけられないこともありますよね。そんな時に便利な方法が電子レンジを使った方法です。

ただし、最近の電子レンジは高出力なものが多く、通常の温めをすると急に温度が上がって香りが飛んでしまう ので、強さは“500w”や“弱”くらいを目安にします。

また加熱ムラで香りが飛んでしまいやすいので、温める時にはマグカップ1杯分くらいまでを目安にしましょう。仕事場でちょっと温め直したい時には便利な方法です。

電子レンジを使う方法
1.冷めたコーヒーをマグカップに入れる。
2.電子レンジの設定を弱くする。
3.1分間温めする

コーヒーサーバーでそのまま加熱する場合、電子レンジ対応かどうか確認するようにしましょう。

まとめ


「コーヒーを温め直したら、香りが飛んでおいしくなくなってしまった…」という経験のあるコーヒー好きの方は少なくないと思います。今回の記事では、おいしいコーヒーの温め直し方法をご紹介しました。おいしく温め直すポイントは“ゆっくりとした温度変化”で温めることです。

・直火はNG

・面倒でも湯煎がベスト

・時間がない時は電子レンジもOK

直火は香りが飛んでしまうのでおすすめしませんが、状況に合わせて湯煎するか電子レンジで温め直せば、淹れたての時のような香りをできるだけキープできます。

今回の記事の内容を活用して、おいしいコーヒーライフを楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事