マキネッタでクレマは作れる
 

エスプレッソコーヒーの魅力の一つ、きめの細かいクレマ(泡)

マキネッタでも、クレマを作ることはできるのでしょうか?
高価なエスプレッソマシンの代わりに、マキネッタを購入する人は多いです。

しかし、よく知らないまま買うと後悔してしまうかもしれません。その理由は、「クレマ」にあります。
今回は、マキネッタで作るコーヒーとクレマが作れるビアレッティの「ブリッカ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

マキネッタでクレマは作れる!?

マキネッタ

マキネッタでも、エスプレッソマシンで淹れるような黄金色のクレマは作れるのでしょうか?

答えは、「NO」です。

そもそも、業務用の電動エスプレッソマシンの抽出圧は約9気圧。
一方で、直火の蒸気圧で淹れるマキネッタは、2気圧程度です。

そのため、マキネッタではクレマが出せないだけでなく、抽出されるコーヒーの味もずいぶん違ってきます。

実際、エスプレッソの本場イタリアでは、クレマたっぷりのエスプレッソコーヒーはバール(カフェ)で飲むもので、マキネッタで淹れるコーヒーは、モカ・コーヒーと呼ばれています。

「モカ・コーヒー」が駄目というわけではなく、マキネッタにはマキネッタならではの良さもあります。
手軽に使えますし、ペーパーフィルターもいらないのでエコ、単純な抽出器具で一度買えば一生モノです。

実際、イタリアの各家庭には、20年、30年モノのマキネッタがいくらでもあります。

ただし、やはりエスプレッソとは違うものなので、マキネッタで淹れるコーヒーにクレマたっぷりのエスプレッソを期待しているとがっかりしてしまうかもしれません。

スタッフ
ちなみに、一般的に「モカ・コーヒー」というときは、イエメンやエチオピア産のコーヒー銘柄を指すことが多く、モカ・ポットで淹れるモカ・コーヒーとは別物です。

そもそもクレマはなぜできる!?

エスプレッソコーヒーのクレマ(泡)は、どうしてできるのでしょうか?

「クレマ」とは、コーヒーの表面を膜のように覆う黄金色のきめ細かい泡
抽出時の圧で、ぎゅっと濃縮されたコーヒーの中の炭酸ガスが、コーヒー液の中に溶け込んでてきるものです。

マシンの強力な抽出圧で逃げ場を失った炭酸ガスは、圧から解放されたとき、エスプレッソの表面に泡となってあらわれます。
それを口に含んだ時に、舌の奥に広がるクリーミーな質感とコクに。

ファンを魅了してやまないエスプレッソコーヒーならではの魅力と言えるでしょう。

クレマの色は、豆の銘柄や焙煎度で変わってきます。
9気圧の業務用のエスプレッソマシンの場合、強い圧力で抽出されたコーヒー液の上に、暗いゴールデンカラーのクレマが数ミリ程度浮かびあがります。

また、抽出機械の状態によっても繊細なクレマの質は変わってくるため、日々マシンの点検が欠かせません。

スポンサーリンク

マキネッタでクレマを作るならブリッカ!!

ブリッカで淹れるエスプレッソ

基本的にマキネッタにクレマのあるエスプレッソは期待できなのですが、そんな常識を変えたのがイタリアの老舗であるビアレッティが作る「ブリッカ」というマキネッタです。

モカ・エキスプレスの進化型で、クレマが作れるモカ・ポット(マキネッタ)として人気があります。

*日本でも入荷と同時に売り切れになってしまうような状態が続いていて、なかなか購入できません。

ブリッカと普通のマキネッタの違いを紹介

ブリッカとマキネッタの違い

ブリッカと普通のマキネッタの違いは、吐出口に取り付けられた特殊なバルブ。

ブリッカについた特殊のバルブは錘(おもり)となって、コーヒーの抽出の最後に圧力をかけてクレマを作り出すしくみ

普段から濃いコーヒーやお店のエスプレッソを好む人の期待に、応えてくれるのではないでしょうか?

ブリッカでクレマを作るには?

ビアレッティでいれたエスプレッソ

ブリッカを使っているとわかりますが、ブリッカでも100%クレマが作れるわけではなく、いくつかの条件を満たす必要があります。

はじめて購入する方は、なかなかクレマが作れず試行錯誤するのが“ブリッカあるある”でもあるようです。

実際にブリッカを使いながらクレマを作るためのポイントだと思うのが以下の4つです。

  1. 焙煎したての新鮮な豆を用意
    炭酸ガスが抜けてしまった焙煎から1ヶ月、2ヶ月経った豆だと、クレマができてもカップに注ぐとすぐに消えてしまいます。
  2. 細挽きと中挽きの間くらいの粒度で
    一般的なマキネッタよりも、若干粒度を粗くすると、安定したクレマが作れる気がします。
  3. お水の分量を守る
    クレマを作る以前に、ブリッカは水の分量を守らないと普通のマキネッタ以上に溢れ出します。
  4. バルブの音が鳴ったらすぐに火を止める
    抽出が終わった状態で加熱を続けると、できたクレマがあっという間に消えてしまいます。

 


条件を揃えればマキネッタでクレマは作れる!

ビアレッティのマキネッタをセット

いかがでしたか?

エスプレッソコーヒーとモカ・コーヒーは、別の飲み物ということがわかりました。
ただ、ブリッカを使えば、エスプレッソのような濃厚なクレマが味わえます。

「ブリッカ」でクレマ入りのエスプレッソをたしなむなら、今回ご紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。
直火式エスプレッソは、簡易な分、その家庭の味を育てやすいコーヒー器具。
味わい豊かなモカ・コーヒーが楽しめます。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事