アイスコーヒーやカフェオレを作る場合、濃いコーヒー液を作るのが一般的ですが、ハンドドリップだと意外とうまくいかないことも少なくありません。

サイフォンなら、粉の量を増やすだけで簡単に濃いめのコーヒー液が作れるので、手軽においしいアイスコーヒーやカフェオレが作れます

簡単に作れるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

サイフォンを使ったアイスコーヒー&カフェオレのレシピ

サイフォンを使ったアイスコーヒーの作り方

サイフォンを使ったアイスコーヒーの作り方は、コーヒーの粉の量を増やすだけで、分量以外は普通にコーヒーを作る時とほとんど同じです。

アイスコーヒーの分量

  • コーヒー豆 25g
  • お湯 150ml
  • 氷 100g(サーバー用)
  • 氷 適量(グラス用)

アイスコーヒーのレシピ

  1. フラスコに沸騰したお湯を注いで布巾で底を拭いたら、アルコールランプを付けます。
  2. コーヒーの粉を入れたロートを斜めに途中まで差し込み、ボールチェーンをお湯に沈めて沸騰して泡がポコポコと上がるのを確認します。
  3. ロートをしっかり差し込み、お湯が上がってきたら竹べらを使ってお湯と撹拌します。
    コーヒーの粉が多いのでちょっと難しいですが、すばやく全体がお湯が馴染むようにします。
  4. アルコールランプを遠ざけて30秒~45秒ほど抽出します。
  5. 抽出時間が過ぎたら火を消して、スムーズにろ過できるように2回目の撹拌をします。完全にコーヒー液が落ちきったらロートを取り外します。
  6. 氷をいれたサーバーにコーヒーをゆっくり注ぎ、氷が溶け切るまでゆっくりかき混ぜます。氷が溶けたら氷を入れたグラスに注いで出来上がりです。
アイスコーヒーにおすすめの豆はコチラ

澤井珈琲の焼き立てアイスブレンド

サイフォンを使ったカフェオレの作り方

カフェオレは普通に抽出したコーヒーにミルクを合わせるだけでも作れますが、せっかくなのでちょっと濃い目に作ったコーヒー液と合わせて、豆の香りやコクのしっかりする大人のカフェオレを楽しみましょう。

カフェオレの分量

  • コーヒー豆 20g
  • お湯 150ml
  • ホットミルク 100ml

アイスカフェオレにしたい場合は、カフェオレの分量でアイスコーヒーを作った後、冷えたミルクと氷を入れたグラスに注ぎましょう。

カフェオレのレシピ

  1. フラスコに沸騰したお湯を注いで布巾で底を拭いたら、アルコールランプを付けます。
    このタイミングでマグカップに牛乳を入れてレンジで40秒から1分温めて、ホットミルクを作っておきましょう。
  2. コーヒーの粉を入れたロートを斜めに途中まで差し込み、ボールチェーンをお湯に沈めて沸騰して泡がポコポコと上がるのを確認します。
  3. ロートをしっかり差し込み、お湯が上がってきたら竹べらを使ってお湯と撹拌します。
    コーヒーの粉が多いのでちょっと難しいですが、すばやく全体がお湯が馴染むようにします。
  4. アルコールランプを遠ざけて30秒~45秒ほど抽出します。
  5. 抽出時間が過ぎたら火を消して、スムーズにろ過できるように2回目の撹拌をします。完全にコーヒー液が落ちきったらロートを取り外します。
  6. ホットミルクを注いだマグカップに、コーヒー液を注いで軽くかき混ぜたら完成です。
スポンサーリンク

サイフォンで極上アイスコーヒーやカフェオレを楽しもう

サイフォンを使えば、簡単に喫茶店のような本格的なアイスコーヒーやカフェオレが作れます。

サイフォンが自宅にある方は、せっかくなのでチャレンジしてみてるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事