演出効果の高いレトロな天秤式サイフォンを紹介します。
バランスサイフォンとも呼ばれます。

ヨーロッパのコーヒブレイクを彷彿とさせる美しくおしゃれなベルギーロイヤルファミリーサイフォン。
普段見慣れないので、原理や使い方がわからないですよね。

コーヒーマニアの方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

天秤式サイフォンとは?

見た目はナピアー式とよく似ていて、コーヒーポットとガラスポットが左右に並べられています
ナピアー式との違いは、2つのパーツが天秤上でバランスを取っているところです。
このため、天秤式サイフォンと呼ばれます。

他にも、バランスサイフォン・横型サイフォンとも言われています。

1844年に発明したルイス・ガベットの名をとって、ガベットとも呼ばれます。
スポンサーリンク

天秤式サイフォンの原理

簡単に言うと、気圧の差によって湯を移動することでコーヒーができる仕組みです。
 

支柱をはさんで左右に、コーヒータンクとガラスポットが並びます。

お湯を加熱することで、水蒸気による加圧でお湯がガラスポットに移動します。

コーヒータンクの下に、アルコールランプのキャップが取り付けられていて、ガラスポット側にお湯がすべて移動すると天秤が傾き、アルコールランプの火を消します。

アルコールランプの火が消えると、温度が下がってコーヒータンク内が真空状態になり、ガラスポットの中にあるコーヒーがコーヒータンクへと戻ることで、美味しいコーヒーができます。
 

意外と単純な原理です。
小学生の理科の実験みたいですね。

ベルギーロイヤルファミリーサイフォンの使い方

  1. まずは、器具を正しい位置にセットします。
  2. チューブの先にあるろ過機に専用のネルフィルターをかぶせます。
    ろ過機をセットし、ガラスポットの中にコーヒー豆をいれます。
  3. コーヒータンクの給水口からお湯を注ぎ、きちんと栓をします。
    この時に天秤軸の調整をして、アルコールランプの消化カバーをコーヒータンクのフチにセットしてから火を付けます。
  4. コーヒータンクの中にあるお湯がガラスポットに移ると、コーヒータンクが軽くなり上に上がることで、消化カバーがおりて火を消します。
  5. ガラスポットからコーヒータンクにコーヒーが戻ると、コーヒーの完成です。
  6. コーヒータンク上部の栓を緩め、蛇口からカップにコーヒーを注ぎます。

あとは、優雅なコーヒータイムを楽しんでくださいね。

アルコールランプの火力は弱いので、水ではなくお湯を用意しましょう!

まとめ

天秤式サイフォンのベルギーロイヤルファミリーサイフォンの原理と使い方を紹介しました。

天秤型サイフォンは、正直手間がかかりますし、お手入れも面倒です。

ですが、ゆらゆらの揺れるアルコールランプの火をながめながら、コポコポと蒸気が移るさまを見て香りを楽しむ。五感でコーヒーの抽出を楽しめるのが、最大の魅力です。

また、高級感があるのでインテリアにもおすすめです。

休日ホッと一息するときにいかがでしょうか。

 


 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事